Top > Search of International Patents > UV LIGHT GENERATOR

UV LIGHT GENERATOR

Foreign code F160008660
File No. (S2014-1094-N0)
Posted date Feb 5, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP066683
International publication number WO 2015190503
Date of international filing Jun 10, 2015
Date of international publication Dec 17, 2015
Priority data
  • P2014-122855 (Jun 13, 2014) JP
  • P2014-162799 (Aug 8, 2014) JP
Title UV LIGHT GENERATOR
Abstract Provided is a UV light generator that is capable of generating uniformly a UV light having high emission intensity. A UV lamp (10) is formed from an electrically insulating discharge tube (5) formed into a loop shape, a plurality of segmented electrodes (6) disposed along the discharge tube (5) so as to adopt the same loop shape as the discharge tube (5), and magnets (2, 3, 4) which are disposed surrounding the discharge tube (5) and form a closed magnetic field inside the discharge tube (5). The segmented electrodes (6) of the UV lamp (10) are connected to a multiphasic alternating current power source wherefrom a multiphasic alternating discharge voltage is applied to segmented electrodes (6) that are next to each other out of phase from each other, and through the discharge plasma (P) generated in so doing, a UV light is generated.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ループ状に形成された電気絶縁性の放電管と、放電管と同じループ状になるように放電管に沿って配置された複数の分割電極と、放電管を囲むように配置され、放電管内に閉じた磁場を形成する磁石とにより紫外線ランプを形成し、
この紫外線ランプの分割電極に多相交流電源を接続してその多相交流放電電圧を隣り合う分割電極に位相をずらして印加し、これにより生じた放電プラズマにより紫外線を発生することを特徴とする紫外線発生装置。
[請求項2]
前記紫外線ランプが、全体としてループ状に取り付けられた3つ以上の分割電極と、長さが異なり、枠状をなした3つの磁石を備え、前記3つの枠状の磁石のうち、最も長さが長い枠状の磁石が最も外側に、最も長さが短い枠状の磁石が最も内側に、中間の長さを有する枠状の磁石が中央に、それぞれ配置され、最も外側に配置された枠状の磁石の極性と中央に配置された枠状の磁石の極性が逆で、かつ、中央に配置された枠状の磁石の極性と最も内側に配置された枠状の磁石の極性が逆になるように、前記3つの枠状の磁石が配置され、前記電気絶縁性の放電管が前記3つの磁石の間に囲まれるように配置されるとともに、中央に配置された前記枠状の磁石と最も外側に配置された前記枠状の磁石との間の磁力線および中央に配置された前記枠状の磁石と最も内側に配置された前記枠状の磁石との間の磁力線が、前記電気絶縁性の放電管を横切るように、前記電気絶縁性の放電管および前記枠状の3つの磁石が配置されていることを特徴とする請求項1に記載の紫外線発生装置。
[請求項3]
前記3つの枠状の磁石のうち、中央に配置された中間の長さを有する磁石がループ状をなしていることを特徴とする請求項2に記載の紫外線発生装置。
[請求項4]
前記3つの枠状の磁石がループ状をなしていることを特徴とする請求項2に記載の紫外線発生装置。
[請求項5]
前記電気絶縁性の放電管の外周面に所定の間隔を隔てて取り付けられたN個の分割電極(Nは3以上の整数である。)に、N相交流電源が接続されていることを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
[請求項6]
前記電気絶縁性の放電管の外周面に所定の間隔を隔てて、6個の分割電極が取り付けられ、6個の分割電極に6相交流電源が接続されていることを特徴とする請求項5に記載の紫外線発生装置。
[請求項7]
前記3つの磁石が永久磁石によって構成されていることを特徴とする請求項1ないし6のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
[請求項8]
前記3つの磁石が磁気シールド部材に取り付けられていることを特徴とする請求項1ないし7のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
[請求項9]
前記紫外線ランプの周囲を反射板で囲み、この紫外線ランプの分割電極に多相交流電源を接続してその多相交流放電電圧を隣り合う分割電極に位相をずらして印加し、これにより生じた放電プラズマにより紫外線を発生することを特徴とする請求項1ないし8のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
[請求項10]
前記放電管内に、15/85<酸素ガス/窒素ガス<30/70の混合比で、酸素ガスと窒素ガスが混合された混合ガスが封入されていることを特徴とする請求項1ないし9のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
[請求項11]
前記放電管内に、0.20≦酸素ガス/窒素ガス≦0.35の混合比で、酸素ガスと窒素ガスが混合された混合ガスが封入されていることを特徴とする請求項1ないし10に記載の紫外線発生装置。
[請求項12]
前記酸素ガスと窒素ガスの混合ガスを、0.5Torrないし1.0Torrの初期封入圧力で、前記放電管内に封入するように構成されたことを特徴とする請求項1ないし11に記載の紫外線発生装置。
[請求項13]
前記多相交流放電電圧が900Vないし1000Vに設定されていることを特徴とする請求項1ないし12のいずれか1項に記載の紫外線発生装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOYAMA PREFECTURE
  • Inventor
  • MATSUMOTO KAZUNORI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close