Top > Search of International Patents > FLOWERING CONTROL METHOD AND DEVICE FOR IMPARTING ELECTRICAL STIMULUS

FLOWERING CONTROL METHOD AND DEVICE FOR IMPARTING ELECTRICAL STIMULUS

Foreign code F160008661
File No. (S2014-1097-N0)
Posted date Feb 5, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP065784
International publication number WO 2015194355
Date of international filing Jun 1, 2015
Date of international publication Dec 23, 2015
Priority data
  • P2014-125821 (Jun 18, 2014) JP
Title FLOWERING CONTROL METHOD AND DEVICE FOR IMPARTING ELECTRICAL STIMULUS
Abstract [Problem] To provide a flowering control method that can achieve flowering control of flower buds simply and pleasantly and a device for imparting electrical stimulus used therein. [Solution] A device (1) for imparting electrical stimulus is provided with an electrode (101), a holder (100) that holds the electrode (101) and is graspable in a position separate from the electrode (101), a power supply (200) that is connected to the electrode (101) and imparts a potential to the electrode (101), and an electrode plate (311) that connects a ground terminal (202) for the power supply (200) to ground. In a state in which potential is imparted to the electrode (101), an operator moves the electrode (101) along branches of a broad-leaf fruit tree and applies a voltage to flower buds.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
花芽の開花を制御する開花制御方法であって、
樹木の休眠期間中の所定のタイミングにおいて前記樹木の花芽に電圧を印加する、
ことを特徴とする開花制御方法。
[請求項2]
前記樹木の花芽に印加する前記電圧の絶対値が1キロボルト程度以上である、
ことを特徴とする請求項1に記載の開花制御方法。
[請求項3]
電位が付与された電極を前記花芽に接近させることにより前記花芽に前記電圧を印加する、
ことを特徴とする請求項1または2に記載の開花制御方法。
[請求項4]
前記電極を前記樹木に枝に沿って移動させることにより、前記枝の前記花芽に前記電圧を印加する、
ことを特徴とする請求項3に記載の開花制御方法。
[請求項5]
前記電極は、前記花芽に近付けられる面が球面状となっている、
ことを特徴とする請求項3または4に記載の開花制御方法。
[請求項6]
花芽の開花制御に用いる電気刺激付与装置であって、
電源と、
前記電源の電圧供給端子に接続され前記花芽に電圧を付与する電圧付与手段と、
前記電源のアース端子を地面に接続する接地手段と、を備える、
ことを特徴とする電気刺激付与装置。
[請求項7]
前記電圧付与手段は、
前記電源の前記電圧供給端子に接続された電極と、
前記電極を保持するとともに前記電極から離れた位置を把持可能なホルダと、を備える、
ことを特徴とする請求項6に記載の電気刺激付与装置。
[請求項8]
前記接地手段は、靴底に絶縁状態で設置される電極板を含む、
ことを特徴とする請求項7に記載の電気刺激付与装置。
[請求項9]
前記ホルダの被把持部付近に、前記電極と前記電源との接続および非接続を切り替えるスイッチが設けられている、
ことを特徴とする請求項7または8に記載の電気刺激付与装置。
[請求項10]
前記ホルダは、前記電極と被把持部との間の距離が調節可能な構成となっている、
ことを特徴とする請求項7ないし9の何れか一項に記載の電気刺激付与装置。
[請求項11]
前記電極は、前記花芽に近付けられる面が球面状となっている、
ことを特徴とする請求項7ないし10の何れか一項に記載の電気刺激付与装置。
[請求項12]
前記電源は、携帯可能な大きさであり、
作業者に前記電源を装備するための装備具をさらに備える、
ことを特徴とする請求項7ないし11の何れか一項に記載の電気刺激付与装置。
[請求項13]
前記電極は、第1電極部と第2電極部を有し、前記第1電極部と前記第2電極部で枝の周囲を取り囲むように構成され、
前記ホルダは、前記第1電極部と前記第2電極部を互いに接近および離間させる機構部を備える、
ことを特徴とする請求項7ないし12の何れか一項に記載の電気刺激付与装置。
[請求項14]
前記電圧付与手段は、前記樹木の枝に対する電圧の印加位置を切り替えるための付与位置切替手段を備える、
ことを特徴とする請求項6に記載の電気刺激付与装置。
[請求項15]
前記電源から前記電極に付与される電位を調節するための調節手段が設けられている、
ことを特徴とする請求項6ないし14の何れか一項に記載の電気刺激付与装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOTTORI UNIVERSITY
  • Inventor
  • NISHIMURA RYO
  • TAMURA FUMIO
  • KUROKI KATSUOU
  • ASANO KEISUKE
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close