Top > Search of International Patents > COUMALIN-BASED CONDENSED RING COMPOUND EXHIBITING LUMINESCENCE/SEMICONDUCTOR PROPERTIES, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME

COUMALIN-BASED CONDENSED RING COMPOUND EXHIBITING LUMINESCENCE/SEMICONDUCTOR PROPERTIES, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME

Foreign code F160008664
File No. (S2014-1129-N0)
Posted date Feb 5, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP068233
International publication number WO 2015199141
Date of international filing Jun 24, 2015
Date of international publication Dec 30, 2015
Priority data
  • P2014-130939 (Jun 26, 2014) JP
Title COUMALIN-BASED CONDENSED RING COMPOUND EXHIBITING LUMINESCENCE/SEMICONDUCTOR PROPERTIES, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
Abstract The present invention addresses the problem of providing an organic compound resistant to external environments such as high voltage or oxygen and usable as an electronic material or blue light-emitting element. This problem is solved by a coumalin condensed ring compound represented by general formula (1). In formula (1), R1-R4 each independently represent a hydrogen atom, a hydroxyl group, an alkoxy group, an amino group, an alkylamino group, a dialkylamino group, a trialkylamino group, a trifluoromethyl group, a nitro group, or a cyano group, and Ar represents an aromatic ring or heteroaromatic ring which may have a substituent. When R1-R4 are all hydrogen atoms, Ar is not a benzene ring.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
下記の一般式(1)乃至(4)のいずれかで表されるクマリン縮環化合物またはイソクマリン縮環化合物。
[化1]
式(1)中、R1~R4はそれぞれ独立に、水素、ヒドロキシル基、アルコキシ基、アミノ基、アルキルアミノ基、ジアルキルアミノ基、トリアルキルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基であり、Arは置換基を有していてもよい芳香族環または複素芳香族環を表している。但し、R1~R4が全て水素の場合、Arはベンゼン環ではない。
[化2]
式(2)中、mは1~7の整数、nは2~7の整数である。
[化3]
式(3)中、nは2~7の整数である。
[化4]
式(4)中、R1~R4はそれぞれ独立に、水素、ヒドロキシル基、アルコキシ基、アミノ基、アルキルアミノ基、ジアルキルアミノ基、トリアルキルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基であり、Arは置換基を有していてもよい芳香族環または複素芳香族環を表している。但し、R1~R4が全て水素の場合、Arはベンゼン環ではない。
[請求項2]
前記一般式(1)で表される化合物が式(5)で表される請求項1に記載のクマリン縮環化合物。
[化5]
式(1)中、R1~R4はそれぞれ独立に、水素、ヒドロキシル基、アルコキシ基、アミノ基、アルキルアミノ基、ジアルキルアミノ基、トリアルキルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基であり、nは2~7の整数である。
[請求項3]
前記一般式(1)または(5)において、R1~R4はそれぞれ独立に、水素、ヒドロキシル基、メトキシ基、アミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基である、請求項1または2記載のクマリン縮環化合物。
[請求項4]
前記一般式(2)において、nが2~5である、請求項1または3記載のクマリン縮環化合物。
[請求項5]
前記一般式(3)において、nが2~5である、請求項1または3記載のクマリン縮環化合物。
[請求項6]
前記一般式(5)において、nが2~5である、請求項2または3に記載のクマリン縮環化合物。
[請求項7]
前記一般式(4)で表される化合物が、一般式(6)で表される化合物である、請求項1記載のイソクマリン縮環化合物。
[化6]
式(4)中、R1~R4はそれぞれ独立に、水素、ヒドロキシル基、アルコキシ基、アミノ基、アルキルアミノ基、ジアルキルアミノ基、トリアルキルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基であり、nは2~7の整数である。
[請求項8]
前記一般式(4)または(6)において、R3がヒドロキシル基、メトキシ基、アミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基、トリフルオロメチル基、ニトロ基またはシアノ基である、請求項1または7記載のイソクマリン縮環化合物。
[請求項9]
前記一般式(6)において、nが2~5である、請求項7または8記載のイソクマリン縮環化合物。
[請求項10]
酸化剤の存在下、光反応前駆体に光を照射する光縮合工程を有する、請求項1~9のいずれか1項に記載のクマリン縮環化合物またはイソクマリン縮環化合物の製造方法。
[請求項11]
前記酸化剤がO2およびI2である、請求項10記載のクマリン縮環化合物またはイソクマリン縮環化合物の製造方法。
[請求項12]
前記光縮合工程において長波長紫外線および/または中波長紫外線を含む光を照射する、請求項10または11記載のクマリン縮環化合物またはイソクマリン縮環化合物の製造方法。
[請求項13]
請求項1~9のいずれか1項に記載のクマリン縮環化合物またはイソクマリン縮環化合物を含む有機層を具備する有機ELデバイス。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION GUNMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • YAMAJI MINORU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close