Top > Search of International Patents > TRANSGENIC MOUSE EXPRESSING KIDNEY-SPECIFIC HUMAN TGF-Β1, AND BIO-MARKER FOR TISSUE FIBROSIS MOUSE MODEL

TRANSGENIC MOUSE EXPRESSING KIDNEY-SPECIFIC HUMAN TGF-Β1, AND BIO-MARKER FOR TISSUE FIBROSIS MOUSE MODEL meetings

Foreign code F160008665
File No. (S2014-1140-N0)
Posted date Feb 5, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP068238
International publication number WO 2015199144
Date of international filing Jun 24, 2015
Date of international publication Dec 30, 2015
Priority data
  • P2014-130304 (Jun 25, 2014) JP
Title TRANSGENIC MOUSE EXPRESSING KIDNEY-SPECIFIC HUMAN TGF-Β1, AND BIO-MARKER FOR TISSUE FIBROSIS MOUSE MODEL meetings
Abstract [Problem] To provide a TG mouse that expresses TGF-β1 specific to the kidneys and spontaneously develops renal fibrosis. This is achieved in the form of a transgenic mouse characterized by including a mouse Podocin promoter area, and an entire gene area of the human transformation factor β1 (human TGF-β1) which is located downstream of the promoter area and of which expression is controlled. At this time, the transgenic mouse preferably develops renal fibrosis or renal insufficiency naturally from 15 weeks after birth, and begins to die at 20 to 26 weeks after birth.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
非ヒト哺乳類のPodocinのプロモーター領域と、その下流に配置されて発現を制御されるヒト形質転換因子β1(ヒトTGFβ1)の全遺伝子領域とを含む非ヒト・トランスジェニック哺乳類。
[請求項2]
前記非ヒト哺乳類は、マウス、ラット、ブタ、ヒツジ、ウマ、ウシからなる群から選択される少なくとも一つである請求項1に記載の非ヒト・トランスジェニック哺乳類。
[請求項3]
前記ヒトTGFβ1は、非活性型TGFβ1として腎臓で発現されて、細胞外で活性型TGFβ1となる請求項1または2に記載の非ヒト・トランスジェニック哺乳類。
[請求項4]
前記ヒトTGFβ1の全遺伝子領域は、7個のエキソンと6個のイントロンを含む請求項1~3のいずれか一つに記載の非ヒト・トランスジェニック哺乳類。
[請求項5]
前記非ヒト哺乳類がマウスであり、このトランスジェニックマウスは、生後15週齢から自然的に腎線維症を発症し始めることを特徴とする請求項1~4のいずれか一つに記載のトランスジェニックマウス。
[請求項6]
上記トランスジェニックマウスの系統は、C57BL/6Jであることを特徴とする請求項5に記載のトランスジェニックマウス。
[請求項7]
(1)ヒトTGFβ1遺伝子を含むBACにおいて、ヒトTGFβ1遺伝子のイントロン部分に選択用カセットを組み込み、選択用遺伝子導入ヒトTGFβ1遺伝子を得る選択用遺伝子組換え工程、(2)前記選択用遺伝子導入ヒトTGFβ1遺伝子の5'-側及び3'-側に、マウスPodocinプロモーターの下流の配列に相同的な配列を導入して、修飾ヒトTGFβ1遺伝子フラグメントとする修飾工程、(3) 5'-側及び3'-側にフランキング配列を有するマウスPodocin全コード配列を含むBACにおいて、前記修飾ヒトTGFβ1遺伝子フラグメントを、前記マウスPodocinプロモーター領域の下流側に転移させて、Podocin選択用ヒトTGFβ1遺伝子フラグメントとする工程、(4)前記選択用ヒトTGFβ1遺伝子フラグメントを取り除いて、Podocin-TGFβ1 BACトランスジェニック構築物を得る工程、(5)前記Podocin-TGFβ1 BACトランスジェニック構築物からPodocin-TGFβ1遺伝子を精製し、マウス胚にマイクロインジェクションして、トランスジェニックマウスを得る工程を備えることを特徴とする請求項3または4に記載のトランスジェニックマウスの作成方法。
[請求項8]
前記修飾ヒトTGFβ1遺伝子フラグメントを作成する際に用いられるPCR反応用の一対のプライマーの塩基数は、50塩基~60塩基であることを特徴とする請求項7に記載のトランスジェニックマウスの作成方法。
[請求項9]
(1)ヒトTGFβ1を発現するトランスジェニックマウスにおいて、体液中ヒトTGFβ1濃度とCT線維症スコアとの相関関係を示すグラフから前記トランスジェニックマウスが線維症を発症する所定の体液中ヒトTGFβ1濃度であるカットオフ値を求める工程、(2)前記トランスジェニックマウスから体液を採取した後に、体液中ヒトTGFβ1濃度を測定する工程、(3)前記カットオフ値と測定された体液中ヒトTGFβ1濃度とを比較し、体液中ヒトTGFβ1濃度が前記カットオフ値以上の場合に、前記トランスジェニックマウスが線維症を発症していると判断するヒトTGFβ1発現トランスジェニックマウスの病態評価方法。
[請求項10]
請求項7に記載のヒトTGFβ1発現トランスジェニックマウスの病態評価方法を実施するためのキットであって、前記トランスジェニックマウスから体液を採取するための機具と、採取した体液からヒトTGFβ1を含む成分を分離するためのチューブと、ヒトTGFβ1濃度を測定するためのELISAとを備えたことを特徴とするキット。
[請求項11]
ヒトの線維症を診断するキットであって、被験者から体液を採取するための機具と、採取した体液からヒトTGFβ1を含む成分を分離するためのチューブと、ヒトTGFβ1を測定するためのELISAとを備えたことを特徴とするキット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MIE UNIVERSITY
  • Inventor
  • YANO YUTAKA
  • ESTEBAN C GABAZZA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close