Top > Search of International Patents > ANTIBACTERIAL POLYMER, PRODUCTION METHOD THEREFOR, AND USAGE THEREOF

ANTIBACTERIAL POLYMER, PRODUCTION METHOD THEREFOR, AND USAGE THEREOF

Foreign code F160008670
File No. (S2014-0938-N0)
Posted date Feb 5, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP063380
International publication number WO 2015170769
Date of international filing May 8, 2015
Date of international publication Nov 12, 2015
Priority data
  • P2014-097237 (May 8, 2014) JP
Title ANTIBACTERIAL POLYMER, PRODUCTION METHOD THEREFOR, AND USAGE THEREOF
Abstract Provided is a polymer material having effective antibacterial properties and having bio adaptability in which cyto-toxicity, especially low hemolysis, when used in contact with in vivo tissue and blood is suppressed so as to be low. The polymer is characterized by comprising a main chain and a side chain portion which is linked to the main chain via a linker and which contains at least a structure specified by the following (A) and (B). (A) A structure containing a cationic group and (B) a structure in which expression of bio adaptability is expected.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
主鎖と、その主鎖にリンカーを介して少なくとも以下(A),(B)で特定される構造を含む側鎖部分を連結してなるポリマー。
(A)カチオン性基を含む構造
(B)生体適合性の発現が期待される構造
[請求項2]
前記カチオン性基が、第1級~第4級アンモニウム基である、請求項1に記載のポリマー。
[請求項3]
前記カチオン性基が、第1級アンモニウム基である、請求項1に記載のポリマー。
[請求項4]
前記生体適合性の発現が期待される構造が、少なくとも1つのエーテル構造を含む、請求項1~3のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項5]
前記エーテル構造が、鎖状エーテル構造又は環状エーテル構造である、請求項4に記載のポリマー。
[請求項6]
前記主鎖が、生分解性ポリマー、非生分解性ポリマー又はそれらの共重合体である、請求項1~5のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項7]
前記主鎖が、生分解性ポリマーである、請求項1~6のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項8]
リンカーを介して連結した第1級アンモニウム基を含む側鎖部分と、リンカーを介して連結した鎖状エーテル構造を含む側鎖部分とを有する、請求項1~7のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項9]
前記リンカーが、エステル結合である、請求項1~8のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項10]
主鎖が、ポリカーボネート鎖又は炭化水素鎖である、請求項1~6、8及び9のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項11]
生体内組織や血液に接して使用される、請求項1~10のいずれか一項に記載のポリマー。
[請求項12]
一般式(I):
[化21]
(式中、
X及びX’は、互いに独立して-O-、-NH-又は-CH2-であり、ただし、少なくとも一方は-CH2-ではなく;
Yは、式:-L-Z(式中、Zは、カチオン性基を有する側鎖部分又はカチオン性基の前駆体となる基を有する側鎖部分Z1であるか、又は生体内で中間水を保持しうる基Z2であり、Lは、主鎖とZとのリンカーであり、アルキレン基、エーテル結合、チオエーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合もしくはウレア結合又はそれらの組み合わせを有する単位構造から選択される)で示される基であり;
Mは、水素原子、炭素数3以下の直鎖状又は分岐鎖状のアルキル基であり;
m及びm’は、互いに独立して、0~5の整数であり、ただし、X及びX’が共に-O-のとき、m及びm’の少なくとも一方は0ではなく、また、m及びm’の和は、7以下である)
で表される環状モノマーから選択される少なくとも2種類を混合し、ここで、第1の環状モノマーはZ1を有し、第2の環状モノマーはZ2を有し、これら少なくとも2種類のモノマー化合物を混合して開環重合する工程を含む、ポリマーの製造方法。
[請求項13]
前記第1の環状モノマーと、第2の環状モノマーとの配合比率が、モル比で1:99~99:1である、請求項12に記載のポリマーの製造方法。
[請求項14]
請求項1~11のいずれか一項に記載のポリマーを表面の少なくとも一部に有する、医療機器。
[請求項15]
請求項1~11のいずれか一項に記載のポリマーを含む、抗菌剤。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION YAMAGATA UNIVERSITY
  • Inventor
  • TANAKA MASARU
  • FUKUSHIMA KAZUKI
  • SATO CHIKAKO
  • SASAKI AYANO
  • KISHI KOUHEI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close