Top > Search of International Patents > PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL AGENT, PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL METHOD, PLANT DISEASE PREVENTION METHOD, INSECT PREVENTION METHOD, PLANT GROWTH PROMOTER, MICROBIAL INFECTION EFFICIENCY PROMOTER, AND TRANSGENE EXPRESSION EFFICIENCY PROMOTER

PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL AGENT, PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL METHOD, PLANT DISEASE PREVENTION METHOD, INSECT PREVENTION METHOD, PLANT GROWTH PROMOTER, MICROBIAL INFECTION EFFICIENCY PROMOTER, AND TRANSGENE EXPRESSION EFFICIENCY PROMOTER

Foreign code F160008683
File No. (S2014-1124-N0)
Posted date Feb 18, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP065242
International publication number WO 2016006351
Date of international filing May 27, 2015
Date of international publication Jan 14, 2016
Priority data
  • P2014-141566 (Jul 9, 2014) JP
Title PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL AGENT, PLANT RESISTANCE INDUCING CONTROL METHOD, PLANT DISEASE PREVENTION METHOD, INSECT PREVENTION METHOD, PLANT GROWTH PROMOTER, MICROBIAL INFECTION EFFICIENCY PROMOTER, AND TRANSGENE EXPRESSION EFFICIENCY PROMOTER
Abstract A plant resistance inducing control agent containing a compound represented by formula (1) or a salt thereof as an active ingredient. X1-10: CH, N (however, N is 0-1 in X1-5 and X6-10). R1: C1-4 straight-chain or branched haloalkyl, halogen, NO2, CN. R2: C1-4 straight-chain or branched alkyl, C2-4 straight-chain or branched alkenyl. R3: H, C1-4 straight-chain or branched alkyl, C2-4 straight-chain or branched alkenyl. R4: C1-4 straight-chain or branched alkyl, C2-4 straight-chain or branched alkenyl, halogen. n: 0-1. m: 0-5. p: 0-5.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
下記一般式(1)で表される化合物又はその塩を有効成分として含有する植物抵抗性誘導制御剤。
[化1]
[式(1)中、
X1、X2、X3、X4、X5、X6、X7、X8、X9及びX10は、それぞれ独立して、CH又はNを表し(但し、X1、X2、X3、X4及びX5のいずれか2以上がNとなることはなく、X6、X7、X8、X9及びX10のいずれか2以上がNとなることはない。)、
R1は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のハロアルキル基、ハロゲン原子、ニトロ基又はシアノ基を表し、
R2は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表す。
R3は水素原子、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表し、
R4は、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基、炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基、又はハロゲン原子を表す。
nはR1の数を表し、0又は1である。mはR2の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、mが2以上のとき、R2同士は互いに同一でも異なっていてもよい。但し、n+mは5以下の整数である。pはR4の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、pが2以上のとき、R4同士は互いに同一でも異なっていてもよい。]
[請求項2]
前記一般式(1)が、下記一般式(1-2)で表される化合物である請求項1に記載の植物抵抗性誘導制御剤。
[化2]
[式(1-2)中、X1、X7、R1、R2、R3、R4、n、m及びpは前記と同一の意味を表す。]
[請求項3]
前記一般式(1)が、下記一般式(3-2-2)で表される化合物である請求項2に記載の植物抵抗性誘導制御剤。
[化3]
[式(3-2-2)中、R1、R2、R3、R4、n、m及びpは前記と同一の意味を表す。]
[請求項4]
請求項1~3のいずれか一項に記載の植物抵抗性誘導制御剤を植物に接触させることを含む植物抵抗性誘導制御方法。
[請求項5]
請求項4に記載の植物抵抗性誘導制御方法を使用することを含む植物病害の防除方法。
[請求項6]
請求項4に記載の植物抵抗性誘導制御方法を使用することを含む害虫の防除方法。
[請求項7]
下記一般式(1)で表される化合物又はその塩を有効成分として含有する植物生育促進剤。
[化4]
[式(1)中、
X1、X2、X3、X4、X5、X6、X7、X8、X9及びX10は、それぞれ独立して、CH又はNを表し(但し、X1、X2、X3、X4及びX5のいずれか2以上がNとなることはなく、X6、X7、X8、X9及びX10のいずれか2以上がNとなることはない。)、
R1は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のハロアルキル基、ハロゲン原子、ニトロ基又はシアノ基を表し、
R2は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表す。
R3は水素原子、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表し、
R4は、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基、炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基、又はハロゲン原子を表す。
nはR1の数を表し、0又は1である。mはR2の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、mが2以上のとき、R2同士は互いに同一でも異なっていてもよい。但し、n+mは5以下の整数である。pはR4の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、pが2以上のとき、R4同士は互いに同一でも異なっていてもよい。]
[請求項8]
下記一般式(1)で表される化合物又はその塩を有効成分として含有する微生物感染効率促進剤。
[化5]
[式(1)中、
X1、X2、X3、X4、X5、X6、X7、X8、X9及びX10は、それぞれ独立して、CH又はNを表し(但し、X1、X2、X3、X4及びX5のいずれか2以上がNとなることはなく、X6、X7、X8、X9及びX10のいずれか2以上がNとなることはない。)、
R1は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のハロアルキル基、ハロゲン原子、ニトロ基又はシアノ基を表し、
R2は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表す。
R3は水素原子、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表し、
R4は、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基、炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基、又はハロゲン原子を表す。
nはR1の数を表し、0又は1である。mはR2の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、mが2以上のとき、R2同士は互いに同一でも異なっていてもよい。但し、n+mは5以下の整数である。pはR4の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、pが2以上のとき、R4同士は互いに同一でも異なっていてもよい。]
[請求項9]
下記一般式(1)で表される化合物又はその塩を有効成分として含有する導入遺伝子発現効率促進剤。
[化6]
[式(1)中、
X1、X2、X3、X4、X5、X6、X7、X8、X9及びX10は、それぞれ独立して、CH又はNを表し(但し、X1、X2、X3、X4及びX5のいずれか2以上がNとなることはなく、X6、X7、X8、X9及びX10のいずれか2以上がNとなることはない。)、
R1は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のハロアルキル基、ハロゲン原子、ニトロ基又はシアノ基を表し、
R2は炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表す。
R3は水素原子、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又は炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基を表し、
R4は、炭素数1~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基、炭素数2~4の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルケニル基、又はハロゲン原子を表す。
nはR1の数を表し、0又は1である。mはR2の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、mが2以上のとき、R2同士は互いに同一でも異なっていてもよい。但し、n+mは5以下の整数である。pはR4の数を表し、0~5のいずれかの整数であり、pが2以上のとき、R4同士は互いに同一でも異なっていてもよい。]
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION YOKOHAMA NATIONAL UNIVERSITY
  • Inventor
  • HIRATSUKA KAZUYUKI
  • OGURA RIEKO
  • ISHIKAWA HARUTO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
(In Japanese)掲載特許について詳しくお知りになりたい方はHPの「お問い合わせ」ページにてお問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close