Top > Search of International Patents > INHIBITOR OF HMGB PROTEIN-MEDIATED IMMUNE RESPONSE ACTIVATION, AND SCREENING METHOD

INHIBITOR OF HMGB PROTEIN-MEDIATED IMMUNE RESPONSE ACTIVATION, AND SCREENING METHOD

Foreign code F160008693
File No. AF22-02WO
Posted date Mar 10, 2016
Country WIPO
International application number 2011JP071023
International publication number WO 2012036215
Date of international filing Sep 14, 2011
Date of international publication Mar 22, 2012
Priority data
  • P2011-138825 (Jun 22, 2011) JP
  • P2010-209587 (Sep 17, 2010) JP
Title INHIBITOR OF HMGB PROTEIN-MEDIATED IMMUNE RESPONSE ACTIVATION, AND SCREENING METHOD
Abstract Provided is an inhibitor of HMGB protein-mediated immune response activation, comprising one or more compounds selected from the group consisting of phosphorothioate oligonucleotides and derivatives thereof. Also provided is a method for screening an inhibitor or promoter of HMGB protein-mediated immune response activation, comprising: a mixing step of mixing an HMGB protein and a labeled nucleic acid in the presence and absence of a test substance; a assaying step of assaying the HMGB protein bound to the labeled nucleic acid; and a determination step of determining that the test substance is an inhibitor of HMGB protein-mediated immune response activation in the case that the quantity of the HMGB protein bound to the labeled nucleic acid in the presence of the test substance is less than the quantity of the HMGB protein bound to the labeled nucleic acid in the absence of the test substance, and determining that the test substance is a promoter of HMGB protein-mediated immune response activation in the case that the quantity of the HMGB protein bound to the labeled nucleic acid in the presence of the test substance is greater than the quantity of the HMGB protein bound to the labeled nucleic acid in the absence of the test substance.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ホスホロチオエートオリゴヌクレオチド及びその誘導体からなる群から選択される1種以上の化合物からなる、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤。
[請求項2]
前記化合物は、非メチル化CG配列を含まず、長さが5~100塩基のホスホロチオエートオリゴヌクレオチドである、請求項1に記載の抑制剤。
[請求項3]
前記化合物は、
配列番号40に記載の塩基配列、又は、
配列番号40に記載の塩基配列において1若しくは数個の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列であって、HMGBタンパクに対する結合能を有する塩基配列、
からなるホスホロチオエートオリゴヌクレオチドである、請求項2に記載の抑制剤。
[請求項4]
前記化合物は、ホスホロチオエートオリゴヌクレオチドの誘導体であり、当該誘導体は、塩基フリーホスホロチオエートデオキシリボースホモポリマーである、請求項1に記載の抑制剤。
[請求項5]
細胞内において、免疫応答を活性化する核酸とHMGBタンパクとの結合を阻害する、請求項1~4のいずれか一項に記載の抑制剤。
[請求項6]
HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化が、抗原特異的な適応免疫系、多発性硬化症、死細胞による過剰な免疫応答、移植臓器拒絶反応、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、アレルギー、敗血症、炎症による腫瘍の増殖、及び核酸含有病原体により引き起こされる炎症性疾患からなる群から選択される、請求項1~5のいずれか一項に記載の抑制剤。
[請求項7]
請求項1~6のいずれか一項に記載の抑制剤及び薬学的に許容される担体を含有する、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制用組成物。
[請求項8]
被検物質の存在下及び非存在下で、HMGBタンパクと標識核酸とを混合する混合ステップと、
標識核酸に結合したHMGBタンパクを定量する定量ステップと、
被検物質の存在下で標識核酸に結合したHMGBタンパクの量が、被検物質の非存在下で標識核酸に結合したHMGBタンパクの量よりも少ない場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤であると判定し、
被検物質の存在下で標識核酸に結合したHMGBタンパクの量が、被検物質の非存在下で標識核酸に結合したHMGBタンパクの量よりも多い場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の促進剤であると判定する、
判定ステップと、
を含む、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤又は促進剤のスクリーニング方法。
[請求項9]
被検物質の存在下及び非存在下で、固相化されたHMGBタンパクを放置する放置ステップと、
放置ステップ後の固相化されたHMGBタンパクに、標識核酸を接触させる、標識核酸接触ステップと、
固相化されたHMGBタンパクに結合した標識核酸を定量する定量ステップと、
被検物質の存在下で放置ステップを行った、固相化されたHMGBタンパクに結合した標識核酸の量が、被検物質の非存在下で放置ステップを行った、固相化されたHMGBタンパクに結合した標識核酸の量よりも少ない場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤であると判定し、
被検物質の存在下で放置ステップを行った、固相化されたHMGBタンパクに結合した標識核酸の量が、被検物質の非存在下で放置ステップを行った、固相化されたHMGBタンパクに結合した標識核酸の量よりも多い場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の促進剤であると判定する、
判定ステップと、
を含む、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤又は促進剤のスクリーニング方法。
[請求項10]
被検物質の存在下及び非存在下で、固相化された核酸とHMGBタンパクとを接触させる、接触ステップと、
固相化された核酸に結合したHMGBタンパクを定量する定量ステップと、
被検物質の存在下で固相化された核酸に結合したHMGBタンパクの量が、被検物質の非存在下で固相化された核酸に結合したHMGBタンパクの量よりも少ない場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤であると判定し、
被検物質の存在下で固相化された核酸に結合したHMGBタンパクの量が、被検物質の非存在下で固相化された核酸に結合したHMGBタンパクの量よりも多い場合に、当該被検物質が、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の促進剤であると判定する、
判定ステップと、
を含む、HMGBタンパクによって仲介される免疫応答の活性化の抑制剤又は促進剤のスクリーニング方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science and Technology Agency
  • Inventor
  • TANIGUCHI TADATSUGU
  • YANAI HIDEYUKI
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) CREST Etiological Basics of and Techniques for Treatment of Allergic and Autoimmune Diseases AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close