Top > Search of International Patents > OPTICAL CROSS-CONNECT

OPTICAL CROSS-CONNECT

Foreign code F160008694
File No. J1020-08WO
Posted date Mar 10, 2016
Country WIPO
International application number 2014JP065519
International publication number WO 2014203789
Date of international filing Jun 11, 2014
Date of international publication Dec 24, 2014
Priority data
  • P2013-130034 (Jun 20, 2013) JP
Title OPTICAL CROSS-CONNECT
Abstract This invention substantially reduces the hardware complexity of an optical add-drop multiplexer, in an optical node, that can drop desired signals from input optical fibers or add desired signals to output optical fibers leading away from an optical cross-connect. This invention is provided with a plurality of 1×20s optical couplers (PC) and a plurality of transponder banks (TBK). The optical couplers (PC) are connected to some or all of s sets of input optical fibers (Fi1 through Fi(n-2)), said sets being connected, respectively, to a plurality of optical cross-connect units (OXC1 through OXCs). Each of the transponder banks (TBK) has a set of s×1 optical switches (PS), each of which receives, and selects one of, signals outputted from a subset of the optical couplers (PC), each optical coupler (PC) in said subset being connected to a different optical cross-connect unit (OXC1 through OXCs). In each transponder bank (TBK), for each of the signals outputted by the optical switches (PS) in that transponder bank (TBK), a signal of a desired wavelength is selected and supplied to a transponder.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
光ネットワーク内の光ノードに配置された光クロスコネクト装置に入力される複数本の入力光ファイバ中の所望の信号をドロップさせ、又は該光クロスコネクト装置から出力される複数本の出力光ファイバ中へ所望の信号をアドする光アド/ドロップ装置であって、
前記光クロスコネクト装置は、前記複数本の入力光ファイバのうちの1部の入力光ファイバおよび前記複数本の出力光ファイバのうちの1部の出力光ファイバにそれぞれ接続されたノード間接続用入力ポートおよびノード間接続用出力ポートと、内部接続用入力ポートおよび内部接続用出力ポートとをそれぞれ有する複数の光クロスコネクト部を備え、
該複数の光クロスコネクト部は、そのいずれにおいても、所定の光クロスコネクト部の内部接続用出力ポートが他の光クロスコネクト部の内部接続用入力ポートと直接に接続され、且つさらに他の光クロスコネクト部の内部接続用入力ポートに該他の光クロスコネクト部を介して間接的に接続され、
前記光アド/ドロップ装置は、前記複数の光クロスコネクト部にそれぞれ接続された前記入力光ファイバのうちの一部又は全部に接続された複数の光カプラと、該複数の光カプラのうち前記複数の光クロスコネクト部のうちの相互に異なる光クロスコネクト部に接続された一群の光カプラから出力される信号をそれぞれ受けて択一的に選択する一群の光スイッチを有し、一群の光スイッチからそれぞれ出力された信号毎に所望の波長の信号をそれぞれ選択する複数のドロップ信号受信装置とを、備えることを特徴とする光アド/ドロップ装置。
[請求項2]
光ネットワーク内の光ノードに配置された光クロスコネクト装置に入力される複数本の入力光ファイバ中の所望の信号をドロップさせ、又は該光クロスコネクト装置から出力される複数本の出力光ファイバ中へ所望の信号をアドする光アド/ドロップ装置であって、
前記光クロスコネクト装置は、前記複数本の入力光ファイバのうちの1部の入力光ファイバおよび前記複数本の出力光ファイバのうちの1部の出力光ファイバにそれぞれ接続されたノード間接続用入力ポートおよびノード間接続用出力ポートと、内部接続用入力ポートおよび内部接続用出力ポートとをそれぞれ有する複数の光クロスコネクト部を備え、
該複数の光クロスコネクト部は、そのいずれにおいても、所定の光クロスコネクト部の内部接続用出力ポートが他の光クロスコネクト部の内部接続用入力ポートと直接に接続され、且つさらに他の光クロスコネクト部の内部接続用入力ポートに該他の光クロスコネクト部を介して間接的に接続され、
前記光アド/ドロップ装置は、前記複数の光クロスコネクト部にそれぞれ接続された前記出力光ファイバのうちの一部又は全部に接続された複数の光カプラと、該複数の光カプラのうち前記複数の光クロスコネクト部のうちの相互に異なる光クロスコネクト部に接続された一群の光カプラのいずれかへ所望の波長の信号を出力する一群の光スイッチをそれぞれ有する複数のアド信号送信装置とを、備えることを特徴とする光アド/ドロップ装置。
[請求項3]
前記複数群の光スイッチの群数と前記光クロスコネクト部に入力する前記入力光ファイバの本数又は前記光クロスコネクト部から出力する前記出力光ファイバの本数とが等しいことを特徴とする請求項1または2の光アド/ドロップ装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • SATO KEN-ICHI
  • HASEGAWA HIROSHI
  • ISHIDA HIROTO
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close