Top > Search of International Patents > METAL-SUPPORTED POROUS COORDINATION POLYMER CATALYST

METAL-SUPPORTED POROUS COORDINATION POLYMER CATALYST

Foreign code F160008711
File No. (S2014-0940-N0)
Posted date Apr 13, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP063118
International publication number WO 2015170688
Date of international filing May 1, 2015
Date of international publication Nov 12, 2015
Priority data
  • P2014-096036 (May 7, 2014) JP
Title METAL-SUPPORTED POROUS COORDINATION POLYMER CATALYST
Abstract Provided is a metal-supported catalyst comprising a porous coordination polymer as a carrier (a metal-supported porous coordination polymer catalyst), said catalyst having an excellent catalytic activity and being applicable to various kinds of reactions. The metal-supported porous coordination polymer catalyst comprises the carrier and a metal supported on the carrier, wherein: the carrier is a porous coordination polymer having a repeating unit comprising a metal ion and an organic compound capable of coordinating with the metal ion; the porous coordination polymer shows peaks at Bragg angles (2θ) of 11.1±0.5°, 19.8±0.5° and 26.0±0.5° in an X-ray diffraction spectrum using CuKα ray as a radiation source; and the organic compound has at least one nitrogen atom-containing functional group.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
担体と、前記担体に担持された金属とを有し、
前記担体が、金属イオンと前記金属イオンに配位可能な有機化合物とが繰り返し単位を構成する多孔性配位高分子であり、
前記多孔性配位高分子が、CuKα線を線源とするX線回折スペクトルにおいて、ブラッグ角(2θ)が11.1±0.5°、19.8±0.5°、および、26.0±0.5°にピークを示し、
前記有機化合物が、窒素原子を含む官能基を少なくとも1つ有する、金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項2]
前記担体に担持された金属が、周期律表の第8族金属~第11族金属からなる群から選択される少なくとも1種を含む、請求項1に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項3]
前記金属イオンが、周期律表の第4族金属~第13族金属からなる群から選択される少なくとも1種のイオンを含む、請求項1または2に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項4]
前記有機化合物が、カルボン酸基、スルホン酸基、チオール基、シアノ基、ヒドロキシル基、リン酸基、イミダゾール基、ピリジン基、および、アミノ基からなる群から選択される基を少なくとも2つ有する、請求項1~3のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項5]
前記窒素原子を含む官能基が、アミノ基、イミノ基、および、ニトリル基からなる群から選択される、請求項1~4のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項6]
炭素-炭素結合生成反応、炭素-酸素結合生成反応、還元反応、または、酸化反応に用いられる、請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒。
[請求項7]
請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒、および、塩基性化合物の存在下、式(1)で表される化合物と、式(2)で表される化合物とをクロスカップリング反応させ、式(3)で表されるビアリール化合物を製造する、ビアリール化合物の製造方法。
[化1]
(式(1)~(3)中、Ar1およびAr2は、それぞれ独立に、置換基を有していてもよいアリール基を表す。Xは、ハロゲン原子を表す。)
[請求項8]
請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒の存在下、ニトロアリール化合物を還元してアミノアリール化合物を製造する、アミノアリール化合物の製造方法。
[請求項9]
請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒の存在下、炭素-炭素不飽和結合を有する不飽和化合物に対して水素化反応を行い、水素化反応物を製造する、水素化反応物の製造方法。
[請求項10]
請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒の存在下、アルコール化合物またはアルデヒド化合物に対して酸化反応を行い、酸化反応物を製造する、酸化反応物の製造方法。
[請求項11]
請求項1~5のいずれか1項に記載の金属担持多孔性配位高分子触媒の存在下、アリルアルコールまたはアリルエステルと式(9)で表される化合物とを反応させ、式(10)で表されるアリル基含有化合物を製造する、アリル基含有化合物の製造方法。
[化2]
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • NISHIMURA SHUN
  • EBITANI KOHKI
  • CHOUDHARY HEMANT
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close