Top > Search of International Patents > NOVEL POLYMER AND METHOD FOR PRODUCING SAME

NOVEL POLYMER AND METHOD FOR PRODUCING SAME

Foreign code F160008712
File No. (S2014-0851-N0)
Posted date Apr 13, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP063207
International publication number WO 2015170704
Date of international filing May 7, 2015
Date of international publication Nov 12, 2015
Priority data
  • P2014-096294 (May 7, 2014) JP
Title NOVEL POLYMER AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Abstract The present invention provides a novel polymer and a method for producing same. Provided are: a polymer that contains a structural unit represented by general formula (2): (In the formula, R1 is a hydrogen atom or an organic group. R2 and R3 may be the same as, or different from each other and are each a hydrogen atom, an optionally substituted alkyl group, an optionally substituted aryl group or an optionally substituted heteroaryl group, and R2 and R3 may bond to each other and form a ring together with the adjacent carbon atom. R4 is a hydrogen atom or a halogen atom); a chemically modified product thereof; and methods for producing these.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
一般式(2):
[化1]
(式中、R1は、水素原子又は有機基を示す。
R2及びR3は、同一又は異なって、水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアリール基、又は置換基を有していてもよいヘテロアリール基を示し、或いはR2及びR3は互いに結合して隣接する炭素原子と共に環を形成してもよい。
R4は、水素原子又はハロゲン原子を示す。)
で表される構造単位を含むポリマー。
[請求項2]
R1で示される基が、アルキル基、アリール基、ヘテロアリール基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基、ヘテロアリールカルボニル基、アルコキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、ヘテロアリールオキシカルボニル基、アルコキシカルボニルアルキル基、アリールオキシカルボニルアルキル基、又はヘテロアリールオキシカルボニルアルキル基(これらの基は、置換基を有していてもよい。)である、請求項1に記載のポリマー。
[請求項3]
さらに、一般式(2)で表される構造単位以外の重合可能なモノマーを由来する構造単位を含む、請求項1又は2に記載のポリマー。
[請求項4]
請求項1~3の何れか一項に記載のポリマーであって、
一般式(1):
[化2]
(式中、R4は、水素原子又はハロゲン原子を示す。波線は、二重結合の立体化学がE体、Z体、又はE体とZ体との混合物であることを表す。R1~R3は、前記と同じ。)で表されるモノマーと他の重合可能なモノマーとを共重合することにより得られる、ポリマー。
[請求項5]
請求項1又は2に記載のポリマーの製造方法であって、
一般式(1):
[化3]
(式中、R4は、水素原子又はハロゲン原子を示す。波線は、二重結合の立体化学がE体、Z体、又はE体とZ体との混合物であることを表す。R1~R3は、前記と同じ。)
で表されるモノマーを重合する工程を備える、製造方法。
[請求項6]
請求項3又は4に記載のポリマーの製造方法であって、
一般式(1):
[化4]
(式中、R4は、水素原子又はハロゲン原子を示す。波線は、二重結合の立体化学がE体、Z体、又はE体とZ体との混合物であることを表す。R1~R3は、前記と同じ。)
で表されるモノマーと他の重合可能なモノマーとを共重合する工程を備える、製造方法。
[請求項7]
一般式(5):
[化5]
(式中、R1は水素原子又は有機基を示す。
R4は、水素原子又はハロゲン原子を示す。
Yは、水素原子又はカウンターカチオンを示す。)
で表される構造単位を含むポリマーの製造方法であって、
請求項1に記載のポリマーを加水分解する工程を備える、製造方法。
[請求項8]
一般式(1a):
[化6]
(式中、R1aは、水素原子又は有機基を示す。
R2a及びR3aは、同一又は異なって、水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアリール基、又は置換基を有していてもよいヘテロアリール基を示し、或いはR2及びR3は互いに結合して隣接する炭素原子と共に環を形成してもよい。
R4aは、水素原子又はハロゲン原子を示す。
波線は、二重結合の立体化学がE体、Z体、又はE体とZ体との混合物であることを表す。ただし、下記式(a)~(e)で表される化合物を除く。)
で表される化合物。
[化7]
[請求項9]
請求項1~4の何れか一項に記載のポリマーを用いた光学材料用樹脂組成物。
[請求項10]
請求項1~4の何れか一項に記載のポリマーを用いた成形体。
[請求項11]
請求項1~4の何れか一項に記載のポリマーを用いた光学材料。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKUSHIMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • TANAKA HITOSHI
  • NIWA MIKI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close