Top > Search of International Patents > SUBSTANCE SEALING METHOD AND TARGET MOLECULE DETECTING METHOD

SUBSTANCE SEALING METHOD AND TARGET MOLECULE DETECTING METHOD

Foreign code F160008720
File No. (AF19P013)
Posted date Apr 14, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP003310
International publication number WO 2016006208
Date of international filing Jul 1, 2015
Date of international publication Jan 14, 2016
Priority data
  • P2014-140700 (Jul 8, 2014) JP
Title SUBSTANCE SEALING METHOD AND TARGET MOLECULE DETECTING METHOD
Abstract This invention provides a substance sealing method for efficiently sealing, in an array, many substances such as beads, nucleic acids, proteins, viruses, cells and lipid membrane complexes, said method including a substance introducing step for introducing a first solvent containing the substance onto a substrate on which a plurality of receiving parts capable of receiving the substance are formed so as to be separated from each other by side walls, and following the substance introducing step, a substance receiving step for introducing a second solvent, which has a specific gravity greater than the first solvent, onto the first solvent.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
物質を収容可能な複数の収容部が、側壁によって互いに隔てられて形成されている基板上に、当該物質を含む第一の溶媒を導入する物質導入工程と、
前記物質導入工程の後に、前記第一の溶媒よりも比重が大きい第二の溶媒を前記第一の溶媒上に導入する物質収容工程と、を含む物質封入方法。
[請求項2]
前記第一の溶媒及び第二の溶媒の少なくとも一方が界面活性剤を含む請求項1記載の物質封入方法。
[請求項3]
前記第一の溶媒中の前記界面活性剤の濃度が、0.01%~1%である請求項2記載の物質封入方法。
[請求項4]
前記第二の溶媒が、飽和炭化水素、不飽和炭化水素、芳香族炭化水素、シリコーンオイル、ヘキサフルオロプロピレンエポキシド系ポリマー、ハイドロフルオロエーテル構造を持つポリマー、パーフルオロポリエーテル、三フッ化塩化エチレンポリマー及びパーフルオロカーボン構造を持つポリマーからなる群より選択される少なくとも1つ又はこれを含む混合物である請求項1~3のいずれか一項に記載の物質封入方法。
[請求項5]
前記第一の溶媒が、水、親水性アルコール、親水性エーテル、ケトン、ニトリル系溶媒、ジメチルスルホキシド、及びN,N-ジメチルホルムアミドからなる群より選択される少なくとも1つ又はこれを含む混合物である請求項1~4のいずれか一項に記載の物質封入方法。
[請求項6]
前記側壁が、フッ素系高分子樹脂からなる疎水性の上面を有し、前記第二の溶媒がパーフルオロカーボン構造を有するポリマーである請求項4又は5に記載の物質封入方法。
[請求項7]
前記基板の前記収容部を含む領域が、外部に開放されている請求項1~6のいずれか一項に記載の物質封入方法。
[請求項8]
前記物質は、ビーズ、核酸、タンパク質、ウイルス、細胞及び脂質膜複合体から選択される1以上である請求項1~7のいずれか一項に記載の物質封入方法。
[請求項9]
ターゲット分子を特異的に捕捉するビーズと、当該ターゲット分子とを反応させる反応工程と、
前記反応工程の後に、前記ビーズを用いて請求項1~8のいずれか一項に記載の物質封入方法を行なうビーズ封入工程と、
前記ビーズ封入工程の後に、前記収容部の各々に前記ターゲット分子を捕捉したビーズが収容されているか否かを検出する検出工程とを含む、ターゲット分子を検出する方法。
[請求項10]
前記ビーズに、前記ターゲット分子に特異的に結合する分子が結合している請求項9に記載のターゲット分子を検出する方法。
[請求項11]
基板上に形成された収容部に物質を含む親水性溶媒を導入し、前記収容部に導入された前記物質を含む親水性溶媒を疎水性溶媒で被覆することによって前記収容部内に前記物質を封入する方法であって、
前記物質を収容可能な複数の収容部が、側壁によって互いに隔てられて形成されている基板上に、前記物質を含む親水性溶媒を導入する物質導入工程と、前記物質導入工程の後に、前記親水性溶媒よりも比重が大きい疎水性溶媒を前記親水性溶媒上に導入する物質収容工程と、を含む物質封入方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • NOJI HIROYUKI
  • YAMAUCHI LISA
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Creation of Nanosystems with Novel Functions through Process Integration AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close