Top > Search of International Patents > DIFFRACTION DATA ANALYSIS METHOD, COMPUTER PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM

DIFFRACTION DATA ANALYSIS METHOD, COMPUTER PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM

Foreign code F160008723
File No. (AF11P028)
Posted date Apr 14, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP071682
International publication number WO 2016017770
Date of international filing Jul 30, 2015
Date of international publication Feb 4, 2016
Priority data
  • P2014-156626 (Jul 31, 2014) JP
Title DIFFRACTION DATA ANALYSIS METHOD, COMPUTER PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM
Abstract The present invention is a diffraction data analysis method for crystallography samples formed by arranging molecules of compounds, the structure of which is to be determined, in a regular manner into pores, or the like, of a single crystal of a porous compound, the three-dimensional skeleton of which is elucidated by a crystallographic method. The diffraction data analysis method includes step (I) in which a space group which is the same as that of the single crystal of the porous compound or a space group having lower symmetry is selected as the space group of a crystallography sample, step (II) in which the initial structure of the crystallography sample is determined by using diffraction data pertaining to the crystalline structure of the single crystal of the porous compound as an initial value, and step (III) in which the initial structure that has been obtained is refined. The present invention is also: a computer program which causes a computer to execute the method; and a recording medium on which the program is recorded. With respect to single crystal structure analysis methods, the present invention provides: a method for analysing diffraction data efficiently; a computer program which causes a computer to execute the method; and a recording medium.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
三次元骨格と、該三次元骨格によって仕切られて形成された、三次元的に規則正しく整列した細孔及び/又は中空とを有し、前記三次元骨格が結晶構造解析法によって解明されている多孔性化合物の単結晶の細孔及び/又は中空内に、構造を決定する化合物の分子が規則的に配列されてなる結晶構造解析用試料を用いて得られた回折データの解析方法であって、
結晶構造解析用試料の空間群として、前記多孔性化合物の単結晶の空間群と同一の空間群、又は、前記空間群より対称性が低い空間群を選択するステップ(I)、
前記多孔性化合物の単結晶の結晶構造に関する回折データを初期値として用いて、前記結晶構造解析用試料についての初期構造を決定するステップ(II)、及び、
ステップ(II)で得られた初期構造を精密化するステップ(III)、
を含むことを特徴とする回折データの解析方法。
[請求項2]
回折データの解析用プログラムであって、請求項1に記載の回折データの解析方法をコンピュータに実行させるコンピュータプログラム。
[請求項3]
前記多孔性化合物の単結晶の空間群を基に、より対称性が低い空間群を導出する処理(I)、
前記多孔性化合物の単結晶の空間群と同一の空間群、及び、処理(I)で導出された空間群から選ばれる1の空間群を、結晶構造解析用試料についての回折データの解析に用いる空間群として決定する処理(II)、
処理(II)で決定された空間群及び前記多孔性化合物の単結晶の結晶構造に関する回折データを初期値として用いて、前記結晶構造解析用試料についての初期構造を決定する処理(III)、及び、
処理(III)で得られた初期構造を精密化する処理(IV)、
をコンピュータに実行させる、請求項2に記載のコンピュータプログラム。
[請求項4]
さらに、処理(I)で導出された空間群をユーザに提示する処理を含み、処理(II)における空間群の決定が、ユーザの判断に基づいて行われるものである、請求項3に記載のコンピュータプログラム。
[請求項5]
処理(II)における空間群の決定が、あらかじめ設定した規則に従ってコンピュータによって行われるものである、請求項3に記載のコンピュータプログラム。
[請求項6]
請求項2~5のいずれかに記載のコンピュータプログラムを記録したことを特徴とするコンピュータに読み取り可能な記録媒体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • FUJITA MAKOTO
  • INOKUMA YASUHIDE
  • YAMAGUCHI KENTARO
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close