Top > Search of International Patents > MOOD DISORDER MARKER, APPLICATION THEREFOR, SCHIZOPHRENIA MARKER, AND APPLICATION THEREFOR

MOOD DISORDER MARKER, APPLICATION THEREFOR, SCHIZOPHRENIA MARKER, AND APPLICATION THEREFOR

Foreign code F160008739
File No. (S2014-1194-N0)
Posted date May 20, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP072492
International publication number WO 2016021719
Date of international filing Aug 7, 2015
Date of international publication Feb 11, 2016
Priority data
  • P2014-161176 (Aug 7, 2014) JP
Title MOOD DISORDER MARKER, APPLICATION THEREFOR, SCHIZOPHRENIA MARKER, AND APPLICATION THEREFOR
Abstract The primary purpose of the present invention is to provide a method for testing the potential for developing a mood disorder, said method having high diagnostic accuracy. In order to achieve said primary purpose, this method for testing the potential for developing a mood disorder is characterized by including: a measurement step in which the methylation of cytosine at at least one site selected from the group consisting of (a) and (b) in a biological sample of a subject is measured; and a test step in which the potential for developing a mood disorder is tested, by comparing the measured methylation of the cytosine to a reference value. (a) A site specified by (1)-(506) and (507) Genome Research Consortium human genome build 37/UCSC human genome 19 (GRCh37/Hg19) coordinates;(b) A site specified by (600)-(646) and (647) GRCh37/Hg19 coordinates.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
被検者の生体試料における下記(a)および(b)からなる群から選択された少なくとも1つサイトのシトシンのメチル化率を測定する測定工程、および
測定した前記シトシンのメチル化率を、基準値と比較することにより、気分障害の罹患の可能性を試験する試験工程を含むことを特徴とする、気分障害の罹患可能性を試験する方法。
(a)下記(1)~(506)および(507)のGeneome Research Consortium human genome build 37/UCSC human genome 19(GRCh37/Hg19)の座標で特定されるサイト
(b)下記(600)~(646)および(647)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[表1A]
[表1B]
[表1C]
[表1D]
[請求項2]
前記基準値が、健常者の生体試料における対応する前記サイトのシトシンのメチル化率または気分障害患者の生体試料における対応する前記サイトのシトシンのメチル化率である、請求項1記載の気分障害の罹患可能性を試験する方法。
[請求項3]
前記試験工程において、前記(a)および(b)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンが、対応する下記の条件を満たす場合、前記被検者は、気分障害に罹患する可能性があるとする、請求項2記載の気分障害の罹患可能性を試験する方法。
(x1)前記サイトが前記(a)のサイトの場合、前記被検者の生体試料における前記サイトのシトシンのメチル化率が、前記健常者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率よりも低い場合、または前記気分障害患者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率以下の場合
(y1)前記サイトが前記(b)のサイトの場合、前記被検者の生体試料における前記サイトのシトシンのメチル化率が、前記健常者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率よりも高い場合、または前記気分障害患者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率以上の場合
[請求項4]
前記生体試料が、全血である、請求項1から3のいずれか一項に記載の気分障害の罹患可能性を試験する方法。
[請求項5]
前記生体試料が、血球および白血球の少なくとも一方である、請求項1から4のいずれか一項に記載の気分障害の罹患可能性を試験する方法。
[請求項6]
前記気分障害が、うつ病および双極性感情障害の少なくとも一方である、請求項1から5のいずれか一項に記載の気分障害の罹患可能性を試験する方法。
[請求項7]
下記(a)および(b)からなる群から選択された少なくとも1つのGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイトのメチル化シトシンを含むことを特徴とする、気分障害マーカー。
(a)下記(1)~(506)および(507)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(b)下記(600)~(646)および(647)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項8]
請求項1から6のいずれか一項に記載の試験方法に使用する試験試薬であって、下記(a)および(b)からなる群から選択された少なくとも1つのGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイトのメチル化シトシンの測定試薬を含むことを特徴とする、気分障害の試験試薬。
(a)下記(1)~(506)および(507)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(b)下記(600)~(646)および(647)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項9]
気分障害の治療用候補物質のスクリーニング方法であって、被検物質から、下記(a’)および(b’)の少なくとも一方の条件を満たす被検物質を、前記治療用候補物質として選択する選択工程を含むことを特徴とする、気分障害の治療用候補物質のスクリーニング方法。
(a’)下記(a)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を増加させる
(b’)下記(b)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を低下させる
(a)下記(1)~(506)および(507)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(b)下記(600)~(646)および(647)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項10]
被検者の生体試料における下記(c)、(d)または(e)のサイトのシトシンのメチル化率を測定する測定工程、および
測定した前記シトシンのメチル化率を、基準値と比較することにより、統合失調症の罹患の可能性を試験する試験工程を含むことを特徴とする、統合失調症の罹患可能性を試験する方法。
(c)下記(f)および(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト
(d)下記(f)および(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト、ならびに下記(h)および(i)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト
(e)下記(h)および(i)からなる群から選択された少なくとも2つのサイト
(f)下記(1000)~(1867)および(1868)のGeneome Research Consortium human genome build 37/UCSC human genome 19(GRCh37/Hg19)の座標で特定されるサイト
(g)下記(5500)~(5529)および(5530)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(h)下記(6000)~(6059)および(6060)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(i)下記(6100)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[表2A]
[表2B]
[表2C]
[表2D]
[表2E]
[表3]
[表4]
[表5]
[請求項11]
前記基準値が、健常者の生体試料における対応する前記サイトのシトシンのメチル化率または統合失調症患者の生体試料における対応する前記サイトのシトシンのメチル化率である、請求項10記載の統合失調症の罹患可能性を試験する方法。
[請求項12]
前記試験工程において、前記(c)、(d)または(e)のサイトのシトシンが、対応する下記の条件を満たす場合、前記被検者は、統合失調症に罹患する可能性があるとする、請求項11記載の統合失調症の罹患可能性を試験する方法。
(x2)前記サイトが前記(f)または前記(h)のサイトの場合、前記被検者の生体試料における前記サイトのシトシンのメチル化率が、前記健常者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率よりも高い場合、または前記統合失調症患者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率以上の場合
(y2)前記サイトが前記(g)または前記(i)のサイトの場合、前記被検者の生体試料における前記サイトのシトシンのメチル化率が、前記健常者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率よりも低い場合、または前記統合失調症患者の生体試料における対応するシトシンのメチル化率以下の場合
[請求項13]
前記生体試料が、全血である、請求項10から12のいずれか一項に記載の試験方法。
[請求項14]
前記生体試料が、血球および白血球の少なくとも一方である、請求項10から13のいずれか一項に記載の試験方法。
[請求項15]
下記(f)および(h)のサイトのメチル化シトシン、ならびに下記(g)および(i)のサイトのメチル化シトシンからなる群から選択された少なくとも2つを含むことを特徴とする、統合失調症マーカーセット。
(f)前記(1000)~(1867)および(1868)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(g)前記(5500)~(5529)および(5530)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(h)前記(6000)~(6059)および(6060)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(i)前記(6100)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項16]
請求項10から14のいずれか一項に記載の試験方法に使用する試験試薬であって、下記(c)、(d)または(e)のサイトのシトシンのメチル化シトシンの測定試薬を含むことを特徴とする、統合失調症の試験試薬。
(c)下記(f)および(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト
(d)下記(f)および(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト、ならびに下記(h)および(i)からなる群から選択された少なくとも1つのサイト
(e)下記(h)および(i)からなる群から選択された少なくとも2つのサイト
(f)前記(1000)~(1867)および(1868)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(g)前記(5500)~(5529)および(5530)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(h)前記(6000)~(6059)および(6060)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(i)前記(6100)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項17]
統合失調症の治療用候補物質のスクリーニング方法であって、被検物質から、下記(c’)、(d’)または(e’)の条件を満たす被検物質を、前記治療用候補物質として選択する選択工程を含むことを特徴とする、統合失調症の治療用候補物質のスクリーニング方法。
(c’)下記(f)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を低下させる、および/または下記(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を増加させる
(d’)下記(f)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を低下させる、および/または下記(g)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を増加させる、ならびに
下記(h)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を低下させる、および/または下記(i)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を増加させる
(e’)下記(h)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を低下させる、および/または下記(i)からなる群から選択された少なくとも1つのサイトのシトシンのメチル化率を増加させる
(f)前記(1000)~(1867)および(1868)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(g)前記(5500)~(5529)および(5530)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(h)前記(6000)~(6059)および(6060)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(i)前記(6100)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
[請求項18]
下記(f)のサイトのメチル化シトシンおよび下記(g)のサイトのメチル化シトシンからなる群から選択された少なくとも1つを含むことを特徴とする、新規統合失調症マーカー。
(f)前記(1000)~(1867)および(1868)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
(g)前記(5500)~(5529)および(5530)のGRCh37/Hg19の座標で特定されるサイト
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKUSHIMA UNIVERSITY
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • OHMORI TETSURO
  • NUMATA SHUSUKE
  • ISHII KAZUO
  • IMOTO ISSEI
  • TAJIMA ATSUSHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close