Top > Search of International Patents > METHOD FOR NON-ENZYMATIC COMBINATION OF NUCLEIC ACID CHAINS

METHOD FOR NON-ENZYMATIC COMBINATION OF NUCLEIC ACID CHAINS

Foreign code F160008745
File No. (K041P06)
Posted date May 23, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP004294
International publication number WO 2016031247
Date of international filing Aug 26, 2015
Date of international publication Mar 3, 2016
Priority data
  • P2014-171540 (Aug 26, 2014) JP
Title METHOD FOR NON-ENZYMATIC COMBINATION OF NUCLEIC ACID CHAINS
Abstract Provided is a method for combining a nucleic acid and a nucleic acid without the use of an enzyme reaction, as a technique for combining a nucleic acid and a nucleic acid through use of a naturally occurring structure or a structure similar to a naturally occurring structure, the method for non-enzymatic combination of nucleic acid chains including a procedure for reacting a nucleic acid chain having a phosphorothioate group with a nucleic acid chain having a hydroxyl group or an amino group in the presence of an electrophile.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
核酸鎖と核酸鎖とを酵素反応に依らずに結合させる方法であって、
ホスホロチオエート基を有する核酸鎖を、求電子剤の存在下で、水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖と反応させる手順を含む、非酵素的核酸鎖結合方法。
[請求項2]
前記ホスホロチオエート基が核酸鎖の3’末端に、前記水酸基又はアミノ基が核酸鎖の5’末端に存在する、請求項1記載の非酵素的核酸鎖結合方法。
[請求項3]
前記ホスホロチオエート基が核酸鎖の5’末端に、前記水酸基又はアミノ基が核酸鎖の3’末端に存在する、請求項1記載の非酵素的核酸鎖結合方法。
[請求項4]
前記求電子剤が下記式(I)又は式(II)で示される化合物である、請求項1~3のいずれか一項に記載の非酵素的核酸鎖結合方法。
[化1]
(式中、R1、R2及びR3は、それぞれ独立してNO2基、OCOCH3基、CN基、CF3基、CO2H基、CO2CH3基又はNH2基を示し、
Lは、F、Cl、SO3H及びSO2NR4から選択される脱離基を示し、
R4は、NH2、NHPh、NHPh-OCH3を示す。)
[請求項5]
前記求電子剤が、1-フルオロ-2,4-ジニトロベンゼン又はトリニトロクロロベンゼンである、請求項4記載の非酵素的核酸鎖結合方法。
[請求項6]
核酸鎖の塩基配列の決定方法であって、
前記核酸鎖に相補的な塩基配列を有し、5’末端又は3’末端にホスホロチオエート基を有する相補鎖を、求電子剤の存在下で、3’位又は5’位に水酸基又はアミノ基を有し、塩基に応じて異なる標識がされたヌクレオシドの混合物と反応させる手順と、
前記相補鎖に結合したヌクレオシドの標識からの信号を検出する手順と、
前記信号に基づいて、塩基核酸鎖の塩基配列を決定する手順と、を含む方法。
[請求項7]
前記ヌクレオチドは、5’位又は3’位のホスホロチオエート基と、該ホスホロチオエート基にジスルフィド結合を介して結合した標識物質とを有し、
該標識物質からの信号を検出した後、前記ジスルフィド結合を還元して前記標識物質を前記相補鎖から遊離させる手順を含む、請求項6記載の方法。
[請求項8]
機能性核酸分子を細胞内に導入する方法であって、
前記機能性核酸分子を構成し得る、ホスホロチオエート基を有する核酸鎖と、前記機能性核酸分子を構成し得る、水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖を有する核酸鎖と、
求電子剤と、
を細胞内に導入する導入手順を含む方法。
[請求項9]
前記ホスホロチオエート基を有する核酸鎖を、前記求電子剤の作用により、前記水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖と結合させて、前記機能性核酸分子を細胞内で生成させる組立手順を含む、請求項8記載の方法。
[請求項10]
機能性核酸分子を細胞内に導入する方法であって、
前記機能性核酸分子を構成し得る、ホスホロチオエート基を有する核酸鎖と、求電子剤と反応させて、ホスホロチオエート基に求電子剤を結合させる活性化手順と、
前記機能性核酸分子を構成し得る、水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖を有する核酸鎖と、前記求電子剤が結合したホスホロチオエート基を有する核酸鎖と、を細胞内に導入する導入手順と、を含む方法。
[請求項11]
前記求電子剤が結合したホスホロチオエート基を有する核酸鎖を、該求電子剤の作用により、前記水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖と結合させて、前記機能性核酸分子を細胞内で生成させる組立手順を含む、請求項10記載の方法。
[請求項12]
核酸鎖の非酵素的結合のためのキットであって、
核酸鎖をチオリン酸化するための試薬と、
求電子剤と、
5’位又は3’位にアミノ基を有するヌクレオシドと、を含むキット。
[請求項13]
核酸鎖の非酵素的結合のためのキットであって、
ホスホロチオエート基を有する核酸鎖と、
求電子剤と、
水酸基又はアミノ基を有する核酸鎖と、を含んでなるキット。
[請求項14]
ホスホロチオエート基と、該ホスホロチオエート基に結合された求電子基とを有する核酸鎖。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • ABE HIROSHI
  • MARUYAMA HIDETO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Reference ( R and D project ) PRESTO Development and Function of Neural Networks AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close