Top > Search of International Patents > CURABLE COMPOSITION AND CURED BODY THEREOF

CURABLE COMPOSITION AND CURED BODY THEREOF

Foreign code F160008758
File No. (S2014-1429-N0)
Posted date Jun 2, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP004229
International publication number WO 2016027475
Date of international filing Aug 24, 2015
Date of international publication Feb 25, 2016
Priority data
  • P2014-169073 (Aug 22, 2014) JP
Title CURABLE COMPOSITION AND CURED BODY THEREOF
Abstract [Problem] To obtain a one-component curable composition having excellent curing properties, and a cured body of the composition. [Solution] This invention relates to: a curable composition including (A) a cross-linkable silyl group-containing resin, (B) a curing catalyst including (B1) a combination of a titanium chelate and a guanidine compound or (B2) an organic tin compound, (C) a metal alkoxide-modified polysiloxane; and the cured body formed by curing the composition.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
(A)架橋性シリル基含有樹脂と、
(B)チタニウムキレートとグアニジン化合物との組み合せ(B1)または有機錫化合物(B2)を含む硬化触媒と、
(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンと、
を含む硬化性組成物。
[請求項2]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、メトキシシランまたはエトキシシランをオルガノポリシロキサンの主鎖の片末端若しくは両末端あるいは側鎖の片側若しくは両側に有することを特徴とする請求項1に記載の硬化性組成物。
[請求項3]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、前記オルガノポリシロキサンをメトキシシラン若しくはエトキシシランにて修飾したポリジメチルシロキサンまたはメトキシシラン若しくはエトキシシランにて修飾したポリジフェニルジメチルシロキサンであることを特徴とする請求項2に記載の硬化性組成物。
[請求項4]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、数平均分子量(Mn)が150以上のメトキシシランまたは数平均分子量(Mn)が750以上のエトキシシランを含む請求項2または請求項3に記載の硬化性組成物。
[請求項5]
前記メトキシシランは、テトラメトキシシラン、メチルトリメトキシシラン、ジメチルジメトキシシランあるいはメトキシ基を有するシランカップリング剤である請求項2から請求項4のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項6]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、数平均分子量(Mn)が1,300以上のエトキシシランを含む請求項4に記載の硬化性組成物。
[請求項7]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンを形成する以上の余剰の金属アルコキシドを含み、金属アルコキシドの量から算出される理論上の金属アルコキシド修飾ポリシロキサンを100%としたときの実際の前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンの割合が90~99.9%である請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項8]
前記割合が93~99.9%である請求項7に記載の硬化性組成物。
[請求項9]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、重量平均分子量(Mw)が400以下の低分子成分をGPC測定上検出されないものである請求項1から請求項8のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項10]
前記グアニジン化合物を、前記チタニウムキレート1モルに対して、0.1~5モル添加して成ることを特徴とする請求項1から請求項9のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項11]
前記グアニジン化合物を、前記チタニウムキレート1モルに対して、2~5モル添加して成ることを特徴とする請求項10に記載の硬化性組成物。
[請求項12]
前記(C)金属アルコキシド修飾ポリシロキサンは、オルガノポリシロキサン1モルに対して1モルを超える金属アルコキシド若しくはその加水分解縮合物を添加して成ることを特徴とする請求項1から請求項11のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項13]
前記(B)硬化触媒はチタニウムキレートとグアニジン化合物との組み合せ(B1)であって、グアニジン化合物は1,1,3,3-テトラメチルグアニジンおよび1-(o-トリル)ビグアニドの内の少なくともいずれか1つであることを特徴とする請求項1から請求項12のいずれか1項に記載の硬化性組成物。
[請求項14]
請求項1から請求項13のいずれか1項に記載の硬化性組成物を硬化した硬化体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MIE UNIVERSITY
  • Inventor
  • AOKI YUSUKE
  • MIYATA KAZUYO
  • KANO MIKIHITO
  • NAKAMURA SHUHEI
  • TANAKA YOSHIMI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close