Top > Search of International Patents > SPECIFIC MODIFICATION OF ANTIBODY BY IgG-BINDING PEPTIDE

SPECIFIC MODIFICATION OF ANTIBODY BY IgG-BINDING PEPTIDE meetings

Foreign code F160008762
File No. 14P058WO
Posted date Jun 2, 2016
Country WIPO
International application number 2016JP065061
International publication number WO 2016186206
Date of international filing May 20, 2016
Date of international publication Nov 24, 2016
Priority data
  • P2015-103153 (May 20, 2015) JP
Title SPECIFIC MODIFICATION OF ANTIBODY BY IgG-BINDING PEPTIDE meetings
Abstract The present invention pertains to an IgG-binding peptide, an IgG-binding peptide modified with a cross-linking agent, a complex of IgG and said IgG-binding peptide modified with a cross-linking agent, and a method for preparing said complex.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Antibodies, various types of research in the prior art, in the development, detection of target molecules often used and, to a surface of the industry as a detection reagent or diagnostic agents, and are extremely important. In addition, the antibody, specificity for its target molecule from the, also as a medicament for the treatment of disease has attracted attention.
For adding a function of the chemical modifications include, alkaline phosphatase or peroxidase (HRP) (AP) (non-patent document 1-2) such as enzymes, radioactive isotopes and further for iodinated and chelate compounds and the additional (non-patent document 3), a low molecular weight compound such as biotin modifications have been made by (non-patent document 4). These modifications are, mainly lysine amino groups and the thiol group of cysteine, and activated via a carboxyl group has been carried out, but these are specific for functional groups, is not site-specific, such as a modification to the antigen binding site of the antibody and a problem that reduce the activity of the, is difficult to control the number of compounds binding to the above described problem of the like. Antibody pharmaceuticals has recently emerged in antibody drug conjugates (ADC) (non-patent document 5-6), anti-cancer drugs for non-specific antibody which binds to a site, or the activity of the antibody itself is weakened, the anti-cancer agent due to the difficulty of control of the number of bonds subsequent formulation step was the problem of a complicated.
In order to overcome such a problem, site-specific specific functional groups introduced using antibodies, modified antibodies is performed. For example, non-natural amino acid cysteine or a free (non-patent document 7-9) to (non-patent document 10-11), genetically engineered by the modification of a specific site by introducing, at a specific site of modifications was possible. Using the transglutaminase (TG), a naturally occurring or artificially introduced into the in antibodies specific for modification of glutamine to target is reported (non-patent document 12-13), the structure of the compound and introducing, the glutamine residue of the target by a spatial environment is greatly affected the reaction yield is known. Further, on the sugar chain of the antibody Fc modified techniques can also be utilized to target and (non-patent document 14-15), these methods are site-specific but, since the oxide require modification of the sugar chain, the complexity of the reaction step which is problematic. In this way is site-specific modification of antibodies having been developed in the art, in many cases, the antibody itself need to be engineered antibody, with the modification of functions of the antibody does not necessarily have to consider the cost of development and not necessarily advantageous.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
下記の式I:
(X1-3)-C-(X2)-H-(Xaa1)-G-(Xaa2)-L-V-W-C-(X1-3)  (I)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Xaa2はグルタミン酸残基又はアスパラギン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、かつ
Wはトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgG及び/又はウサギIgGと結合可能であることを特徴とするペプチド。
[請求項2]
下記の式II:
(X1-3)-C-(Xaa3)-(Xaa4)-H-(Xaa1)-G-(Xaa2)-L-V-W-C-(X1-3)  (II)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Xaa2はグルタミン酸残基又はアスパラギン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、
Wはトリプトファン残基であり、
Xaa3はアラニン残基、セリン残基又はトレオニン残基であり、かつ
Xaa4はチロシン残基又はトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgG及び/又はウサギIgGと結合可能であることを特徴とする、請求項1に記載のペプチド。
[請求項3]
下記の式III:
(X1-3)-C-A-Y-H-(Xaa1)-G-E-L-V-W-C-(X1-3)  (III)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Aはアラニン残基であり、
Yはチロシン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Eはグルタミン酸残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、かつ
Wはトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgG及び/又はウサギIgGと結合可能であることを特徴とする、請求項1又は2に記載のペプチド。
[請求項4]
17アミノ酸残基とした場合の、N末端から1~3、15~17番目の各アミノ酸残基が、
1番目のアミノ酸残基= S、G、F又は、なし
2番目のアミノ酸残基= D、G、A、S、P、ホモシステイン、又は、なし
3番目のアミノ酸残基= S、D、T、N、E又はR、
15番目のアミノ酸残基= S、T又はD、
16番目のアミノ酸残基= H、G、Y、T、N、D、F、ホモシステイン、又は、なし、
17番目のアミノ酸残基= Y、F、H、M又は、なし
である、請求項1~3のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項5]
以下の1)~15)のいずれかのアミノ酸配列からなる、ただし、Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、Xaa2はホモシステインである、請求項4に記載のペプチド。
1)DCAYH(Xaa1)GELVWCT(配列番号1)
2)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号2)
3)RCAYH(Xaa1)GELVWCS(配列番号3)
4)GPRCAYH(Xaa1)GELVWCSFH(配列番号4)
5)SPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号5)
6)GDDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号6)
7)GPSCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号7)
8)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCSFH(配列番号8)
9)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTHH(配列番号9)
10)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号10)
11)SPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号11)
12)SDDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号12)
13)RGNCAYH(Xaa1)GQLVWCTYH(配列番号13)
14)G(Xaa2)DCAYH(Xaa1)GELVWCT(Xaa2)H(配列番号36)
15)RRGPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号37)
[請求項6]
下記の式IV:
D-C-(Xaa3)-(Xaa4)-H-(Xaa1)-G-(Xaa2)-L-V-W-C-T  (IV)
(式中、
Dはアスパラギン酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Xaa2はグルタミン酸残基又はアスパラギン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、
Wはトリプトファン残基であり、
Tはトレオニン残基であり、
Xaa3はアラニン残基又はトレオニン残基であり、かつ、
Xaa4はチロシン残基又はトリプトファン残基である。)によって表される、13アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgG及び/又はウサギIgGと結合可能であることを特徴とする、請求項1又は2に記載のペプチド。
[請求項7]
以下の1)~4)のいずれかのアミノ酸配列からなる、ただし、Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸である、請求項6に記載のペプチド。
1)DCTYH(Xaa1)GNLVWCT(配列番号14)
2)DCAYH(Xaa1)GNLVWCT(配列番号15)
3)DCTYH(Xaa1)GELVWCT(配列番号16)
4)DCAWH(Xaa1)GELVWCT(配列番号17)
[請求項8]
下記の式V:
D-C-(Xaa2)-(Xaa3)-(Xaa4)-(Xaa1)-G-(Xaa5)-L-(Xaa6)-W-C-T  (V)
(式中、
Dはアスパラギン酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Gはグリシン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Wはトリプトファン残基であり、
Tはトレオニン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Xaa2はアラニン残基、セリン残基又はトレオニン残基であり、
Xaa3はトリプトファン残基又はチロシン残基であり、
Xaa4はヒスチジン残基、アルギニン残基、セリン残基又はトレオニン残基であり、
Xaa5はグルタミン酸残基、アスパラギン残基、アルギニン残基、又はアスパラギン酸残基であり、かつ
Xaa6はイソロイシン残基又はバリン残基である)によって表される、13アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgG及び/又はウサギIgGと結合可能であることを特徴とするペプチド。
[請求項9]
ペプチドが外側の2つのシステイン(C)残基間でジスルフィド結合を形成しているか、又はペプチドの外側の2つのシステイン残基中のスルフィド基が、以下の式:
[化1]
で表されるリンカーにより連結されている、請求項1~8のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項10]
標識物質により標識されている、請求項1~9のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項11]
薬剤が結合している、請求項1~10のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項12]
Xaa1がリシン残基である、請求項1~11のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項13]
Xaa1が架橋剤で修飾されている、請求項1~12のいずれか一項に記載のペプチド。
[請求項14]
前記架橋剤が、DSG(ジスクシンイミジルグルタレート)、DSS(ジスクシンイミジルスベレート)、DMA(アジプイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DMP(ピメルイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DMS(スベルイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DTBP(3,3'-ジチオビスプロピオンイミド酸ジメチル二塩酸塩)、及びDSP(ジチオビススクシンイミジルプロピオン酸)からなる群より選択される、請求項13に記載のペプチド。
[請求項15]
前記架橋剤がDSG(ジスクシンイミジルグルタレート)又はDSS(ジスクシンイミジルスベレート)である、請求項14に記載のペプチド。
[請求項16]
請求項13~15のいずれか一項に記載のペプチドとIgGとの複合体であって、架橋剤で修飾されているペプチドとIgGの架橋反応によって形成される、前記複合体。
[請求項17]
請求項13~15のいずれか一項に記載のペプチドとIgGを混合し、架橋剤で修飾されているペプチドとIgGを架橋反応させる工程を含む、ペプチドとIgGの複合体を生産する方法。
[請求項18]
請求項1~15のいずれか一項に記載のペプチド、又は請求項16に記載の複合体を含む、医薬組成物。
[請求項19]
システイン残基を2つ以上含むペプチドと、以下の式:
[化2]
で表される化合物(式中、R1及びR2は、各々独立的に任意のハロゲン原子である)を混合し、2つ以上のシステイン残基中のスルフィド基が、以下の式:
[化3]
で表されるリンカーにより連結されたペプチドを得る工程を含む、2つ以上のシステイン残基がリンカーにより連結されたペプチドを生産する方法。
[請求項20]
前記化合物において、R1及びR2が同一であり、かつCl、Br、又はIである、請求項19に記載の方法。
[請求項21]
前記ペプチドが、請求項1~8及び10~15のいずれか一項に規定されるペプチドである、請求項19又は20に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KAGOSHIMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • ITO Yuji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Reference ( R and D project ) AMED Basic Science and Plateform Tachnolohgy Program for Innovative Biological Medicine AREA
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close