Top > Search of International Patents > ADSORPTION REFRIGERATOR AND ADSORPTION REFRIGERATION METHOD

ADSORPTION REFRIGERATOR AND ADSORPTION REFRIGERATION METHOD

Foreign code F160008764
File No. (S2014-1358-N0)
Posted date Jun 2, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP071677
International publication number WO 2016031484
Date of international filing Jul 30, 2015
Date of international publication Mar 3, 2016
Priority data
  • P2014-175365 (Aug 29, 2014) JP
Title ADSORPTION REFRIGERATOR AND ADSORPTION REFRIGERATION METHOD
Abstract Conventional adsorption refrigerators contain six large adsorption reactors and are rather large as a result, causing the problem of requiring a large installation space. This adsorption refrigerator is provided with: an evaporator that generates cold by vaporizing a liquefied refrigerant; a first adsorption reaction unit in which the vaporized refrigerant produced by the evaporator is adsorbed and revaporized; a second adsorption reaction unit in which the vaporized refrigerant produced by the first adsorption reactor is adsorbed and revaporized; and a condenser that cools and thereby liquefies the vaporized refrigerant produced by the second adsorption reaction unit and supplies the liquefied refrigerant to the evaporator; wherein at least one of the first adsorption reaction unit and the second adsorption reaction unit contains two or more adsorption reactors, a first connecting pipe that connects the two adsorption reactors, and a first control valve that controls the opening and closing of the first connecting pipe.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
液化した冷媒を気化させることで冷熱を発生させる蒸発器と、
前記蒸発器から生じる気化された前記冷媒を吸着させてから再び気化させる第1の吸着反応部と、
前記第1の吸着反応部から生じる気化された前記冷媒を吸着させてから再び気化させる第2の吸着反応部と、
前記第2の吸着反応部から生じる気化された前記冷媒を冷却することで液化させて、前記蒸発器へ供給する凝縮器と
を備え、
前記第1の吸着反応部および前記第2の吸着反応部の少なくとも一方は、
少なくとも2つの吸着反応器と、
前記2つの吸着反応器を連結する第1の連結管と、
前記第1の連結管の開閉を制御する第1の制御バルブと
を含む吸着冷凍機。
[請求項2]
前記少なくとも一方は前記第1の吸着反応部であり、
前記第2の吸着反応部は、前記少なくとも2つの吸着反応器が連結される1つの吸着反応器を有する請求項1に記載の吸着冷凍機。
[請求項3]
前記2つの吸着反応器の一方と前記蒸発器とを連結する第2の連結管と、前記第2の連結管の開閉を制御する第2の制御バルブと、前記2つの吸着反応器の他方と前記蒸発器とを連結する第3の連結管と、前記第3の連結管の開閉を制御する第3の制御バルブとを含み、前記第1の制御バルブが開いている場合に、前記第2の制御バルブおよび前記第3の制御バルブは閉じる請求項2に記載の吸着冷凍機。
[請求項4]
前記第2の吸着反応部の前記1つの吸着反応器における冷媒吸着量は、前記第1の吸着反応部の前記少なくとも2つの吸着反応器の何れの冷媒吸着量よりも多い請求項3に記載の吸着冷凍機。
[請求項5]
蒸発器において、液化した冷媒を気化させることで冷熱を発生させる蒸発段階と、
第1の吸着反応部において、前記蒸発器から生じる気化された前記冷媒を吸着させてから再び気化させる第1の吸着反応段階と、
第2の吸着反応部において、前記第1の吸着反応部から生じる気化された前記冷媒を吸着させてから再び気化させる第2の吸着反応段階と、
凝縮器において、前記第2の吸着反応部から生じる気化された前記冷媒を冷却することで液化させて、前記蒸発器へ供給する凝縮段階と、
を備え、
前記第1の吸着反応段階および前記第2の吸着反応段階の少なくとも一方は、
前記第1の吸着反応部および前記第2の吸着反応部の少なくとも一方に含まれる少なくとも2つの吸着反応器を連結する第1の連結段階を含む吸着冷凍方法。
[請求項6]
前記2つの吸着反応器の一方と前記蒸発器とを連結する第2の連結段階と、
前記2つの吸着反応器の他方と前記蒸発器とを連結する第3の連結段階と、
を含み、前記第1の連結段階が実行されている場合には、前記第2の連結段階および前記第3の連結段階を実行しない請求項5に記載の吸着冷凍方法。
[請求項7]
前記第1の吸着反応段階および前記第2の吸着反応段階の何れかに供給される温水の温度が予め定められた温度より低い場合には、前記第1の連結段階を実行して、前記温水の温度が予め定められた温度より高い場合には、前記第1の連結段階を実行しない請求項5または6に記載の吸着冷凍方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • AKISAWA ATSUSHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close