Top > Search of International Patents > METHOD FOR ENHANCING IMMUNE CELL FUNCTION AND METHOD FOR ASSESSING IMMUNE CELL MULTIFUNCTIONALITY

METHOD FOR ENHANCING IMMUNE CELL FUNCTION AND METHOD FOR ASSESSING IMMUNE CELL MULTIFUNCTIONALITY

Foreign code F160008765
File No. (S2014-1375-N0)
Posted date Jun 2, 2016
Country WIPO
International application number 2015JP073011
International publication number WO 2016027764
Date of international filing Aug 17, 2015
Date of international publication Feb 25, 2016
Priority data
  • P2014-166593 (Aug 19, 2014) JP
  • P2015-085556 (Apr 20, 2015) JP
Title METHOD FOR ENHANCING IMMUNE CELL FUNCTION AND METHOD FOR ASSESSING IMMUNE CELL MULTIFUNCTIONALITY
Abstract Provided are: a method for enhancing immune cell function by activating ex vivo various immune cells; and immune cells with enhanced function. Further provided is a method for assessing cell multifunctionality related to immunity. The multifunctionality of immune cells can be enhanced using a biguanide-based antidiabetic medication selected from any one of metformin, phenformin and buformin to increase CD8+ T cells, which have a high capacity for producing IL-2, TNFα, and IFNγ. Cell multifunctionality related to immunity can be assessed by comparing the multifunctionality of immune cells treated with a biguanide-based antidiabetic medication selected from any one of metformin, phenformin and buformin, and control immune cells not treated with the biguanide-based antidiabetic medication. If the immune cells treated with a biguanide-based antidiabetic medication selected from any one of metformin, phenformin and buformin have significantly improved multifunctionality compared to the control cells, said immune cells can be assessed as having improved sensitivity to said drug.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
採取した免疫細胞を、メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含む薬剤で、in vitroで処理することを特徴とする免疫細胞の機能増強方法。
[請求項2]
免疫細胞が、CD8+T細胞、CD4+T細胞、NK細胞、γδT細胞、NKT細胞、B細胞及び骨髄細胞から選択されるいずれかの細胞である、請求項1に記載の免疫細胞の機能増強方法。
[請求項3]
請求項1又は2記載の方法により機能が増強された免疫細胞。
[請求項4]
請求項1~3のいずれかに記載の方法により機能が増強された免疫細胞を有効成分として含む、免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項5]
免疫能異常に伴う疾患が、がん、感染症及び自己免疫性疾患から選択されるいずれかの疾患である請求項4に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項6]
採取した免疫細胞をメトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含む薬剤で、in vitroで処理し、当該処理した細胞についてIL-2、TNFα及びIFNγの3種類のサイトカインの産生能を測定し、当該3種類のサイトカイン産生能がいずれも陽性である細胞の陽性率を測定することを特徴とする、採取した免疫細胞の多機能性の評価方法。
[請求項7]
採取した免疫細胞について、さらにTim-3及び/又はPD-1の発現を測定する工程を含む、請求項6に記載の多機能性の評価方法。
[請求項8]
免疫細胞が、CD8+T細胞、CD4+T細胞、NK細胞、γδT細胞、NKT細胞、B細胞及び骨髄細胞から選択されるいずれかの細胞である、請求項6又は7に記載の多機能性の評価方法。
[請求項9]
請求項6~8のいずれかに記載の多機能性の評価方法を利用することを特徴とする、免疫能異常に伴う疾患の検査方法。
[請求項10]
免疫能異常に伴う疾患の検査が、当該疾患に対する薬剤の有効性の予測、疾患の重症度予測、疾患の予後予測、又は疾患の発症予測判断の補助のための検査である、請求項9に記載の検査方法。
[請求項11]
当該疾患に対する薬剤が、メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含む薬剤である、請求項10に記載の検査方法。
[請求項12]
請求項9~11のいずれかに記載の検査方法を用いて検査した後に使用する、メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含む、免疫異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項13]
免疫能異常に伴う疾患が、がん、感染症及び自己免疫性疾患から選択されるいずれかの疾患である、請求項12に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項14]
メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含み、免疫抑制因子解除剤及び共刺激受容体作動薬から選択されるいずれか1種以上の薬剤と組み合わせて投与することを特徴とする免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項15]
免疫抑制因子解除剤及び共刺激受容体作動薬から選択されるいずれか1種以上の薬剤を有効成分として含み、メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬と組み合わせて投与することを特徴とする免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項16]
免疫抑制因子解除剤が、抗CTLA-4抗体、抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体、抗PD-L2抗体、PD-L1融合タンパク質、PD-L2融合タンパク質、抗Tim-3抗体、抗LAG-3抗体、抗BTLA抗体及び抗VISTA抗体から選択されるいずれか1種又は任意の複数種の抗体あるいは融合タンパク質である、請求項14又は15に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項17]
抗CTLA-4抗体がIpilimumab又はTremelimumabであり、抗PD-1抗体がNivolumab、Pembrolizumab、PDR-001、REGN-2810、BGB-A317又はAMP-514であり、抗PD-L1抗体がAtezolizumab、Avelumab、Durvalumab又はBMS-936559であり、PD-L2融合タンパク質がAMP-224である請求項16に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項18]
共刺激受容体作動薬が、抗CD137抗体、抗OX40抗体、抗HVEM抗体、抗CD27抗体、抗GITR抗体及び抗CD28抗体から選択されるいずれか1種又は任意の複数種の抗体である、請求項14又は15に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項19]
メトホルミン、フェンホルミン及びブホルミンから選択されるいずれかのビグアニド系抗糖尿病薬を有効成分として含み、がんワクチンと組み合わせて投与することを特徴とする免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項20]
がんワクチンが、がんペプチドワクチン、がんタンパク質ワクチン、樹状細胞ワクチン、ウイルス感染によって発癌することが証明されているがんに対するワクチンである、請求項19に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項21]
免疫能異常に伴う疾患が、がん、感染症及び自己免疫性疾患から選択されるいずれかの疾患である、請求項13~20のいずれかに記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項22]
がんが、頭頸部癌、食道癌、胃癌、大腸癌、結腸癌、直腸癌、肝臓癌、胆嚢・胆管癌、胆道癌、膵臓癌、肺癌、乳癌、卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌、膣癌、外陰部癌、腎癌、尿路上皮癌、前立腺癌、精巣腫瘍、骨・軟部肉腫、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、成人T細胞白血病、多発性骨髄腫、皮膚癌、脳腫瘍、胸膜中皮腫及び原発不明がんから選択されるいずれか1種以上のがんである請求項21に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項23]
がんの治療が、がんの進行抑制であり、がんの予防が、がんの再発予防である請求項21又は22に記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
[請求項24]
抗PD-1抗体を有効成分として含み、メトホルミンと組み合わせて投与されることを特徴とする、頭頸部癌、食道癌、胃癌、大腸癌、肝細胞癌、膵臓癌、非小細胞肺癌、小細胞肺癌、乳癌、卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌、膣癌、外陰部癌、腎細胞癌、尿路上皮癌、ホジキンリンパ腫、濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫、多発性骨髄腫、悪性黒色腫及び膠芽腫及び胸膜中皮腫から選択されるいずれか1種以上のがんの進行抑制、治療、予防及び/又は再発予防剤。
[請求項25]
請求項9~11のいずれかに記載の検査方法を用いて検査した後に使用する、請求項14~24のいずれかに記載の免疫能異常に伴う疾患の治療及び/又は予防剤。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • UDONO HEIICHIRO
  • EIKAWA SHINGO
  • TOYOOKA SHIN-ICHI
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close