Top > Search of International Patents > FILM HAVING METALLIC LUSTER, ARTICLE HAVING SAID FILM FORMED THEREON, AND MANUFACTURING METHOD FOR FILM HAVING METALLIC LUSTER

FILM HAVING METALLIC LUSTER, ARTICLE HAVING SAID FILM FORMED THEREON, AND MANUFACTURING METHOD FOR FILM HAVING METALLIC LUSTER

Foreign code F160008773
File No. P12-023PCT
Posted date Jun 23, 2016
Country WIPO
International application number 2013JP070816
International publication number WO 2014021405
Date of international filing Jul 31, 2013
Date of international publication Feb 6, 2014
Priority data
  • P2012-170468 (Jul 31, 2012) JP
Title FILM HAVING METALLIC LUSTER, ARTICLE HAVING SAID FILM FORMED THEREON, AND MANUFACTURING METHOD FOR FILM HAVING METALLIC LUSTER
Abstract Provided are a film having a metallic luster, said film being easier to manufacture and exhibiting little degradation over time, an article having the film formed thereon, and a manufacturing method for the film having a metallic luster. The film, which has a metallic luster, according to one aspect of the present invention is characterized by containing a thiophene polymer. The manufacturing method for the film, which has a metallic luster, according to another aspect of the present invention is characterized by thiophene being polymerized using an oxidizing agent and made into a solution containing the thiophene polymer, and then coating and drying the solution containing the thiophene polymer on an article. The article having the film, which has a metallic luster, formed thereon according to another aspect of the present invention is characterized by containing a thiophene polymer.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
重量平均分子量の分布ピークが200以上30000以下の範囲内にあるチオフェン重合体を含む金属光沢を有する膜。
[請求項2]
前記チオフェン重合体は、炭素数が1又は2のアルコキシチオフェン及びアルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものである請求項1記載の金属光沢を有する膜。
[請求項3]
前記チオフェン重合体は、層状の配向構造を有する請求項1記載の金属光沢を有する膜。
[請求項4]
前記チオフェン重合体は、アルコキシチオフェン、アミノチオフェン、ヒドロキシチオフェン、及び、アルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものである請求項1記載の金属光沢を有する膜。
[請求項5]
前記チオフェン重合体は、過塩素酸イオン、ヘキサフルオロリン酸イオン、テトラフルオロホウ酸イオン、塩化物イオン、及び、パラトルエンスルホン酸イオンの少なくともいずれかがドーピングされたものである請求項1記載の金属光沢を有する膜。
[請求項6]
化学重合法により重合されたものである請求項1記載の金属光沢を有する膜。
[請求項7]
重量平均分子量の分布のピークが200以上30000以下の範囲内にあるチオフェン重合体を含む金属光沢を有する膜が形成されてなる物品。
[請求項8]
前記チオフェン重合体は、炭素数が1又は2のアルコキシチオフェン及びアルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものである請求項7記載の物品。
[請求項9]
前記チオフェン重合体は、層状の配向構造を有する請求項7記載の物品。
[請求項10]
前記チオフェン重合体は、アルコキシチオフェン、アミノチオフェン、ヒドロキシチオフェン、及び、アルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものである請求項7記載の物品。
[請求項11]
前記チオフェン重合体は、過塩素酸イオン、ヘキサフルオロリン酸イオン、テトラフルオロホウ酸イオン、塩化物イオン、及び、アルキルチオフェンの少なくともいずれかがドーピングされたものである請求項7記載の物品。
[請求項12]
前記膜は、化学重合法により重合されたものである請求項7記載の物品
[請求項13]
酸化剤を用いてチオフェンを重量平均分子量の分布のピークが200以上30000以下の範囲内となるよう重合してチオフェン重合体を含む溶液とし、
前記チオフェン重合体を含む溶液を物品に塗布して乾燥させる、金属光沢を有する膜の製造方法。
[請求項14]
前記チオフェン重合体は、炭素数が1又は2のアルコキシチオフェン及びアルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものである請求項13記載の金属光沢を有する膜の製造方法。
[請求項15]
前記チオフェン重合体は、層状の配向構造を有する請求項13記載の金属光沢を有する膜の製造方法。
[請求項16]
前記チオフェン重合体を含む溶液を少なくとも一度乾燥させてチオフェン重合体を含む粉末を得たのち、再び溶媒を加えて前記チオフェン重合体を含む溶液を作製する請求項13記載の金属光沢を有する膜の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION CHIBA UNIVERSITY
  • Inventor
  • HOSHINO KATSUYOSHI
  • TAGAWA REO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close