Top > Search of International Patents > TARGET ANALYSIS CHIP AND TARGET ANALYSIS METHOD

TARGET ANALYSIS CHIP AND TARGET ANALYSIS METHOD

Foreign code F160008847
File No. (S2015-0396-N0)
Posted date Sep 23, 2016
Country WIPO
International application number 2016JP051925
International publication number WO 2016117700
Date of international filing Jan 22, 2016
Date of international publication Jul 28, 2016
Priority data
  • P2015-010639 (Jan 22, 2015) JP
Title TARGET ANALYSIS CHIP AND TARGET ANALYSIS METHOD
Abstract The present invention provides a novel target analysis chip and analysis method for directly detecting a target including micro RNAs without performing PCR. The target analysis chip according to the present invention includes a substrate. The substrate includes a reaction part where a sample containing a target is reacted with a reagent, a detection part that is an area where a label is to be detected, and a flow channel that connects the reaction part to the detection part. The reagent contains a carrier, and the carrier has an immobilized label probe to be bound to the target, and forms a bound body with the target. The flow channel includes a movement controlling means for controlling the movement of the carrier from the reaction part to the detection part. The movement controlling means includes a hydrophobic internal wall in the flow channel. When a centrifugal force (C2) larger than a resistance force (R) caused by the hydrophobicity of the flow channel is applied, the movement controlling means enables the bound body to move to the detection part through the flow channel.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In recent years, such as blood micro RNA RNA association with disease attracted attention and is, the detection of RNA, such as early detection of disease for medical use have been tried.
Of the micro RNA quantitation methods include an, for example, the target micro RNA specifically amplified by the polymerase (PCR) methods for is reported (patent document 1). However, which requires PCR, an apparatus and controlled temperature, and the like are necessary DNA reverse transcription, the operation becomes troublesome. In addition, in the methods, from a small amount of contained in the sample RNA, DNA obtained by reverse transcription, can be further amplified by the PCR. However, such a reverse transcription PCR is, in the sample or of the indirect detection of RNA, is not in a direct detection, in the case of quantitative analysis, a problem that the accuracy is thereby insufficient.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
基板を有し、
前記基板が、ターゲットを含む試料と試薬とを反応させる反応部、標識検出の対象領域である検出部、および前記反応部と前記検出部とを連通する流路を有し、
前記試薬は、担体を有し、
前記担体は、前記ターゲットに結合する標識プローブが固定化されており、且つ前記ターゲットとの結合体を形成するものであり、
前記流路が、前記担体の前記反応部から前記検出部への移動を制御する移動制御手段を有し、
前記移動制御手段が、前記流路における疎水性の内壁を有し、
前記移動制御手段により、前記結合体は、前記流路の疎水性により生じる抵抗力(R)より大きい遠心力(C2)を負荷された場合、前記流路を介して前記検出部に移動できることを特徴とする、ターゲット分析チップ。
[請求項2]
前記流路が、前記反応部側から前記検出部側に向かって、狭窄する構造である、請求項1記載の分析チップ。
[請求項3]
前記検出部の高さが、1~500μmである、請求項1または2記載の分析チップ。
[請求項4]
前記検出部の内部空間の容積が、前記反応部の内部空間の容積よりも小さい、請求項1から3のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項5]
前記担体が、ビーズである、請求項1から5のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項6]
前記ビーズの直径が、100nm~4μmである、請求項5記載の分析チップ。
[請求項7]
前記担体が、シリカ製である、請求項1から6のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項8]
前記流路の側面が、前記反応部から前記検出部側に向かってテーパー状に狭まる曲面である、請求項1から7のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項9]
前記標識プローブの標識が、前記標識プローブが前記ターゲットに結合することにより、シグナル変化する物質である、請求項1から8のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項10]
前記標識が、ピレンを含む物質である、請求項9記載の分析チップ。
[請求項11]
前記標識プローブが、さらにソラレンで修飾されたプローブである、請求項10記載の分析チップ。
[請求項12]
前記ターゲットが、マイクロRNAである、請求項1から11のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項13]
前記標識プローブの量が、1zmol~1nmolである、請求項1から12のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項14]
前記試薬が、さらに界面活性剤を含む、請求項1から13のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項15]
前記反応部が、前記試料が導入される試料導入部を兼ねる、請求項1から14のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項16]
前記基板が、さらに前記試料が導入される試料導入部および前記試料導入部と前記反応部とを連通する流路を含み、
前記試料導入部における前記試料は、前記遠心力(C2)未満の遠心力(C1)によって、前記反応部に移動できる、請求項1から15のいずれか一項に記載の分析チップ。
[請求項17]
前記試料導入部と前記反応部とを連通する流路が、さらにフィルタを有する、請求項16記載の分析チップ。
[請求項18]
請求項1から17のいずれか一項に記載のターゲット分析チップを用い、
前記反応部に、試料および試薬を導入する工程、
前記反応部において、前記試料と、前記標識プローブが固定化された担体とを接触させ、前記試料中のターゲットと前記標識プローブとを結合反応させることにより、前記ターゲットと前記標識プローブとの結合体を形成する工程、
前記反応部における結合体を、前記流路の内壁の疎水性により生じる抵抗力(R)より大きい遠心力(C2)によって、前記検出部に移動させる工程、および、
前記検出部において、前記ターゲットが結合した前記標識プローブの標識を検出することにより、前記試料中のターゲットを分析する工程を含むことを特徴とする、ターゲット分析方法。
[請求項19]
前記反応部において、前記試料と前記担体とを含む混合物を撹拌する、請求項18記載の分析方法。
[請求項20]
前記標識プローブの標識が、前記標識プローブが前記ターゲットに結合することにより、シグナル変化する物質であり、
前記検出部において、前記標識のシグナル変化を検出する、請求項18または19記載の分析方法。
[請求項21]
前記標識が、ピレンを含む物質であり、
前記検出部に紫外光を照射し、波長450~510nmの蛍光シグナルを検出する、請求項20記載の分析方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • ARKRAY, INC.
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KYOTO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • MURAKAMI Akira
  • KOBORI Akio
  • YAMAYOSHI Asako
  • NODA Yuichiro
  • KONDO Masayuki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close