Top > Search of International Patents > SCINTILLATOR AND RADIATION DOSIMETER USING SAME

SCINTILLATOR AND RADIATION DOSIMETER USING SAME

Foreign code F160008855
File No. (S2015-0542-N0)
Posted date Sep 23, 2016
Country WIPO
International application number 2016JP054016
International publication number WO 2016129651
Date of international filing Feb 10, 2016
Date of international publication Aug 18, 2016
Priority data
  • P2015-025382 (Feb 12, 2015) JP
Title SCINTILLATOR AND RADIATION DOSIMETER USING SAME
Abstract Provided are a scintillator with improved energy sensitivity dependence within the energy range of diagnostic X-rays, more specifically in the range of 40-150 kV, and a radiation dosimeter using same. Due to the scintillator comprising a photopolymer resin that contains a polymerizable monomer, a filler and a photoinitiator, energy sensitivity dependence within the range of 40-150 kV is improved. Furthermore, changes in relative sensitivity within this energy range can be reduced to 3% or less by containing an inorganic fluorescent substance such as Zn2SiO4.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
A highly-responsive body insertable and real-time as a dosimeter, the scintillator and the optical fiber a combination of the very small dosimeter is (SOF dosimeter) have been developed. Such SOF is, using Ir-192 dose measuring device at the time of brachytherapy but developed as, application to X-ray dose measurement it is also possible.
However, for the treatment of γ diagnostic X line is relatively low compared to the ones in energy, the energy in the range of 40 kv - 150 kv tube voltage sensitivity dependence and not to be taken into account.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
重合性モノマーと、
フィラーと、
光重合開始剤と、
を含有する光重合レジンからなることを特徴とするシンチレータ。
[請求項2]
請求項1に記載のシンチレータにおいて、
前記光重合レジンは、無機蛍光物質をさらに含有することを特徴とするシンチレータ。
[請求項3]
請求項2に記載のシンチレータにおいて、
前記無機蛍光物質は、その40kV~150kVのX線エネルギ範囲の相対感度特性が、前記光重合レジンの相対感度特性と相補的関係にあることを特徴とするシンチレータ。
[請求項4]
請求項2に記載のシンチレータにおいて、
前記無機蛍光物質は、Zn2SiO4であることを特徴とするシンチレータ。
[請求項5]
請求項4に記載のシンチレータにおいて、
前記無機蛍光物質の含有量は、0.01重量%~1重量%であることを特徴とするシンチレータ。
[請求項6]
請求項1に記載のシンチレータにおいて、
前記重合性モノマーは、多官能メタクリレートを含有することを特徴とするシンチレータ。
[請求項7]
請求項1に記載のシンチレータにおいて、
前記光重合開始剤は、カンファーキノンとアミン類を含有することを特徴とするシンチレータ。
[請求項8]
請求項1に記載のシンチレータにおいて、
前記重合性モノマーは、多官能メタクリレートを含有し、
前記光重合開始剤は、カンファーキノンとアミン類を含有し、
前記光重合レジンは、無機蛍光物質を含有するとともに、前記無機蛍光物質は、その40kV~150kVのX線エネルギ範囲の相対感度特性が、前記光重合レジンの相対感度特性と相補的関係にある
ことを特徴とするシンチレータ。
[請求項9]
請求項8に記載のシンチレータにおいて、
前記無機蛍光物質は、Zn2SiO4、BaAl12O19、BaMgAl14O23の少なくともいずれかを含有する
ことを特徴とするシンチレータ。
[請求項10]
請求項1~9のいずれかに記載のシンチレータと、
前記シンチレータからの光を電気信号に変換する光電変換器と、
前記光電変換器からの出力について、その強度が所定の閾値以上のイベント数をカウントするカウンタと、
前記カウンタのカウント値を放射線の線量に変換して出力する算出部と、
を備えることを特徴とする放射線線量計。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY
  • Inventor
  • ISHIKAWA Masayori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close