Top > Search of International Patents > MEMORY-IMPROVING AGENT AND USE THEREOF

MEMORY-IMPROVING AGENT AND USE THEREOF

Foreign code F170008917
File No. (S2015-0748-N0)
Posted date Jan 13, 2017
Country WIPO
International application number 2016JP062006
International publication number WO 2016167318
Date of international filing Apr 14, 2016
Date of international publication Oct 20, 2016
Priority data
  • P2015-084402 (Apr 16, 2015) JP
Title MEMORY-IMPROVING AGENT AND USE THEREOF
Abstract Provided are: a memory-improving agent and memory-improving composition containing as an active ingredient a compound that is an inverse agonist of opioid δ receptors, a pharmacologically acceptable salt thereof, or a solvate of these; and a compound represented by formula (5), a pharmacologically acceptable salt thereof, or a solvate of these.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Opioid receptor, the action of morphine-like substances (opioid) involved in expression of cell surface receptor proteins and, at least, μ (hereinafter, 'opioid μ receptor' is referred.), Κ (hereinafter, 'opioid κ receptor' is referred.), Δ (hereinafter, 'opioid δ receptor' is referred.) Of the known subtypes of 3.
Of the thalamus and cerebral cortex stimulation of opioid μ receptor, the activation of the descending suppressive system, exhibit analgesic effect indirectly. In addition, the opioid μ receptor present in the spinal cord dorsal horn upon stimulation, directly inhibit the transmission of the noxious stimulus, exhibit analgesic effect. Opioid μ receptors include, other than these, reduced gastrointestinal movement, miosis, euphoria feeling, bradycardia, neurotransmitters such as suppressing effects on has been known.
Κ opioid receptors, the hypothalamus, and are present in the spinal cord, spinal opioid κ receptor activated, pain relief or sedation, miosis, bradycardia known to occur.
The channel system opioid δ receptor is present more on the extrapyramidal, emotion, control of the neurotransmitter, been implicated depends on, and is considered to be a weak analgesic effect. Δ opioid receptor ligands include, naruto le indole (NTI), narutoriben (NTB), 7 - (BNTX) benzylidene naltrexone and the like are known (for example, see non-patent document 1-3).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
オピオイドδ受容体のインバースアゴニストである化合物、その薬学的に許容される塩、又はそれらの溶媒和物を有効成分として含有する、記憶改善剤。
[請求項2]
前記インバースアゴニストが、下記式(1)で表される化合物である、請求項1に記載の記憶改善剤。
[化1]
[式(1)中、R1は、いずれも置換されていてもよい、炭素数1~5のアルキル基、炭素数4~7のシクロアルキルアルキル基、炭素数5~7のシクロアルケニルアルキル基、炭素数6~12のアリール基、炭素数6~12のヘテロアリール基、炭素数7~13のアラルキル基、炭素数4~7のアルケニル基、アリル基、炭素数1~5のフラン-2-イルアルキル基、炭素数1~5のチオフェン-2-イルアルキル基、炭素数1~6のハロゲン化アルキル基、炭素数1~6のアルキルカルボニル基、炭素数1~6のシクロアルキルカルボニル基、炭素数7~13のアリールカルボニル基、炭素数6~12のヘテロアリールカルボニル基、炭素数6~12のアリールアルキルカルボニル基、炭素数6~12のヘテロアリールアルキルカルボニル基、炭素数1~6のアルケニルカルボニル基を表し、R2及びR3は、それぞれ独立に、水素原子、ヒドロキシ基、炭素数1~5のアルカノルオキシ基、炭素数1~5のアルコキシ基、炭素数7~13のアリールカルボニルオキシ基又は炭素数7~13のアラルキルオキシ基を表し、Xは、下記式(2)
[化2]
[式(2)中、R4は、水素原子、炭素数1~5のアルキル基若しくは炭素数7~13のアラルキル基を表し、R5、R6及びR7は、それぞれ独立に、水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、ニトロ基、イソチオシアナト基、トリフルオロメチル基、トリフルオロメトキシ基、シアノ基、フェニル基、アミノ基、炭素数1~5のアルキル基、炭素数1~5のアルコキシ基、炭素数1~3のヒドロキシアルキル基、炭素数3~7のシクロアルキル基、SR8、SOR8、SO2R8、(CH2mCO2R8(但し、mは0~3の整数、R8は炭素数1~5のアルキル基を表す。)、SO2NR9R10、CONR9R10若しくは(CH2nNR9R10(但し、nは0~3の整数、R9、R10はそれぞれ独立に水素原子、炭素数1~5のアルキル基若しくは炭素数4~6のシクロアルキルアルキル基を表す。)を表すか、又はR7は前記定義に同じでかつ、R5及びR6を結合して(1)炭素数3~6のアルキレン基(但し、アルキレン部の水素はR11(R11は炭素数1~5のアルキル基、炭素数1~5のアルコキシ基、炭素数1~5のアルカノイル基、炭素数1~5のヒドロキシアルキル基、SR8、SOR8、SO2R8、(CH2mCO2R8、SO2NR9R10、CONR9R10、(CH2nNR9R10(但し、m、n、R8、R9及びR10は前記定義に同じである。))で置換されていてもよく、かつアルキレン基はベンゼン環の隣接する炭素に結合して環を形成する。)、若しくは(2)-S=T-U=V-(S、T、U及びVは窒素原子若しくはCH(但し、水素原子はR12(R12はフッ素原子、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、ニトロ基、イソチオシアナト基、トリフルオロメチル基、トリフルオロメトキシ基、シアノ基、フェニル基、炭素数1~5のアルキル基、炭素数1~5のアルコキシ基、炭素数1~3のヒドロキシアルキル基、SR8、SOR8、SO2R8、(CH2mCO2R8、SO2NR9R10、CONR9R10若しくは(CH2nNR9R10(但し、m、n、R8、R9及びR10は前記定義に同じである。))で置換されていてもよく、かつベンゼン環の隣接する炭素に結合して環を形成する。)を表す。]又は下記式(3)
[化3]
[式(3)中、R13及びR14は、それぞれ独立に、水素原子、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、ニトロ基、アミノ基、炭素数1~5のアルキル基若しくは炭素数1~5のアルコキシ基を表すか、又はR13及びR14が一緒になってベンゾ基を表す。]又は下記式(4)
[化4]
[式(4)中、R5、R6及びR7は前記定義に同じである。]を表す。]
[請求項3]
前記R1が、いずれも置換されていてもよい、ベンジル基、ヘテロアリールメチル基、炭素数1~6のフルオロアルキル基、炭素数1~6のシクロアルキルカルボニル基、炭素数7~13のアリールカルボニル基又は炭素数6~12のヘテロアリールカルボニル基である、請求項1又は2に記載の記憶改善剤。
[請求項4]
請求項1~3のいずれか一項に記載の記憶改善剤及び薬学的に許容される担体を含有する記憶改善用組成物。
[請求項5]
下記式(5)で表される化合物、その薬学的に許容される塩、又はそれらの溶媒和物。
[化5]
[式(5)中、R1bは、いずれも置換されていてもよい、炭素数1~6のアルキルカルボニル基、炭素数1~6のシクロアルキルカルボニル基、炭素数7~13のアリールカルボニル基、炭素数6~12のヘテロアリールカルボニル基、炭素数6~12のアリールアルキルカルボニル基、炭素数6~12のヘテロアリールアルキルカルボニル基、炭素数1~6のアルケニルカルボニル基を表し、R2b、R3b及びXbは、それぞれ前記式(1)におけるR2、R3及びXの定義に同じである。]
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • SCHOOL JURIDICAL PERSON KITASATO INSTITUTE
  • Inventor
  • FUJII Hideaki
  • HIRAYAMA Shigeto
  • TANABE Mitsuo
  • IWAI Takashi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close