Top > Search of International Patents > NON-HUMAN ANIMAL MODEL OF CANCER AND METHOD FOR CONSTRUCTING SAME, CANCER STEM CELL AND METHOD FOR PRODUCING SAME

NON-HUMAN ANIMAL MODEL OF CANCER AND METHOD FOR CONSTRUCTING SAME, CANCER STEM CELL AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings

Foreign code F170009063
File No. S2017-0045-N0
Posted date May 17, 2017
Country WIPO
International application number 2016JP060309
International publication number WO 2016170938
Date of international filing Mar 30, 2016
Date of international publication Oct 27, 2016
Priority data
  • P2015-085851 (Apr 20, 2015) JP
Title NON-HUMAN ANIMAL MODEL OF CANCER AND METHOD FOR CONSTRUCTING SAME, CANCER STEM CELL AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings
Abstract Provided is a non-human animal model of cancer that is constructed by transplanting a cancer stem cell, said cancer stem cell having characteristics of an organ or tissue, into a non-human mammal so as to induce cancer of the organ or tissue therein.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Of the subject material is a carcinogenic risk assessment, mutagenic test or repeat-dose toxicology study, statistical evaluation of the effect of the human or the like has been carried out. However, in recent years cancer study of cancer and cancer tissues of a particular gene mutation only by the uniform collection of cells of the present invention is, heterogeneous nature, have a characteristic in a population of cells, 'cancer-induced micro-environment' the basis of the cancer by 'a cancer stem cell' are created, a cancer stem cell proliferation and differentiation, growth or metastasis of the cancerous tissue infiltration, the, recurrence of the cancer treatment is the cause of failure has been revealed. A cancer stem cell differentiation is unlimited continuously produce cancer cells, proliferate itself. This differentiation promoting the growth of providing a detectable signal in the microenvironment (niche). On the other hand, in the course of this differentiation is not yet been elucidated in detail, the inventors have found that by using iPS cells, cancer derived cell line culture broth to induce cancer stem cell is "niche" has been verified the presence of the (patent document 1).
Conventional, the model of cancer, for example human cancers of the nude mice, skid such as a mouse subcutaneously in immune-compromised mice can be made has been used.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
ある臓器もしくは組織の特性を有するがん幹細胞を非ヒト哺乳動物に移植して、前記臓器もしくは組織のがんを作製してなる、がんの非ヒトモデル動物。
[請求項2]
前記非ヒト哺乳動物が免疫不全の非ヒト哺乳動物であり、前記がん幹細胞を前記臓器もしくは組織のがん細胞とともに非ヒト哺乳動物に移植して、がん幹細胞を保有する前記臓器もしくは組織のがんを作製してなる、請求項1に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項3]
前記がん細胞がヒト由来のがん細胞である、請求項2に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項4]
前記がん幹細胞移植して作製したがんを摘出し、がんを再発させてなる、請求項1に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項5]
前記がん幹細胞とがん細胞を移植して作製したがんを摘出し、がんを再発させてなる、請求項2に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項6]
前記非ヒト哺乳動物とがん幹細胞のMHC(主要組織適合遺伝子複合体)が同一である、請求項1に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項7]
前記がん幹細胞がES細胞から誘導されたものであり、ES細胞とモデル動物のMHCが同一である、請求項6に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項8]
前記臓器もしくは組織が、肝臓、腎臓、肺、胃、大腸、膵臓、胆嚢、卵巣、子宮、前立腺、乳房、甲状腺、血液、リンパ液、骨髄、膀胱、副腎、脳/脊髄からなる群から選ばれる、請求項1~7のいずれか1項に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項9]
多能性幹細胞をある臓器もしくは組織の細胞に分化誘導するプロセスにおいて不死化細胞の培地に含まれる培養成分を含む培地を使用して特定の臓器もしくは組織の性質を有するがん幹細胞を作製する工程、前記がん幹細胞を非ヒト哺乳動物に移植して、前記がん幹細胞と同じ特定の臓器もしくは組織にがんを作製する工程を含む、がんの非ヒトモデル動物の作製方法。
[請求項10]
多能性幹細胞をがん細胞と共培養して特定の臓器もしくは組織の性質を有するがん幹細胞を作製する工程、前記がん幹細胞と前記がん細胞を非ヒト哺乳動物に移植して、前記がん幹細胞の特性と同じ臓器もしくは組織にがんを作製する工程を含む、がんの非ヒトモデル動物の作製方法。
[請求項11]
初期のがん幹細胞を、前記がん幹細胞と同一のMHC(主要組織適合遺伝子複合体)を有する非ヒト哺乳動物に移植してがんを作製してなり、初期のがん幹細胞が臓器もしくは組織の特性を有しないがん幹細胞である、がんの非ヒトモデル動物。
[請求項12]
がん幹細胞が、ES細胞或いはiPS細胞に由来する、請求項11に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項13]
前記がん幹細胞を同一のMHCを有するがん細胞とともに同一のMHCを有する非ヒト哺乳動物に移植してがん幹細胞を保有するがんを作製してなる、請求項11又は12に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項14]
非ヒトモデル動物の体内のがんに含まれる前記がん幹細胞が特定の臓器もしくは組織の性質を有し、その臓器もしくは組織のがんを保有する、請求項11~13のいずれか1項に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項15]
前記臓器もしくは組織が、肝臓、腎臓、肺、胃、大腸、膵臓、胆嚢、卵巣、子宮、前立腺、乳房、甲状腺、血液、リンパ液、骨髄、膀胱、副腎、脳/脊髄からなる群から選ばれる、請求項11~14のいずれか1項に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項16]
がん幹細胞を、前記がん幹細胞と同一のMHC(主要組織適合遺伝子複合体)を有する非ヒト哺乳動物に移植してがんを作製した後にがんを摘出し、がんを再発させてなる、請求項11~15のいずれか1項に記載のがんの非ヒトモデル動物。
[請求項17]
がん幹細胞と同じMHCを有する非ヒト哺乳動物に前記がん幹細胞を移植してがんを作製する工程を含む、がんの非ヒトモデル動物の作製方法。
[請求項18]
がん幹細胞と同じMHCを有する非ヒト哺乳動物に前記がん幹細胞とがん細胞を移植してがんを作製する工程を含む、請求項17に記載のがんの非ヒトモデル動物の作製方法。
[請求項19]
さらにがんを摘出してがんを再発させる工程を含む、請求項17又は18に記載のがんの非ヒトモデル動物の作製方法。
[請求項20]
ある臓器もしくは組織の特性を有し、多能性幹細胞に由来するがん幹細胞。
[請求項21]
多能性幹細胞を不死化細胞の培地に含まれる培養成分を含む分化誘導培地で培養して、前記培地で誘導される臓器もしくは組織の特性を有するがん幹細胞を得る工程を含む、臓器もしくは組織の特性を有するがん幹細胞の製造方法。
[請求項22]
多能性幹細胞をがん細胞と共培養して前記がん細胞と同じ臓器もしくは組織の特性を有するがん幹細胞を得る工程を含む、臓器もしくは組織の特性を有するがん幹細胞の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION OKAYAMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • SENO, Masaharu
  • KASAI, Tomonari
  • IWASAKI, Yoshiaki
  • OHARA, Toshiaki
  • HIROHATA, Satoshi
  • KAKUTA, Hiroki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close