Top > Search of International Patents > IgG-BINDING PEPTIDE

IgG-BINDING PEPTIDE

Foreign code F170009267
File No. (S2016-0552-N0)
Posted date Oct 24, 2017
Country WIPO
International application number 2017JP010115
International publication number WO 2017159655
Date of international filing Mar 14, 2017
Date of international publication Sep 21, 2017
Priority data
  • P2016-049153 (Mar 14, 2016) JP
Title IgG-BINDING PEPTIDE
Abstract [Problem] To provide a peptide that binds strongly to immunoglobulin G (IgG).
[Solution] This peptide has the amino acid sequence represented by SEQ ID NO:1. In said amino acid sequence: the 16th amino acid (X16) from the amino acid of the N-terminal is L, M, I or F; the 17th amino acid (X17) from the amino acid of the N-terminal is R, K, Y or Q; the 19th amino acid (X19) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid; the 20th amino acid (X20) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid; the 26th amino acid (X26) from the amino acid of the N-terminal is G or E, or is deleted; the 29th amino acid (X29) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid; the 30th amino acid (X30) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid; the 32nd amino acid (X32) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid; and the 33rd amino acid (X33) from the amino acid of the N-terminal is an arbitrary amino acid.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Bodily fluids such as blood or plasma from the component, the main body and immunoglobulin g (IgG) autoantibodies and immune complexes specifically adsorbed in removing, autoimmune disease related biological immune function for prevention of progress, alleviation of symptoms of diseases has been known a method thereof.
Can be used for such a purpose as adsorption material, is for example Patent Document 1, helix - loop - helix structure IgG IgG-type antibodies having a binding peptide to a carrier as IgG-type antibodies to bind to the adsorbent is disclosed. In addition, also non-patent document 1, helix - loop - helix structure having the same IgG binding peptides disclosed.
However, these IgG IgG-binding peptide binding is still cannot be said to be sufficient, further IgG-type antibodies and a high binding property is demanded.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
配列番号1のアミノ酸配列を有するペプチド。
但し、同アミノ酸配列中、
N末端のアミノ酸から16番目のアミノ酸(X16)がL、M、I又はFであり、
N末端のアミノ酸から17番目のアミノ酸(X17)がR、K、Y又はQであり、
N末端のアミノ酸から19番目のアミノ酸(X19)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から20番目のアミノ酸(X20)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から26番目のアミノ酸(X26)はG又はE若しくは欠失しており、
N末端のアミノ酸から29番目のアミノ酸(X29)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から30番目のアミノ酸(X30)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から32番目のアミノ酸(X32)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から33番目のアミノ酸(X33)が任意のアミノ酸である。
[請求項2]
配列番号1のアミノ酸配列を有するペプチド。
但し、同アミノ酸配列中、
N末端のアミノ酸から16番目のアミノ酸(X16)がL、M、I又はFであり、
N末端のアミノ酸から17番目のアミノ酸(X17)がR、K、Y又はQであり、
N末端のアミノ酸から19番目のアミノ酸(X19)がV、A、L、M、F又はIであり、
N末端のアミノ酸から20番目のアミノ酸(X20)は任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から26番目のアミノ酸(X26)はG又はE若しくは欠失しており、
N末端のアミノ酸から29番目のアミノ酸(X29)がI、A、L、V、M又はFであり、
N末端のアミノ酸から30番目のアミノ酸(X30)が任意のアミノ酸であり、
N末端のアミノ酸から32番目のアミノ酸(X32)がA、L、F、M又はIであり、
N末端のアミノ酸から33番目のアミノ酸(X33)がN、D、H、A、T又はGである、
請求項1に記載のペプチド。
[請求項3]
配列番号1のアミノ酸配列中、
N末端のアミノ酸から16番目のアミノ酸(X16)がL又はMであり、
N末端のアミノ酸から17番目のアミノ酸(X17)がR又はKであり、
N末端のアミノ酸から19番目のアミノ酸(X19)がV、A、L又はMであり、
N末端のアミノ酸から29番目のアミノ酸(X29)がI、A、L、V又はMであり、
N末端のアミノ酸から32番目のアミノ酸(X32)がA,L又はFであり、
N末端のアミノ酸から33番目のアミノ酸(X33)がN、D、H、A又はTである、
請求項1に記載のペプチド。
[請求項4]
配列番号1のアミノ酸配列中、
N末端のアミノ酸から16番目のアミノ酸(X16)がL又はMであり、
N末端のアミノ酸から17番目のアミノ酸(X17)がR又はKであり、
N末端のアミノ酸から19番目のアミノ酸(X19)がA叉はVであり、
N末端のアミノ酸から20番目のアミノ酸(X20)がG、Q、R又はAであり、
N末端のアミノ酸から26番目のアミノ酸(X26)はGであり、
N末端のアミノ酸から29番目のアミノ酸(X29)がI、A、L又はVであり、
N末端のアミノ酸から30番目のアミノ酸(X30)がA、T、Q、E又はSであり、
N末端のアミノ酸から32番目のアミノ酸(X32)がA、L又はFであり、
N末端のアミノ酸から33番目のアミノ酸(X33)がA又はNである、
請求項1に記載のペプチド。
[請求項5]
前記アミノ酸配列中、N末端のアミノ酸から12番目のアミノ酸(I12)が任意のアミノ酸である請求項1~4の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項6]
前記アミノ酸配列中、N末端のアミノ酸から12番目のアミノ酸(I12)がAである請求項1~4の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項7]
前記アミノ酸配列中、N末端のアミノ酸から39番目のアミノ酸(L39)がAである請求項1~6の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項8]
前記アミノ酸配列中、N末端から5番目のシステインとC末端のシステインがジスルフィド結合した請求項1~7の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項9]
前記アミノ酸配列中、N末端から5番目のシステイン及び/又はC末端のシステインが任意のアミノ酸で置換された請求項1~7の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項10]
前記アミノ酸配列中、N末端から5番目のシステイン及び/又はC末端のシステインがグルタミンで置換された請求項1~7の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項11]
ヒト免疫グロブリンGに対する解離定数(KD)が、3000nM以下、好ましくは1000nM以下、望ましくは100nM以下である請求項1~10の何れか1項に記載のペプチド。
[請求項12]
配列番号2~51の何れかのアミノ酸配列を有するペプチド。
[請求項13]
配列番号2~51の何れかのアミノ酸配列を有し、アミノ酸配列のN末端から5番目のシステインと、同アミノ酸配列のC末端のシステインがジスルフィド結合したペプチド。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OSAKA PREFECTURE UNIVERSITY
  • Inventor
  • FUJII Ikuo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close