Top > Search of International Patents > DRUG FOR REMOVING AGED CELLS

DRUG FOR REMOVING AGED CELLS

Foreign code F180009352
File No. (S2016-0978-N0)
Posted date Apr 18, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP030867
International publication number WO 2018043463
Date of international filing Aug 29, 2017
Date of international publication Mar 8, 2018
Priority data
  • P2016-167679 (Aug 30, 2016) JP
Title DRUG FOR REMOVING AGED CELLS
Abstract Provided is a drug for removing aged cells or a medicinal composition therefor, said drug or composition comprising an SGLT2 inhibitor.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
By excess caloric intake, obesity and diabetes of the patient population follows continues to increase, is a serious social problem. In obesity and diabetes, visceral fat tissue in chronic inflammation occurs through the cell aging, the whole body metabolism are known to be caused. In addition, suppresses fat cell aging, inflammation and fat is improved, the whole metabolism associated with obesity is suppressed has been reported (for example, see Non-Patent Document 1).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
SGLT2阻害薬を含有する、老化細胞除去薬。
[請求項2]
SGLT2阻害薬が、低分子化合物、SGLT2発現阻害薬及びSGLT2特異的結合物質からなる群より選ばれる少なくとも1つである、請求項1記載の老化細胞除去薬。
[請求項3]
SGLT2阻害薬が、カナグリフロジン、エンパグリフロジン、イプラグリフロジン、ダパグリフロジン、ルセオグリフロジン、トホグリフロジン、セルグリフロジンエタボナート、レモグリフロジンエタボナート、エルツグリフロジン、ソタグリフロジン、及びこれらの薬学的に許容される塩からなる群より選ばれる少なくとも1つである、請求項1又は2記載の老化細胞除去薬。
[請求項4]
SGLT2阻害薬及び薬学的に許容される担体を含有する、老化細胞除去用医薬組成物。
[請求項5]
老化細胞を除去することにより病態の改善が見込まれる疾患を予防又は治療するための、請求項4記載の医薬組成物。
[請求項6]
老化細胞を除去することにより病態の改善が見込まれる疾患が老化関連疾患である、請求項5記載の医薬組成物。
[請求項7]
SGLT2阻害薬及び薬学的に許容される担体を含有する、老化関連疾患の予防又は治療のために使用される医薬組成物。
[請求項8]
老化関連疾患が、心不全、動脈硬化症、動脈硬化性の脳心血管疾患、高血圧症、脳梗塞、脳出血、脂質異常症、肺線維症、肺気腫、骨格筋萎縮(サルコペニア)、変形性関節症、認知症、フレイル、がん、慢性腎臓病、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、老眼、加齢性脱毛、加齢性難聴、加齢に伴う腰痛・関節痛などの痛み、皮脂欠乏性湿疹、皮膚掻痒症、脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、肝硬変、骨粗鬆症、変形性骨関節症、ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群、ウエルナー症候群、コケイン症候群、及びロスモンド・トムソン症候群からなる群より選ばれる少なくとも1つである、請求項6又は7記載の医薬組成物。
[請求項9]
SGLT2阻害薬が、カナグリフロジン、エンパグリフロジン、イプラグリフロジン、ダパグリフロジン、ルセオグリフロジン、トホグリフロジン、セルグリフロジンエタボナート、レモグリフロジンエタボナート、エルツグリフロジン、ソタグリフロジン、及びこれらの薬学的に許容される塩から選択される少なくとも1つである、請求項4~8のいずれか一項に記載の医薬組成物。
[請求項10]
老化細胞除去用医薬を製造することにおける、SGLT2阻害薬の使用。
[請求項11]
老化細胞を除去することにより病態の改善が見込まれる疾患を予防又は治療するための医薬を製造することにおける、SGLT2阻害薬の使用。
[請求項12]
老化細胞を除去するための方法であって、有効量のSGLT2阻害薬を、それを必要とする対象に投与することを含む、方法。
[請求項13]
老化細胞を除去することにより病態の改善が見込まれる疾患を予防又は治療するための方法であって、有効量のSGLT2阻害薬を、それを必要とする対象に投与することを含む、方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NIIGATA UNIVERSITY
  • MITSUBISHI TANABE PHARMA CORPORATION
  • Inventor
  • MINAMINO Tohru
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close