Top > Search of International Patents > PORPHYRIN GLASS EMITTING NEAR INFRARED LIGHT

PORPHYRIN GLASS EMITTING NEAR INFRARED LIGHT meetings

Foreign code F180009383
File No. (内0481)
Posted date Apr 19, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP029705
International publication number WO 2018038025
Date of international filing Aug 21, 2017
Date of international publication Mar 1, 2018
Priority data
  • P2016-161750 (Aug 22, 2016) JP
Title PORPHYRIN GLASS EMITTING NEAR INFRARED LIGHT meetings
Abstract Provided is a near infrared light emitting material containing a porphyrin compound that is amorphous and is represented by general formula (I).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
700-1400nm wavelength near infrared wavelength range of absorption of the biological tissue, scattering is minimal and referred to as a "window of a living body", in the medical diagnosis and treatment technique is particularly effective to the end of the wavelength region thereof. However, absorption, long wavelength emission HOMO-LUMO gap is so narrow, non-radiation deactivation rate increases and it is known (the energy gap law), in the near infrared wavelength range for emitting near infrared light-emitting material is a challenging issue of the development.
Moreover, HOMO-LUMO gap of the compound in order to reduce the expansion of the π conjugate π stacking associated with the non-light-emitting species and is easily, the development of near-infrared light-emitting material becomes important to control the state of association.
Non-Patent Document 1 is stacked on the π conjugated system to be individually composed of a repeated sequence of porphyrin pyridyl which discloses a porphyrin array of the duplex is, the near-infrared light-emitting material to be applied is not described.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
非晶質であり下記一般式(I)で表わされるポルフィリン系化合物を含む近赤外発光性材料。
[化1]
(式中、R1~R16は各々独立に、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、ヒドロキシ基、アミノ基、置換基を有していても良いアルキル基、置換基を有していても良いアルコキシ基、置換基を有していても良いアリール基、置換基を有していても良いアリールオキシ基、置換基を有していても良いアルキルアミノ基、置換基を有していても良いジアルキルアミノ基、置換基を有していても良いアルキルチオ基、又は置換基を有していても良いアリールチオ基を表し、
Mは2個の水素原子又は2価以上の金属原子を表し、
L1,L3,L4は各々独立に炭素数2~20の共役鎖状連結基であり、
L2は直接結合又は炭素数2~20の共役鎖状連結基であり、
Arは
[化2]
であり、Rは置換基を有していても良い分岐鎖の炭化水素基であり、
R17~R22は各々独立に置換基を有していても良い直鎖もしくは分岐鎖の炭化水素基又は置換基を有していても良いアルコキシ基であり、
nは1以上の整数である。)
[請求項2]
前記L1,L2,L3,L4の炭素数2~20の共役鎖状連結基が下記のいずれかであり、kが1~4である請求項1に記載の近赤外発光性材料。
[化3]
[請求項3]
前記ポルフィリン系化合物が、式(II)で表わされるポルフィリン系化合物である請求項1に記載の近赤外発光性材料。
[化4]
(式中、Mは2個の水素原子又は2価以上の金属原子を表し、
Arは
[化5]
であり、Rは置換基を有していても良い分岐鎖の炭化水素基であり、
nは1以上の整数である。)
[請求項4]
前記ポルフィリン系化合物が、式(III)で表わされるポルフィリン系化合物である請求項1に記載の近赤外発光性材料。
[化6]
(式中、R1~R16は各々独立に、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、ヒドロキシ基、アミノ基、置換基を有していても良いアルキル基、置換基を有していても良いアルコキシ基、置換基を有していても良いアリール基、置換基を有していても良いアリールオキシ基、置換基を有していても良いアルキルアミノ基、置換基を有していても良いジアルキルアミノ基、置換基を有していても良いアルキルチオ基、又は置換基を有していても良いアリールチオ基を表し、
Mは2個の水素原子又は2価以上の金属原子を表し、
L5は炭素数2~20の共役鎖状連結基である。
Arは
[化7]
であり、Rは置換基を有していても良い分岐鎖の炭化水素基であり、
R17~R22は各々独立に置換基を有していても良い直鎖もしくは分岐鎖の炭化水素基又は置換基を有していても良いアルコキシ基であり、
nは1以上の整数である。)
[請求項5]
700nm~1400nmの波長でエキシマー発光する請求項1~4のいずれか一項に記載の近赤外線材料。
[請求項6]
式(IV)で表わされるポルフィリン系化合物。
[化8]
式中、nは1又は2であり、Arは
[化9]
であり、Rは
[化10]
である。)
[請求項7]
請求項1~5のいずれか一項に記載の近赤外線材料又は請求項6に記載のポルフィリン系化合物を含む、蛍光プローブ又は光線力学療法用光増感剤。
[請求項8]
請求項1~5のいずれか一項に記載の近赤外線材料又は請求項6に記載のポルフィリン系化合物と、界面活性剤とが水性溶媒中に分散された分散液。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • HOKKAIDO UNIVERSITY
  • Inventor
  • MORISUE, Mitsuhiko
  • SASAKI, Sono
  • NAKANISHI, Takayuki
  • HASEGAWA, Yasuchika
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close