Top > Search of International Patents > HYDROGEL FOR DRUG RELEASE CONTROL AND METHOD FOR PRODUCING SAME

HYDROGEL FOR DRUG RELEASE CONTROL AND METHOD FOR PRODUCING SAME

Foreign code F180009469
File No. (S2017-0103-N0)
Posted date Jul 31, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP040648
International publication number WO 2018088541
Date of international filing Nov 10, 2017
Date of international publication May 17, 2018
Priority data
  • P2016-221045 (Nov 11, 2016) JP
Title HYDROGEL FOR DRUG RELEASE CONTROL AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Abstract The present invention provides a drug release means that is capable of independently controlling release of two or more kinds of drugs by supporting the drugs by a hydrogel which contains micelles of a cationic block polypeptide and micelles of an anionic block polypeptide, and wherein the micelles of a cationic block polypeptide or the micelles of an anionic block polypeptide are crosslinked by means of a crosslinking agent. This hydrogel is configured such that: the cationic block polypeptide is an amphiphilic cationic block polypeptide that contains a cationic amino acid side chain block and a hydrophobic amino acid side chain block; and the anionic block polypeptide is an amphiphilic anionic block polypeptide that contains an anionic amino acid side chain block and a hydrophobic amino acid side chain block.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
As the release of the control system (DDS), 2 different supported by one or more drugs, a single DDS can control the release of the different release profile as long as the material, is useful. For example, as the treatment of burns, and release the initial antibiotic, anti-inflammatory agent or a long period of time wound healing agent is released if the release of a therapeutic agent to continue, it would be ideal. The aim of such a DDS (dual drug delivery system), which has been developed.
Non-Patent Document 1 is, as a dual drug delivery system, the micelles hydrophobic drugs, within the hydrogel to hydrophilic holding the drug, a combination of them, 2 types of sustained release drug being controlled independently. However, non-patent document 1 in the initial stage of the drug released, and due to the release of a burst, i.e. the initial number of time of several tens of % due to the release of the drug. In this way, independent of the type of drug 2 sustained release control, the technique of Non-Patent Document 1 is difficult.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル及びアニオン性ブロックポリペプチドのミセルが含まれ、
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル又はアニオン性ブロックポリペプチドのミセルが、架橋剤によって架橋されてなる、ハイドロゲルであって、
カチオン性ブロックポリペプチドが、カチオン性アミノ酸側鎖のブロックと疎水性アミノ酸側鎖のブロックとを含む、両親媒性のカチオン性ブロックポリペプチドであり、
アニオン性ブロックポリペプチドが、アニオン性アミノ酸側鎖のブロックと疎水性アミノ酸側鎖のブロックとを含む、両親媒性のアニオン性ブロックポリペプチドである、ハイドロゲル。
[請求項2]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセルが、アミノ基-アミノ基間架橋剤によって架橋され、
アニオン性ブロックポリペプチドのミセルが、ハイドロゲル中に分散して含まれる、請求項1に記載のハイドロゲル。
[請求項3]
カチオン性アミノ酸側鎖のアミノ酸が、リジン、アルギニン、ヒスチジン、オルニチンからなる群から選択された1種以上のアミノ酸である、請求項1~2のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項4]
アニオン性アミノ酸側鎖のアミノ酸が、グルタミン酸、アスパラギン酸からなる群から選択された1種以上のアミノ酸である、請求項1~3のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項5]
疎水性アミノ酸側鎖のアミノ酸が、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシンからなる群から選択された1種以上のアミノ酸である、請求項1~4のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項6]
アミノ基-アミノ基間架橋剤が、ゲニピン、グルタルアルデヒド、ホルムアルデヒド、テトラキス(ヒドロキシメチル)ホスホニウム塩からなる群から選択された1種以上の架橋剤である、請求項2~5のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項7]
カチオン性ブロックポリペプチドの分子中において、
カチオン性アミノ酸側鎖の平均個数が、20~1000個の範囲にあり、
疎水性アミノ酸側鎖の平均個数が、0.1~20個の範囲にある、請求項1~6のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項8]
アニオン性ブロックポリペプチドの分子中において、
アニオン性アミノ酸側鎖の平均個数が、20~1000個の範囲にあり、
疎水性アミノ酸側鎖の平均個数が、0.1~20個の範囲にある、請求項1~7のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項9]
カチオン性ブロックポリペプチドの分子中において、
[疎水性アミノ酸側鎖の平均個数/カチオン性アミノ酸側鎖の平均個数]の比の値が、
0.5/200~50/200の範囲にある、請求項1~8のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項10]
アニオン性ブロックポリペプチドの分子中において、
[疎水性アミノ酸側鎖の平均個数/アニオン性アミノ酸側鎖の平均個数]の比の値が、
0.5/100~50/100の範囲にある、請求項1~9のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項11]
ハイドロゲル中において、
[カチオン性ブロックポリペプチドの重量/アニオン性ブロックポリペプチドの重量]の比の値が、0.001/2~1.5/2の範囲、又は2/1.2~2/0.001の範囲にある、請求項1~10のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項12]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル中に、疎水性薬物1が含まれ、
アニオン性ブロックポリペプチドのミセル中に、疎水性薬物2が含まれ、
疎水性薬物1が、疎水性薬物2とは異なる薬物である、請求項1~11のいずれかに記載のハイドロゲル。
[請求項13]
疎水性薬物1に求められる薬物放出期間と、疎水性薬物2に求められる薬物放出期間とが異なる、請求項12に記載のハイドロゲル。
[請求項14]
請求項1~13のいずれかに記載のハイドロゲルからなる、薬物放出制御剤。
[請求項15]
請求項1~13のいずれかに記載のハイドロゲルを含んでなる、放出制御薬物製剤。
[請求項16]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル及びアニオン性ブロックポリペプチドのミセルが分散された分散液中で、カチオン性ブロックポリペプチドのミセル又はアニオン性ブロックポリペプチドのミセルを、架橋剤によって架橋して、ハイドロゲルを形成する工程、
を含む、ハイドロゲルの製造方法であって、
カチオン性ブロックポリペプチドが、カチオン性アミノ酸側鎖のブロックと疎水性アミノ酸側鎖のブロックとを含む、両親媒性のカチオン性ブロックポリペプチドであり、
アニオン性ブロックポリペプチドが、アニオン性アミノ酸側鎖のブロックと疎水性アミノ酸側鎖のブロックとを含む、両親媒性のアニオン性ブロックポリペプチドである、方法。
[請求項17]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル及びアニオン性ブロックポリペプチドのミセルが分散された分散液中で、カチオン性ブロックポリペプチドのミセル又はアニオン性ブロックポリペプチドのミセルを、架橋剤によって架橋して、ハイドロゲルを形成する工程が、
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル及びアニオン性ブロックポリペプチドのミセルが分散された分散液中へ、アミノ基-アミノ基間架橋剤を添加することによって、カチオン性ブロックポリペプチドのミセルを、架橋して、ハイドロゲルを形成する工程であり、
形成されたハイドロゲルは、アニオン性ブロックポリペプチドのミセルがハイドロゲル中に分散して含まれたハイドロゲルである、請求項16に記載の方法。
[請求項18]
カチオン性ブロックポリペプチドのミセル中に、疎水性薬物1が含まれ、
アニオン性ブロックポリペプチドのミセル中に、疎水性薬物2が含まれ、
疎水性薬物1が、疎水性薬物2とは異なる薬物である、請求項16~17のいずれかに記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN ADVANCED INSTITUTE OF SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • Inventor
  • MATSUMURA,Kazuaki
  • PATEL,Monika
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close