Top > Search of International Patents > FUEL INJECTION DEVICE

FUEL INJECTION DEVICE

Foreign code F180009498
File No. S2017-0169-C0
Posted date Nov 1, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP043077
International publication number WO 2018101411
Date of international filing Nov 30, 2017
Date of international publication Jun 7, 2018
Priority data
  • P2016-235334 (Dec 2, 2016) JP
Title FUEL INJECTION DEVICE
Abstract A fuel injection device (1) of an embodiment of the present invention injects fuel into a combustion chamber (CC) of an internal combustion engine (EG). The fuel injection device (1) is provided with: a pressure accumulating unit (122) to which fuel is supplied from a high pressure source (4) that supplies fuel at a prescribed pressure; a first valve (21) that causes the fuel supplied from the high pressure source (4) to be supplied to the inside of the pressure accumulating unit (122); and a second valve (22) that causes the fuel supplied to the pressure accumulating unit (122) to be injected to the inside of the combustion chamber (CC) from the pressure accumulating unit (122).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
The combustion of fuel in the combustion chamber of the internal combustion engine research and development of a technique related to the performed.
In this regard, the fuel injected into the combustion chamber of the internal combustion engine of the device, and the high voltage source, and the intensifier, and metering valve are provided, an increase in the voltage divider, and has a control chamber the working chamber, both chambers, the piston can be moved and separated from each other, a pressure booster pressure changes within the control chamber, the pressure of the compression chamber of the intensifier as the operating and, booster, via the inlet passage, the nozzle chamber surrounding the injection valve is to load in the form of a, the control chamber and a pressure booster, between the metering valve control within the tube, the pressure release valve is disposed with and, the valve body, the pressure release chamber 1 can be at least one of hydraulic and to load, the chamber, formed in the high pressure accumulator can be connected, the fuel injected into the combustion chamber of the internal combustion engine of the device (see Patent Document 1) are known.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 燃料を内燃機関の燃焼室内に噴射する燃料噴射装置であって、
 前記燃料を所定圧力によって供給する高圧源から前記燃料が供給される蓄圧部と、
 前記高圧源から供給される前記燃料を前記蓄圧部の内部に供給させる第1弁と、
 前記蓄圧部に供給された前記燃料を前記蓄圧部から前記燃焼室内へ噴射させる第2弁と、
 を備える燃料噴射装置。
[請求項2]
少なくとも前記第1弁の状態を、開けた状態と閉じた状態の何れかにする第1駆動部と、
 少なくとも前記第2弁の状態を、開けた状態と閉じた状態の何れかにする第2駆動部と、
 前記第1駆動部と前記第2駆動部とを制御する制御部と、
 を更に備える、
 請求項1に記載の燃料噴射装置。
[請求項3]
 前記制御部は、前記第1弁を閉じた状態において前記第2弁を開けて前記蓄圧部の圧力の減圧制御を含む制御を行う、
 請求項2に記載の燃料噴射装置。
[請求項4]
 前記減圧制御における前記蓄圧部内の単位時間あたりの圧力の変化量は、前記蓄圧部の体積に反比例し、前記蓄圧部から噴射される前記燃料の量に比例する、
 請求項3に記載の燃料噴射装置。
[請求項5]
 前記制御部は、前記第2弁を開けた状態において前記第1弁を開ける増圧制御を含む制御を行う、
 請求項2から4のうちいずれか一項に記載の燃料噴射装置。
[請求項6]
 前記制御部は、前記蓄圧部から噴射される前記燃料の圧力の時間的変化のパターンを、デルタ型パターン、逆デルタ型パターン、L型パターン、逆L型パターン、凹型パターン、凸型パターン、矩形型パターン、V型パターンのうちの少なくとも1つを含むパターンにすることが可能である、
 請求項2から5のうちいずれか一項に記載の燃料噴射装置。
[請求項7]
 前記第1弁の状態を制御することにより、前記所定圧力に加圧された前記燃料を前記高圧源から前記蓄圧部に管路を経て移動させて、前記管路内を前記燃料が移動することにより生じる前記燃料の圧力における動的効果によって、前記蓄圧部における燃料の圧力を前記所定圧力より高めて、前記所定圧力より高めた圧力の燃料を、前記第2弁が前記燃焼室内へ噴射させる、
 請求項1に記載の燃料噴射装置。
[請求項8]
 前記第1弁と前記蓄圧部と前記第2弁は、
 前記高圧源と前記燃料を前記燃焼室内へ噴射する噴射部との間に、前記高圧源側から前記第1弁、前記蓄圧部、前記第2弁の順に連ねて設けられ、少なくとも前記第1弁が前記高圧源から前記蓄圧部への前記燃料の移動を選択的に制限して、前記燃焼室内へ噴射させる前記燃料の圧力を減少させる、
 請求項1に記載の燃料噴射装置。
[請求項9]
 前記第1弁と前記第2弁の各弁は、制御部の制御により当該各弁の状態を開けた状態と閉じた状態とをそれぞれ切替えて、前記蓄圧部に蓄える前記燃料の圧力を、前記所定圧力と前記各弁の状態の切替え方とにより決定される圧力に減圧して、
 前記第2弁は、当該第2弁が開いた状態で、前記決定された圧力によって前記燃料を前記燃焼室内へ噴射する、
 請求項8に記載の燃料噴射装置。
[請求項10]
 燃料を内燃機関の燃焼室内に噴射する燃料噴射装置であって、
 前記燃料を前記燃焼室内へ噴射する噴射部と、
 前記燃料を所定圧力によって前記噴射部へ供給する高圧源と、
 前記噴射部と前記高圧源の間に設けられた前記燃料の圧力を減少させる減圧部と、
 を備える燃料噴射装置。
[請求項11]
 前記減圧部は、
 前記噴射部と前記高圧源の間に設けられ、少なくとも前記高圧源との間の前記燃料の移動が選択的に遮断されて前記燃料の圧力を減少させる、
 請求項10に記載の燃料噴射装置。
[請求項12]
 前記減圧部は、少なくとも蓄圧部を含み、
 少なくとも前記蓄圧部の上流側に設けられた第1弁と前記蓄圧部下流側に設けられた第2弁の各弁が、制御部の制御により当該各弁の状態を開けた状態と閉じた状態に切替えて、前記蓄圧部における前記燃料の圧力を、前記所定圧力と前記制御による前記各弁の状態の切替え方とにより決定される圧力に減圧する、
 請求項10に記載の燃料噴射装置。
[請求項13]
 燃料を内燃機関の燃焼室内に噴射する燃料噴射装置であって、
 高圧源から所定圧力によって供給された前記燃料を前記燃焼室内に噴射する圧力を、少なくとも3以上の段階のそれぞれに応じた前記所定圧力以下の圧力に変更可能である、
 燃料噴射装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MEIJI UNIVERSITY
  • Inventor
  • SHIMADA Taizo
  • AIZAWA Tetsuya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail o if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close