Top > Search of International Patents > WALKING AND FOOT EVALUATION METHOD, WALKING AND FOOT EVALUATION PROGRAM, AND WALKING AND FOOT EVALUATION DEVICE

WALKING AND FOOT EVALUATION METHOD, WALKING AND FOOT EVALUATION PROGRAM, AND WALKING AND FOOT EVALUATION DEVICE meetings

Foreign code F180009531
File No. (S2017-0514-N0)
Posted date Nov 2, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP008663
International publication number WO 2018164157
Date of international filing Mar 6, 2018
Date of international publication Sep 13, 2018
Priority data
  • P2017-044385 (Mar 8, 2017) JP
Title WALKING AND FOOT EVALUATION METHOD, WALKING AND FOOT EVALUATION PROGRAM, AND WALKING AND FOOT EVALUATION DEVICE meetings
Abstract In the present invention, a computer executes processes for: acquiring, from at least one sensor disposed on the insole of shoes used by a plurality of users, at least foot sole pressure data for a prescribed amount of time when walking and when stationary; and analyzing the acquired data to acquire and accumulate, for each user, at least a foot sole pressure parameter, foot pressure center parameter and time parameter when walking, and at least a foot sole pressure parameter and foot pressure center parameter when stationary.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In the pertinent art, the bottom pressure of a human foot for detecting the development of the apparatus of the present invention has been made (Patent Document 1, 2).In addition, still in an upright state and measure the shape of the foot, the foot arch height of the selected data from an area (Patent Document 3) and technology support, the sample changing the height of the raised and fitting an insole to forcibly by walking an unbalanced walking motion data, from the user by comparing the measured acceleration, and fitting techniques to determine the height of the raised (Patent Document 4) also has been proposed.
The inventors of the present invention to this, the bottom pressure of the foot in order to evaluate the developed measuring device, and its usefulness for analysis of data obtained as a result was reported (Non-Patent Document 1-3).That is, the bottom pressure of the foot measuring device for evaluating the development and the (non-patent document 1) validity verification, the foot arch structures developed using the device associated with the foot base pressure of the (non-patent document 2) a survey, and the foot bottom pressure value falls in the elderly and the history associated with the (non-patent document 3) survey of advances, the state of the foot part of everyday life and in the proposed scheme can be evaluated, the data obtained in the feature quantity has been evaluated.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 複数のユーザが使用する靴のインソールに設けられた1以上のセンサから歩行時および静止立位時における所定時間の少なくとも足底圧のデータを取得し、
 取得されたデータを解析して、ユーザ毎の、歩行時における少なくとも足底圧パラメータ、足圧中心パラメータおよび時間パラメータと、静止立位時における少なくとも足底圧パラメータおよび足圧中心パラメータとを取得して蓄積する、
処理をコンピュータが実行することを特徴とする歩行・足部評価方法。
[請求項2]
 前記足底圧のデータは、靴に設けられた送信部から、直接に、または携帯端末を経由して、取得する、
ことを特徴とする請求項1に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項3]
 歩行時における所定時間の足底圧のデータから、各センサの最大圧力値の複数歩の平均値を取得して歩行時における前記足底圧パラメータとし、足圧中心軌跡の屈曲角を取得して歩行時における前記足圧中心パラメータとし、立脚時間、両脚支持割合および単脚支持割合を取得して前記時間パラメータとし、
 静止立位時における所定時間の足底圧のデータから、各センサの荷重比率を取得して静止立位時における前記足底圧パラメータとし、足圧中心総軌跡長および足圧中心矩形面積を取得して静止立位時における前記足圧中心パラメータとする、
ことを特徴とする請求項1に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項4]
 前記歩行時における所定時間の足底圧のデータから取得した足底圧パラメータ、足圧中心パラメータおよび時間パラメータから、胼胝・魚の目の評価を行って胼胝・魚の目評価結果を取得し、回内足・回外足の評価を行って回内足・回外足評価結果を取得し、複数歩バランスの評価を行って複数歩バランス評価結果を取得し、立脚時間の評価を行って立脚時間評価結果を取得し、両脚支持割合の評価を行って両脚支持割合評価結果を取得し、若しくは、母趾接地の評価を行って母趾接地の評価結果を取得し、
 または、前記静止立位時における所定時間の足底圧のデータから取得した足底圧パラメータおよび足圧中心パラメータから、左右差の評価を行って左右差評価結果を取得し、若しくは、足部アーチの評価を行って足部アーチ評価結果を取得する、
ことを特徴とする請求項1に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項5]
 前記胼胝・魚の目評価結果と前記回内足・回外足評価結果と前記足部アーチ評価結果と母趾接地の評価結果のうち、少なくとも1つを用いて美足度を取得し、
 前記複数歩バランス評価結果と前記左右差評価結果とからカラダバランス度を取得し、
 前記立脚時間評価結果と前記両脚支持割合評価結果とから歩き方リズムを取得し、
 ユーザの行動を示すライフログから活動度を取得する、
ことを特徴とする請求項4に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項6]
 前記美足度、前記カラダバランス度、前記歩き方リズムおよび前記活動度から、各々を独立した軸とする評価チャートを生成する、
ことを特徴とする請求項5に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項7]
 前記胼胝・魚の目評価結果、前記回内足・回外足評価結果、前記母趾接地の評価結果、前記複数歩バランス評価結果、前記立脚時間評価結果、前記両脚支持割合評価結果、前記左右差評価結果および前記足部アーチ評価結果のうち、少なくとも1つの評価結果が類似し、かつ足部に異常の発生していない他のユーザを特定し、
 当該他のユーザが使用している靴を選択候補として提示する、
ことを特徴とする請求項4に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項8]
 蓄積された前記データおよび/または歩行時における少なくとも足底圧パラメータ、足圧中心パラメータ並びに時間パラメータと、静止立位時における少なくとも足底圧パラメータ並びに足圧中心パラメータのうち、少なくとも1つのパラメータに基づき、時間的な状態変化を加味して総合分析を行い、足部異常の早期発見または予測警告を行う、
ことを特徴とする請求項1に記載の歩行・足部評価方法。
[請求項9]
 複数のユーザが使用する靴のインソールに設けられた1以上のセンサから歩行時および静止立位時における所定時間の少なくとも足底圧のデータを取得し、
 取得されたデータを解析して、ユーザ毎の、歩行時における少なくとも足底圧パラメータ、足圧中心パラメータおよび時間パラメータと、静止立位時における少なくとも足底圧パラメータおよび足圧中心パラメータとを取得して蓄積する、
処理をコンピュータに実行させることを特徴とする歩行・足部評価プログラム。
[請求項10]
 複数のユーザが使用する靴のインソールに設けられた1以上のセンサから歩行時および静止立位時における所定時間の少なくとも足底圧のデータを取得するデータ取得部と、
 取得されたデータを解析して、ユーザ毎の、歩行時における少なくとも足底圧パラメータ、足圧中心パラメータおよび時間パラメータと、静止立位時における少なくとも足底圧パラメータおよび足圧中心パラメータとを取得して蓄積する解析部と、
を備えたことを特徴とする歩行・足部評価装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • OCHANOMIZU UNIVERSITY
  • NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
  • NARA WOMEN'S UNIVERSITY
  • Inventor
  • OHTA, Yuji
  • ANZAI, Emi
  • NAKAJIMA, Kanako
  • TOMEOKU, Miki
  • SAIWAKI, Naoki
  • SASADA, Yasuna
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close