Top > Search of International Patents > COMPOSITE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME

COMPOSITE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME

Foreign code F180009552
File No. S2017-0597-C0
Posted date Nov 2, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP013534
International publication number WO 2018181858
Date of international filing Mar 30, 2018
Date of international publication Oct 4, 2018
Priority data
  • P2017-070070 (Mar 31, 2017) JP
Title COMPOSITE MATERIAL, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
Abstract The purpose of the present invention is to provide a method for safely mounting, in an intended position, an electrode material having electrical wiring. The aforementioned problem can be solved by this composite material, which includes a substrate (1), a porous body (2) provided on the substrate (1), and a polymer (3) starting from the surface of the substrate (1) and extending to the interior of the porous body (2), wherein the composite material is characterized in having an insulating substrate pad (4) including magnetic particles that come into contact with the substrate (1), the substrate (1) being an insulating substrate or an electrically conductive substrate
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Medical diagnostic and treatment techniques, various devices using an electrocardiogram, electromyographic, such as the brain or living body measurement of the electrical signal generated by the conductive, and the energization (electrical stimulation) by control of the biological function, performed in general.In such a method, an electrode is part of the device, the biometric device and the interface.Recently, the electrode material, excellent biocompatibility hydrogel composite electrode body is used as a substrate have been reported (Patent Document 1 and Non-Patent Document 1).In these composite electrode, the electrode material and a hydrogel (porous body) at the interface in contact with, the electrode material to the inside of the gel from the surface of the conductive polymer by graft polymerization, the adhesive layer is formed.Then, the hydrogel polymer chains constituting the conductive polymer can be entangled with each other, the electrode material and hydrogel can be firmly adhered and have been reported.However, these electrode materials in vivo endoscopic use in a limited closed space is considered, a long narrow working space can be taken out directly the electrical wiring of other tools and even the risk of entanglement.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 基材と、前記基材上に設けられた多孔質体と、前記基材表面から始端し前記多孔質体内部に伸びるポリマーと、を含む複合材料であって、
前記基材が絶縁性基材又は導電性基材であり、そして前記基材に接触する、磁性粒子を含む絶縁性基材パッドを有することを特徴とする複合材料。
[請求項2]
 前記基材が絶縁性基材である場合に、前記ポリマーが絶縁性ポリマー及び/又は導電性ポリマーであり、前記絶縁性基材に接触する導電性基材を更に有する、請求項1に記載の複合材料。
[請求項3]
 前記絶縁性基材及び磁性粒子を含む絶縁性基材パッドが一緒になって、磁性粒子含有絶縁性基材を構成する、請求項1又は2に記載の複合材料。
[請求項4]
 前記基材が導電性基材である場合に、前記ポリマーが導電性ポリマー及び/又は絶縁性ポリマーである、請求項1に記載の複合材料。
[請求項5]
 前記磁性粒子が、鉄、鉄酸化物、窒化鉄、炭化鉄、ニッケル、コバルト、又はネオジムである、請求項1~4のいずれか一項に記載の複合材料。
[請求項6]
 前記絶縁性基材が、ポリウレタン、ポリプロピレン、ポリ乳酸、ポリ(ラクチド-co-グリコリド)共重合体、ポリジオキサノン、アクリロニトリルブタジエンスチレン共重合体、ポリアクリル酸エステル、アクリロニトリルエチレンプロピレンゴムスチレン共重合体、アクリロニトリルスチレン共重合体、アクリロニトリルスチレンアクリレート共重合体、ポリブタジエン、ビスマレイミドトリアジン、セルロースアセテート、セルロースアセテートブチレート、セルロースアセテートプロピオネート、サイクリックブチルテレフタレート、クレゾールホルムアルデヒド、カルボキシメチルセルロース、ニトロセルロース、ヒドリンゴム、セルロースプロピオネート、塩素化塩化ビニル、クロロプレンゴム、カゼイン、セルローストリアセテート、ジアリルフタレート、エチレンクロロトリフルオロエチレン共重合体、エチレンジアミン四酢酸、エチレンエチルアクリレート共重合体、エチレンメチルアクリレート共重合体、エチレンメタクリル酸、エポキシ樹脂、エチレンプロピレンジエン三元共重合体、エチレンテトラフルオロエチレン共重合体、エチレン酢酸ビニル共重合体、エチルビニルエーテル共重合体、パーフルオロゴム、ポリエチレン、ポリスチレン、ブチルゴム、イソプレンゴム、ジフェニルメタンイソシアネート、メラミンホルムアルデヒド、ニトリルゴム、ポリメチルメタクリレート、ポリイミド、ポリエチレンテレフタレート、ポリカーボネート、ポリエーテルエーテルケトン、ポリイソブチレン、ポリメタクリル酸メチル、ポリ酢酸ビニル、ポリ塩化ビニル、ナイロン、ポリフッ化ビニリデン、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、スチレンブタジエン、シリコーン、ポリエステル、テフロン(登録商標)、ポリテトラフルオロエチレン、及びSiO 2からなる群から選択される、請求項1~5のいずれか一項に記載の複合材料。
[請求項7]
 前記複合材料が複合電極体である、請求項1~6のいずれか一項に記載の被覆複合材料。
[請求項8]
 (A)磁性粒子を含む絶縁性基材パッドを調製する工程、
(B)前記磁性粒子含有絶縁性基材パッドに接触するように磁性粒子を含まない絶縁性基材を形成し、絶縁性基材層を得る工程、
(C)絶縁性基材層の表面に重合開始部を導入する重合開始部導入工程、
(D)前記絶縁性基材層の重合開始部が導入された表面の反対側の面に接触して導電性基材層を作製する工程、
(E)多孔質体中にモノマーを含浸させるモノマー含浸工程、
(F)前記重合開始部を重合開始点として前記モノマーの重合反応を行う、重合工程、
を含むことを特徴とする複合材料の製造方法。
[請求項9]
 前記モノマーの重合反応は、ラジカル重合反応である、請求項8に記載の複合材料の製造方法。
[請求項10]
 前記モノマーの重合は、熱反応、光反応、及び酸化還元反応からなる群より選択される少なくとも1つにより開始される、請求項8又は9に記載の複合材料の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • Inventor
  • NISHIZAWA Matsuhiko
  • NAGAMINE Kuniaki
  • TOMINAGA Teiji
  • NAKAGAWA Atsuhiro
  • TOKUE Ayako
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close