Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCING INTERFERON β-PRODUCING CELLS

METHOD FOR PRODUCING INTERFERON β-PRODUCING CELLS

Foreign code F180009556
File No. (S2017-0576-N0)
Posted date Nov 2, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP013617
International publication number WO 2018181903
Date of international filing Mar 30, 2018
Date of international publication Oct 4, 2018
Priority data
  • P2017-071596 (Mar 31, 2017) JP
Title METHOD FOR PRODUCING INTERFERON β-PRODUCING CELLS
Abstract The purpose of the present invention is to provide a method for producing an iPS-ML having a high interferon β productivity. Provided is a method for producing myeloid blood cells having a high interferon β productivity, said method comprising a step for inhibiting the expression of an IFNAR gene and a step for introducing an interferon β gene into the cells. Also provided is a prophylactic or therapeutic agent for cancer, said agent comprising myeloid blood cells which express exogenous interferon (IFN) β and show inhibited expression of interferon α/β receptor.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
IPS-MC(iPS cell-derived myeloid cell: monocytes or macrophages similar cells) is, in human iPS cells by inducing differentiation in vitro culture system created by the blood cell is a myeloid system. IPS-ML(iPS-MC have the ability to grow long-term) is, in cell proliferation factor iPS-MC(example, cMYC + BMI1+MDM2) gene is introduced are provided with the ability to grow. IPS-ML is, and once established, can be at least 3-4 months is grown. Then, after the growth, the expression of the myeloid marker molecules of the cells, the ability of the foreign substance phagocytoses, and dendritic cells to the characteristics of the performance and the like (Patent Document 1) holds. IPS-ML is, a simple suspension culture of cells can be grown using the system and, using automated mass culture culture are also possible. As described above, is a technique for fabricating iPS-ML, the physiological function to enable mass production of the cells only hitomieroido of said.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 ミエロイド系血液細胞から、インターフェロン(IFN)β生産性の高いミエロイド系血液細胞を作製する方法であって、下記の工程(B)及び(C)を含む方法:
(B)ミエロイド系血液細胞において、インターフェロンα/β受容体(IFNAR)遺伝子の発現を抑制する工程、
(C)プロモーターと機能的に連結されたIFNβ遺伝子を、ミエロイド系血液細胞に導入する工程。
[請求項2]
 ミエロイド系血液細胞が、多能性幹細胞に由来するミエロイド系血液細胞である、請求項1に記載の方法。
[請求項3]
 多能性幹細胞からIFNβ生産性の高いミエロイド系血液細胞を作製する方法であって、下記の工程(A)、(B)及び(C)を含む方法:
(A)多能性幹細胞からミエロイド系血液細胞を作製する工程、
(B)IFNAR遺伝子の発現を抑制する工程、及び
(C)プロモーターと機能的に連結されたインターフェロンβ遺伝子を導入する工程を含む、方法。
[請求項4]
 工程(B)におけるIFNAR遺伝子の発現の抑制が、IFNARの遺伝子破壊である、請求項1~3のいずれか一項に記載の方法。
[請求項5]
 工程(B)におけるIFNAR遺伝子の発現の抑制が、IFNAR1遺伝子のエクソン1~3のいずれか及び/又はIFNAR2遺伝子のエクソン2~4のいずれかへのdouble strand break(DSB)の導入による、フレームシフト及び/又はストップコドンの挿入による遺伝子破壊による、請求項1~4のいずれかに記載の方法。
[請求項6]
 工程(B)におけるIFNAR遺伝子の発現の抑制が、IFNAR1遺伝子のエクソン2及び/又はIFNAR2遺伝子のエクソン3へのdouble strand break(DSB)の導入による、フレームシフト及び/又はストップコドンの挿入による遺伝子破壊による、請求項1~4のいずれか一項に記載の方法。
[請求項7]
 工程(B)におけるIFNAR遺伝子の遺伝子破壊が、配列番号1及び/又は7を標的とするガイドRNAを用いたCRISPR/CAS9系を用いたものである、請求項5又は6に記載の方法。
[請求項8]
 工程(C)におけるプロモーターと機能的に連結されたIFNβ遺伝子が、外来性プロモーターと機能的に連結された外来性IFNβ遺伝子である、請求項1~7のいずれか一項に記載の方法。
[請求項9]
 ミエロイド系血液細胞が、下記の(a)及び(b)の外来性遺伝子を発現する、請求項1~8のいずれか一項に記載の方法:
(a)c-MYC遺伝子、
(b)B cell-specific Moloney murine leukemia virus integration site 1(BMI1)遺伝子、Enhancer of zeste homolog 2 (EZH2)遺伝子、MDM2遺伝子、MDM4遺伝子及びHypoxia Inducible Factor 1 Alpha Subunit(HIF1A)遺伝子からなる群から選択される少なくとも一つの遺伝子。
[請求項10]
 下記の(a)及び(b)の外来性遺伝子を導入する工程をさらに含む、請求項1~8のいずれか一項に記載の方法:
(a)c-MYC遺伝子、
(b)B cell-specific Moloney murine leukemia virus integration site 1(BMI1)遺伝子、Enhancer of zeste homolog 2 (EZH2)遺伝子、MDM2遺伝子、MDM4遺伝子及びHypoxia Inducible Factor 1 Alpha Subunit(HIF1A)遺伝子からなる群から選択される少なくとも一つの遺伝子。
[請求項11]
 請求項1~10のいずれか一項に記載の方法により得られるミエロイド系血液細胞のIFNβ産生量を測定し、IFNβ産生量の高いミエロイド系血液細胞を選択する工程を含む、IFNβ生産性の高いミエロイド系血液細胞の作製方法。
[請求項12]
 内在性のIFNAR遺伝子の発現が抑制されており、かつ、外来性プロモーターと機能的に連結された外来性IFNβ遺伝子を有する、ミエロイド系血液細胞。
[請求項13]
 下記の(a)及び(b)の外来性遺伝子をさらに含む、請求項12に記載の細胞:
(a)c-MYC遺伝子、
(b)B cell-specific Moloney murine leukemia virus integration site 1(BMI1)遺伝子、Enhancer of zeste homolog 2 (EZH2)遺伝子、MDM2遺伝子、MDM4遺伝子及びHypoxia Inducible Factor 1 Alpha Subunit(HIF1A)遺伝子からなる群から選択される少なくとも一つの遺伝子。
[請求項14]
 CD11b陽性かつCD45陽性である、請求項12又は13に記載の細胞。
[請求項15]
 IFNβ生産量が50 ng/10 6細胞/24時間以上である、請求項12~14のいずれか一項に記載の細胞。
[請求項16]
 予防又は治療上有効量の請求項12~15のいずれか一項に記載の細胞又は請求項1~11のいずれか一項に記載の方法を用いて作製された細胞を含む、がんの予防又は治療剤。
[請求項17]
 予防又は治療上有効量の請求項12~15のいずれか一項に記載の細胞又は請求項1~11のいずれか一項に記載の方法を用いて作製された細胞を投与することを含む、がんの予防又は治療方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KUMAMOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • SENJU, Satoru
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close