Top > Search of International Patents > RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING SYSTEM, AND RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING METHOD

RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING SYSTEM, AND RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING METHOD meetings

Foreign code F180009561
File No. S2017-0542-C0
Posted date Nov 2, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP009285
International publication number WO 2018173811
Date of international filing Mar 9, 2018
Date of international publication Sep 27, 2018
Priority data
  • P2017-058121 (Mar 23, 2017) JP
Title RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING SYSTEM, AND RADIOACTIVE FINE PARTICLE MANUFACTURING METHOD meetings
Abstract The objective of the present invention is to provide a radioactive fine particle manufacturing system and the like with which it is possible to manufacture physically stable radioactive fine particles without using large-scale equipment, which enable performance evaluation of a radioactivity measuring instrument employing a novel physical indicator, with which a method for controlling radioactivity concentration by means of the humidity of air is presented in a specific manner, and with which it is possible to implement performance evaluation of the overall radioactivity measuring instrument. A radioactive fine particle manufacturing system (1) uses a simple configuration provided with a radioactive gas producing system (10), a specific particle size aerosol generating system (20) and a mixing tank (30), to manufacture radioactive fine particles employing natural radioactive nuclides. 220 Rn is employed to manufacture radioactive fine particles using physically stable progeny nuclides. In the mixing tank (30), the progeny nuclides are caused to attach only to an aerosol having a specific particle size, to generate radioactive fine particles having a specific particle size. The radioactivity concentration of a natural radioactive noble gas can be controlled by means of a humidity control unit (100) which controls the humidity of acquired air OA and feeds the same to a radiation source unit (12).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Natural radionuclide gamma 222Rn in the sequence is one of the uranium series (radon) using a radioactive particles (radioactive aerosol) can be made is, radiation measuring device for calibration of the equipment (radon chamber) has been widely used in the (non-patent document 1).However, the radon chamber was a large-scale equipment.Gamma 220Rn is another sequence at the time of occurrence in the sequence (and thoron) thorium for the control of the gas chamber for monitoring the calibration of the gas has been conducted with respect to the published paper (Non-Patent Document 2).However, the paper is limited to a gas chamber for monitoring the calibration of the study and, after that study is not in progress, the development of the technology for manufacturing the radiation particles and is substantially not performed.Furthermore, 30-60 222Rn is about one minute to one another between the radioactive disintegration proceeds (218Po (3.1 min) →214Pb (26.8 min) (19.9 min) 214Bi such as→), a relatively stable long life (half-life of about 22 year 210Pb) radionuclide changed to.Therefore, a physically stable manufacturing of the fine particles is not radioactive.
Incidentally, 220Rn of the gas concentration measurement method is relatively easily measured, papers published by the inventors in the world by 2002 years (Non-Patent Document 3) has been widespread.The world standard techniques and measuring method, measuring the radioactivity of the commercially available for use in the calibration of the device (Non-Patent Document 4) becomes.Non-Patent Document 4 is for example commercially available as a measuring instrument (registered trademark) RAD7 of activity using a content of the calibration test has been described. 220Rn Measuring the concentration of the radioactivity in the art, the amount of moisture in the air into the gas for the source line is larger and the amount of generated 220Rn from the sample a great contribution, in other words the larger the amount of release 220Rn is clear (non-patent document 5).However, the humidity of the air by the radioactivity concentration in specific control method has not been revealed.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
天然放射性希ガスを生成する放射性ガス生成装置と、非放射性微粒子を生成する微粒子生成装置と、該放射性ガス生成装置により生成された天然放射性希ガスと該微粒子生成装置により生成された非放射性微粒子とを混合する混合槽とを備えた放射性微粒子製造システムであって、
 前記放射性ガス生成装置は、内部に天然放射性源を設置した放射線源部を有し、外部から取り込まれた空気を該放射線源部に送り込み、該空気と該天然放射性源から発生した天然放射性希ガスとを混ぜて前記混合槽へ送るものであり、
 前記微粒子生成装置は、
  微粒子を発生させる微粒子発生器と、所定の粒子径の微粒子を弁別する粒子弁別器とを有し、該微粒子発生器により発生させた非放射性微粒子から該粒子弁別器により所定の粒子径の非放射性微粒子を弁別して前記混合槽へ送るものであり、
 前記混合槽は、
  前記微粒子生成装置から送られた所定の粒子径の非放射性微粒子に、前記放射性希ガス生成装置から送られた天然放射性希ガスが放射性壊変によって変換した子孫核種を付着させて所定の粒子径の放射性微粒子を生成することを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項2]
請求項1記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記放射性ガス生成装置は、取込んだ空気の湿度を制御して送り出す湿度制御部をさらに備え、外部から取り込まれた空気を該湿度制御部に通した後に前記放射線源部へ送り込むことにより、前記天然放射性源から発生した天然放射性希ガスの放射能濃度を制御することを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項3]
請求項1又は2記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記混合槽は生成された所定の粒子径の放射性微粒子を外部へ送り込む配管をさらに備え、該配管は内部に、該所定の粒子径の放射線微粒子を捕集する外部へ取り出し可能なフィルタを1以上直列に並べて設置されたことを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項4]
請求項3記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記フィルタは所定のサイズのメッシュから構成されたメタルワイヤスクリーンであることを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項5]
請求項1乃至4のいずれかに記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記混合槽で生成された所定の粒子径の放射性微粒子を送り込むばく露装置をさらに備え、
 前記ばく露装置は、送り込まれた所定の粒子径の放射性微粒子を捕集する外部へ取出し可能なフィルタを有することを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項6]
請求項1乃至5のいずれかに記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記天然放射性源は環境試料から発生する 220Rn又は 222Rnであることを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項7]
請求項1乃至6のいずれかに記載の放射性微粒子製造システムにおいて、前記粒子弁別器は微分型静電分級器であることを特徴とする放射性微粒子製造システム。
[請求項8]
天然放射性希ガスを生成する放射性ガス生成装置と、非放射性微粒子を生成する微粒子生成装置と、該放射性ガス生成装置により生成された天然放射性希ガスと該微粒子生成装置により生成された非放射性微粒子とを混合する混合槽とを用いた放射性微粒子製造方法であって、
 前記放射性ガス生成装置において、外部から取り込まれた空気が内部に天然放射性源を設置した該放射線源部に送り込まれ、該空気と該天然放射性源とから天然放射性希ガスが生成されて前記混合槽へ送られる天然放射性希ガス生成工程と、
 前記微粒子生成装置において、微粒子を発生させる微粒子発生器により非放射性微粒子が発生され、該非放射性微粒子が所定の粒子径の微粒子を弁別する粒子弁別器により所定の粒子径の非放射性微粒子が弁別されて前記混合槽へ送られる非放射性微粒子生成工程と、
 前記混合槽において、前記非放射性微粒子生成工程で前記微粒子生成装置から送られた所定の粒子径の非放射性微粒子に、前記天然放射性希ガス生成工程で前記放射性ガス生成装置から送られた天然放射性希ガスが放射性壊変によって変換した子孫核種を付着させて所定の粒子径の放射性微粒子を生成する放射性微粒子生成工程とを備えたことを特徴とする放射性微粒子製造方法。
[請求項9]
請求項8記載の放射性微粒子製造方法において、前記放射性ガス生成装置は取込んだ空気の湿度を制御して送り出す湿度制御部をさらに備え、
 前記天然放射性希ガス生成工程は、外部から取り込まれた空気が前記湿度制御部に通された後に前記放射線源部に送り込まれることにより、生成される前記天然放射性希ガスの放射能濃度を制御することを特徴とする放射性微粒子製造方法。
[請求項10]
請求項8又は9記載の放射性微粒子製造方法において、前記混合槽に接続するばく露装置をさらに備え、
 前記放射性微粒子生成工程で生成された前記混合槽の所定の粒子径の放射性微粒子が前記ばく露装置に送り込まれ、該放射性微粒子は該ばく露装置が有する外部へ取出し可能なフィルタにより捕集される放射性微粒子捕集工程をさらに備えたことを特徴とする放射性微粒子製造方法。
[請求項11]
請求項8乃至10のいずれかに記載の放射性微粒子製造方法において、前記天然放射性源は環境試料から発生する 220Rn又は 222Rnであることを特徴とする放射性微粒子製造方法。
[請求項12]
請求項8乃至11のいずれかに記載の放射性微粒子製造方法において、前記粒子弁別器は微分型静電分級器であることを特徴とする放射性微粒子製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • HIROSAKI UNIVERSITY
  • Inventor
  • TOKONAMI Shinji
IPC(International Patent Classification)

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close