Top > Search of International Patents > VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR

VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR

Foreign code F180009565
File No. S2018-0952-N0
Posted date Nov 5, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP007693
International publication number WO 2018168483
Date of international filing Mar 1, 2018
Date of international publication Sep 20, 2018
Priority data
  • P2017-046926 (Mar 13, 2017) JP
Title VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING VASCULAR BUNDLE LIQUID FLOW RATE SENSOR
Abstract The purpose of the present invention is to provide a vascular bundle liquid flow rate sensor that can be manufactured at a low cost while having dimensions at which the flow rate of a vascular bundle liquid in a stem of a plant or the like can be measured. This vascular bundle liquid flow rate sensor (1) includes a heater sensor (HS) and a reference sensor (RS). The heater sensor (HS) is provided with: a first probe part (10a) comprising a heat transfer plate (11) and a probe (12); a heater (20); a first temperature sensor (30a); and a first case (40a) accommodating therein the heat transfer plate (11), the heater (20), and the first temperature sensor (30a). The reference sensor (RS) is provided with: a second probe part (10b) comprising a heat transfer plate (11) and a probe (12); a second temperature sensor; and a second case (40b) accommodating therein the heat transfer plate (11) and the second temperature sensor (30b). Each of the first probe part (10a) and the second probe part (10b) is formed of a metallic material.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
The production of crops and plants and the like, from the viewpoint of enhancing the productivity growth of the plants at an appropriate timing according to the state of irrigation to supply nutrients and needs to be performed.Therefore, does not interfere with the growth of the plants, the growth condition can be accurately grasped becomes very important.
In general, many agricultural site, the non-rainfall days, the weather, based on a temperature change or the like, experience and intuition to grasp the state of growth of the plants in the situation.However, growth of the plants by a method based on experience and manage the situation, such time and labor and requires skill.In addition, a reference index based on personal experience or the like.Therefore, the growth of the plants on the basis of experience as a method to grasp the state, it is difficult to conveniently carried out by anyone.
On the other hand, in recent years, plant crops and trees based on the biometric information for fertilization and moisture control of the variety of techniques have been developed.Granier in the measurement method using the method has attracted attention.In addition, a method of measuring the flow rate of the pulse signal causes a method has also been known (for example, Patent Document 1).
Is Patent Document 1, the master tree is formed by a drill or the like can be placed in the holes 3 and 1 of the rod-like temperature sensor is a device comprising a rod-shaped heater of the present invention has been disclosed.Then, in the Patent Document 1, a temperature sensor and a rod-shaped heater of the device formed in the side members of the tree and placed in the hole, after the lapse of a predetermined period of time based on the temperature difference between the two sensors in a tree which causes a flowing through the flow rate of the disclosed technology.
However, the apparatus of Patent Document 1, in the first place which causes a relatively large diameter stems in the tree in order to measure the flow rate of the flows have been developed and, used in the apparatus having a rod-shaped sensor of certain magnitude.Therefore, the apparatus of Patent Document 1, it leads to new sugar or the like stems, the stems of the order of several mm is difficult to apply to the case.
To grasp the state of growth of the plant, the plant can grasp the vascular flow rate of liquid is important.In particular, such as crops and plants to improve the productivity and quality is, and fruit sugar end of the new plant, such as a stem connected thereto, of the order of a few mm thickness of the vascular fluid flow is very important to grasp.
Therefore, the present inventors, new sugar fruit or plant of the terminal such as the kinetics of the liquid flowing in the details of the vascular (kinetics of liquid fertilizer or moisture) sensor can measure the dynamic moisture plant (Patent Document 2) are contemplated.Patent Document 2 is, like the new sugar fruit can be piercing end and formed to the moisture probe motion sensor comprises a plant has been disclosed.The probe is disposed penetrating the stem of the plant or the like, by making use of dynamic moisture granier (vascular fluid flow rate and direction) can be measured.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 ヒータセンサと、
リファレンスセンサと、を備え、
前記ヒータセンサは、
伝熱板と、該伝熱板に立設されたプローブとからなる第1プローブ部と、
前記第1プローブ部の前記伝熱板に熱を供給するヒータと、
前記第1プローブ部の前記伝熱板の温度を測定する第1温度センサと、
前記第1プローブ部の前記伝熱板、前記ヒータ、および前記第1温度センサを内部に収納するとともに、前記第1プローブ部の前記プローブを外部に露出させる第1筐体と、を備え、
前記リファレンスセンサは、
伝熱板と、該伝熱板に立設されたプローブとからなる第2プローブ部と、
前記第2プローブ部の前記伝熱板の温度を測定する第2温度センサと、
前記第2プローブ部の前記伝熱板、および前記第2温度センサを内部に収納するとともに、前記第2プローブ部の前記プローブを外部に露出させる第2筐体と、を備え、
前記第1プローブ部の前記プローブと前記第2プローブ部の前記プローブとは長さが同一であり、
前記第1プローブ部および前記第2プローブ部は、それぞれ金属材料で形成されている
ことを特徴とする維管束液流速センサ。
[請求項2]
 前記第1プローブ部の前記プローブおよび前記第2プローブ部の前記プローブは、それぞれ長さが1mm~5mmである
ことを特徴とする請求項1記載の維管束液流速センサ。
[請求項3]
 前記第1筐体と前記第2筐体とが一体化した筐体を備え、
前記第1プローブ部の前記プローブおよび前記第2プローブ部の前記プローブが前記筐体の一の面に並んで配置されている
ことを特徴とする請求項1または2記載の維管束液流速センサ。
[請求項4]
 前記リファレンスセンサを2つ備える
ことを特徴とする請求項1または2記載の維管束液流速センサ。
[請求項5]
 前記第1筐体と2つの前記第2筐体とが一体化した筐体を備え、
前記第1プローブ部の前記プローブおよび2つの前記第2プローブ部の前記プローブが前記筐体の一の面に並んで配置されており、
2つの前記第2プローブ部の前記プローブは前記第1プローブ部の前記プローブを挟む位置に配置されている
ことを特徴とする請求項4記載の維管束液流速センサ。
[請求項6]
 前記第1プローブ部および前記第2プローブ部は、それぞれ、単一の金属板を機械加工して前記伝熱板および前記プローブを形成したものである
ことを特徴とする請求項1、2、3、4または5記載の維管束液流速センサ。
[請求項7]
 前記第1プローブ部および前記第2プローブ部は、それぞれ、伝熱板相当部分とプローブ相当部分とを有する単一の金属板からなり、前記伝熱板相当部分と前記プローブ相当部分との接続部が折り曲げられたものである
ことを特徴とする請求項6記載の維管束液流速センサ。
[請求項8]
 前記第1プローブ部および前記第2プローブ部は、それぞれ、単一の金属板の一部を突出させて前記伝熱板および前記プローブを形成したものである
ことを特徴とする請求項6記載の維管束液流速センサ。
[請求項9]
 前記第1プローブ部および前記第2プローブ部は、それぞれ、金属板からなる伝熱板相当部分に金属線材からなるプローブ相当部分を接合したものである
ことを特徴とする請求項1、2、3、4または5記載の維管束液流速センサ。
[請求項10]
 前記ヒータは前記第1プローブ部の前記伝熱板と同一またはそれより広い面積を有する
ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8または9記載の維管束液流速センサ。
[請求項11]
 前記第1温度センサおよび前記第2温度センサは、それぞれシート状素材に温度検出素子を設けたものである
ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8、9または10記載の維管束液流速センサ。
[請求項12]
 前記ヒータおよび前記第1温度センサは、前記第1プローブ部の前記伝熱板と同一またはそれより広い面積を有する半導体基板に形成されている
ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8または9記載の維管束液流速センサ。
[請求項13]
 前記2温度センサは、前記第2プローブ部の前記伝熱板と同一またはそれより広い面積を有する半導体基板に形成されている
ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8または9記載の維管束液流速センサ。
[請求項14]
 前記第1筐体および前記第2筐体は、それぞれ前記第1プローブ部および前記第2プローブ部よりも熱伝導率の低い材料で形成されている
ことを特徴とする請求項1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12または13記載の維管束液流速センサ。
[請求項15]
 金属材料を用いて、伝熱板と、該伝熱板に立設されたプローブとからなるプローブ部を複数形成して第1プローブ部と第2プローブ部とを得るプローブ部形成工程と、
前記第1プローブ部の前記伝熱板にヒータと第1温度センサとを設け、前記第1プローブ部の前記プローブを外部に露出させるように、前記第1プローブ部の前記伝熱板、前記ヒータ、および前記第1温度センサを第1筐体の内部に収納することでヒータセンサを組み立てるヒータセンサ組立工程と、
前記第2プローブ部の前記伝熱板に第2温度センサを設け、前記第2プローブ部の前記プローブを外部に露出させるように、前記第2プローブ部の前記伝熱板、および前記第2温度センサを第2筐体の内部に収納することでリファレンスセンサを組み立てるリファレンスセンサ組立工程と、を備える
ことを特徴とする維管束液流速センサの製造方法。
[請求項16]
 前記プローブ部形成工程は、
金属板を加工して伝熱板相当部分とプローブ相当部分とを形成する板加工工程と、
前記伝熱板相当部分と前記プローブ相当部分との接続部を曲げ加工する曲げ工程と、を備える
ことを特徴とする請求項15記載の維管束液流速センサの製造方法。
[請求項17]
 前記板加工工程は、前記金属板をレーザ加工により切断して前記伝熱板相当部分と前記プローブ相当部分とを形成する
ことを特徴とする請求項16記載の維管束液流速センサの製造方法。
[請求項18]
 前記板加工工程は、前記金属板をプレス加工により打抜いて前記伝熱板相当部分と前記プローブ相当部分とを形成する
ことを特徴とする請求項16記載の維管束液流速センサの製造方法。
[請求項19]
 前記プローブ部形成工程は、金属板に深絞り加工を施して前記プローブを突出させる工程を備える
ことを特徴とする請求項15記載の維管束液流速センサの製造方法。
[請求項20]
 前記プローブ部形成工程は、
金属板を切断して伝熱板相当部分を形成する工程と、
金属線材を切断してプローブ相当部分を形成する工程と、
前記伝熱板相当部分に前記プローブ相当部分を接合する工程と、を備える
ことを特徴とする請求項15記載の維管束液流速センサの製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KAGAWA UNIVERSITY
  • Inventor
  • SHIMOKAWA Fusao
  • NAKATA Kyosuke
  • TAKAO Hidekuni
  • TERAO Kyohei
  • YOSHIMURA Hidenori
  • ISHIZUKA Hiroki
  • KOBAYASHI Tsuyoshi
  • KATAOKA Ikuo
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close