Top > Search of International Patents > FIXATOR

FIXATOR meetings

Foreign code F180009569
File No. (S2017-0489-N0)
Posted date Nov 5, 2018
Country WIPO
International application number 2018JP008247
International publication number WO 2018164034
Date of international filing Mar 5, 2018
Date of international publication Sep 13, 2018
Priority data
  • P2017-043240 (Mar 7, 2017) JP
Title FIXATOR meetings
Abstract Provided is a bone fixator capable of reducing risks to a human body and having a simple structure. This fixator (10) is provided with: pedicle screws (12, 14) fixed to first and second mounted portions (24, 26) of a bone, respectively; first and second vibration members (16, 18); and a rod (20). The first vibration member (16) is provided with a first screw (16a) comprising a right-hand thread, and fixed to the pedicle screw (12) so as to be able to vibrate. The second vibration member (18) is provided with a second screw (18a) comprising a left-hand thread, and fixed to the pedicle screw (14) so as to be able to vibrate. The rod (20) has a third screw (20a) at one end and a fourth screw (20b) at the other end. The third screw (20a) engages with the first screw (16a) and the fourth screw (20b) engages with the second screw (18a). The second vibration member (18), when receiving ultrasonic waves oscillated from the outside of the body, deforms while vibrating, and the rod (20) rotates while being pressed against by the second vibration member (18); accordingly, the distance between the pedicle screws (12, 14), that is, the distance between the first and second mounted parts (24, 26) is increased or decreased.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Curved or spine, is twisted to the left as scoliosis, a serious failure occurs in the internal organs is a possibility.In order to correct a twist of the curved spine, the spine of the inside of a human body, such as a metal shaft is fixed to the supporter of the spinal fusion has been performed.This auxiliary tool is positioned, of scoliosis until the state is improved, which is fixed to the body over a long period of time.Therefore, the growth of the patient and a treatment according to the situation, the length of the auxiliary tool needs to be changed.In the prior art, the auxiliary tool to the affected area with a scalpel has been opened for exchange, a large burden on the patient.
In recent years, such as an endoscope using a minimally invasive method of adjusting the length of the auxiliary device has been proposed.However, such as endoscopic surgery incision method may be a small load is required, breakage of the hard film covering the nerve there exists the risk of complications.So that the onset of a disease, an adjustment of the length of the auxiliary tool in the form of a plurality of times, and a greater risk of unacceptable.Therefore, without cutting a method of adjusting the length of the auxiliary tool is necessary.Does not require cutting of the non-invasive method of adjusting the length of the auxiliary tool such as, a magnetic field from the outside by means of the irradiation, contraction of the aid of the body has been known a technique (Non-Patent Document 1).Expands and contracts due to such a magnetic auxiliary tool, such as glowing rod as a product in any language, are used.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲
[請求項1]
 第一装着部に固定された第一支持部材と、
 第二装着部に固定された第二支持部材と、
 第一ねじを一端に備え、前記第一支持部材と前記第二支持部材との間にこの一端が配置されるように、前記第一支持部材に固定された第一連結部材と、
 前記第一ねじの向きと反対向きの第二ねじを一端に備え、前記第一支持部材と前記第二支持部材との間にこの一端が配置されるように、前記第二支持部材に固定された第二連結部材と、
 一端に前記第一ねじと嵌合する第三ねじを、他端に前記第二ねじと嵌合する第四ねじをそれぞれ備え、前記第一連結部材がこの一端に、前記第二連結部材がこの他端にそれぞれ嵌合され、振動波を受けて振動する振動部材と、
 を有し、
 外から発振された振動波を受けて前記振動部材が振動しながら形状変化し、前記第一連結部材および前記第二連結部材に押圧された前記振動部材が回転することによって、前記第一支持部材と前記第二支持部材の距離が増加または減少する固定具。
[請求項2]
 請求項1において、
 前記第一装着部が脊椎のある椎骨であり、前記第二の装着部が前記脊椎の他の椎骨であり、前記外が体外である脊椎固定術に用いられる固定具。
[請求項3]
 請求項1または2において、
 前記第一連結部材および前記第二連結部材が柱形状を備え、
 前記第一ねじおよび前記第二ねじが、前記第一連結部材および前記第二連結部材の外表面にそれぞれ形成されており、
 前記振動部材が筒形状を備え、前記第三ねじおよび前記第四ねじがこの筒の内表面に形成されている固定具。
[請求項4]
 請求項3において、
 前記第一ねじおよび前記第二ねじが、前記第一連結部材の中心軸からの距離が一定でない端部を有する突出部をそれぞれ備え、
 外から発振された振動波を受けて前記振動部材が振動しながら形状変化し、前記第一連結部材および前記第二連結部材に押圧された前記振動部材が回転することによって、前記第一支持部材と前記第二支持部材の距離が増加する固定具。
[請求項5]
 請求項4において、
 前記第一ねじおよび前記第二ねじが、前記第一連結部材および前記第二連結部材の断面直径方向に突出した少なくとも一対の前記突出部をそれぞれ備える固定具。
[請求項6]
 請求項5において、
 前記第一ねじおよび前記第二ねじが、直交する二対の前記突出部をそれぞれ備える固定具。
[請求項7]
 請求項1から6のいずれかにおいて、
 前記振動部材と接触するように前記振動部材を覆い、外から発振された振動波で共振した振動を前記振動部材に伝達する振動増幅部材をさらに有する固定具。
[請求項8]
 第一装着部に固定された第一支持部材と、
 第二装着部に固定された第二支持部材と、
 第一ねじを備え、振動可能に前記第一支持部材に固定され、振動波を受けて振動する第一振動部材と、
 前記第一ねじの向きと反対向きの第二ねじを備え、振動可能に前記第二支持部材に固定され、振動波を受けて振動する第二振動部材と、
 一端に前記第一ねじと嵌合する第三ねじを、他端に前記第二ねじと嵌合する第四ねじをそれぞれ備え、この一端が前記第一振動部材に、この他端が前記第二振動部材にそれぞれ嵌合された連結部材と、
 を有し、
 外から発振された振動波を受けて前記第一振動部材および前記第二振動部材の少なくとも一方が振動しながら形状変化し、前記第一振動部材および前記第二振動部材の少なくとも一方に押圧された前記連結部材が回転することによって、前記第一支持部材と前記第二支持部材の距離が増加または減少する固定具。
[請求項9]
 請求項8において、
 前記第一装着部が脊椎のある椎骨であり、前記第二装着部が前記脊椎の他の椎骨であり、前記外が体外である脊椎固定術に用いられる固定具。
[請求項10]
 請求項8または9において、
 前記連結部材が柱形状を備え、
 前記第一ねじおよび前記第二ねじが、前記連結部材の外表面に形成されており、
 前記第一振動部材が筒形状を備え、前記第三ねじがこの筒の内表面に形成されており、
 前記第二振動部材が筒形状を備え、前記第四ねじがこの筒の内表面に形成されている固定具。
[請求項11]
 請求項10において、
 前記第三ねじが、前記第一振動部材の中心軸からの距離が一定でない端部を有する突出部を備え、
 前記第四ねじが、前記第二振動部材の中心軸からの距離が一定でない端部を有する突出部を備える固定具。
[請求項12]
 請求項11において、
 前記端部が斜めである固定具。
[請求項13]
 請求項12において、
 前記第三ねじおよび前記第四ねじが、前記第一振動部材および前記第二振動部材の断面直径方向で対向する少なくとも一対の前記突出部をそれぞれ備える固定具。
[請求項14]
 請求項13において、
 前記第三ねじおよび前記第四ねじが、直交する二対の前記突出部をそれぞれ備える固定具。
[請求項15]
 請求項8から14のいずれかにおいて、
 前記第一振動部材と接触するように設置され、外から発振された振動波で共振した振動を前記第一振動部材に伝達する第一振動増幅部材と、
 前記第二振動部材と接触するように設置され、外から発振された振動波で共振した振動を前記第二振動部材に伝達する第二振動増幅部材と、
 をさらに有する固定具。
[請求項16]
 請求項1から15のいずれかにおいて、
 前記振動波が超音波である固定具。
[請求項17]
 第一装着部に固定された第一支持部材と、
 第二装着部に固定された第二支持部材と、
 前記第一支持部材および前記第二支持部材に固定された支持部材間結合部材と、
を備え、
 前記支持部材間結合部材は、
 一つまたは複数の連結部材と、
 振動波を受けて振動する一つまたは複数の振動部材と、
を有し、
 少なくとも一つの前記連結部材および少なくとも一つの前記振動部材は互いに嵌合するねじとを具備し、
 外から発振された振動波を受けて前記振動部材が振動しながら形状変化し、前記連結部材、または前記連結部材に押圧された前記振動部材が回転することによって、前記支持部材間結合部材が前記第一支持部材と前記第二支持部材の距離を可変とする固定具。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF YAMANASHI
  • Inventor
  • TERADA Hidetsugu
  • MAKINO Koji
  • KITANO Yudai
  • NATORI Tomohiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close