Top > Search of International Patents > LOCAL INFORMATION ASSIMILATION DEVICE, METHOD AND PROGRAM FOR REAL-TIME FLOOD HAZARD MAPPING

LOCAL INFORMATION ASSIMILATION DEVICE, METHOD AND PROGRAM FOR REAL-TIME FLOOD HAZARD MAPPING

Foreign code F180009604
File No. 5620
Posted date Nov 16, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP044954
International publication number WO 2018116958
Date of international filing Dec 14, 2017
Date of international publication Jun 28, 2018
Priority data
  • P2016-245158 (Dec 19, 2016) JP
Title LOCAL INFORMATION ASSIMILATION DEVICE, METHOD AND PROGRAM FOR REAL-TIME FLOOD HAZARD MAPPING
Abstract A flood hazard mapping device 1 equipped with: a storage unit 23 which, for a floodplain A that has been divided into multiple unit sections a, stores the result of a flood simulation executed under multiple conditions, and similarity information indicating the hydrological similarities between the unit sections; an observation data acquisition unit 33; a reproduction flood data creation unit 34 that creates reproduction flood data on the basis of results from multiple flood simulations and observation data; a difference data acquisition unit 35 that determines the difference between the observation data and the reproduction flood data; and a flood hazard map creation unit 36 that creates a flood hazard map by using the similarity information to reflect the difference with respect to the reproduction flood data.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Flooding of the river flood caused by water or the like to reduce the damage caused by an object such as, by flood (the basic twenty-seven year May revision date of the second word) is a drawing of a strip, the traffic category and each target country and a prefecture where the river and flooding the governor in the case where it is assumed that the flooded water flood zone is designated as assumed and defined as the area, the countermeasure against the specific city the river flood damage (the basic twenty-seven year May revision date of the second word) is the first of the thirty-two threads, a particular country of the river and flooding the city by city traffic category is assumed that the flood zone, flood zone is designated as assumed that the city is determined.Under these defined, each of the river flooding or the like in a local water hazard map is constructed on the assumption that the resident or the like are provided.
Conventional, water hazard map, for example, the original flooding (flooding at the time of the flowing water river such as flooding and overflow from the range of mountain-ringed region) is divided into a plurality of unit areas, the flow rate of the breakage point different from the water and overtopping boundary conditions created by the simulation results are integrated.However, this is assumed in advance is carried out under the boundary conditions for the simulation result, the occurrence of flooding of a river or the like actually occurs is different from the condition of the simulation, it is assumed that flood hazard map in locations where no possibility that the water is generated.Therefore, the actual flood acquired at the time of observation of the intrusion of water in real time to reflect the data hazard is demanded a technique for creating a map.
Is Patent Document 1, an advance order to the inundation simulation result, and flooding to reflect the actual measurement data analysis system is described.In this system, the original flooding is divided into a plurality of unit areas, the coefficient of roughness of each unit area, a point bank, an analysis parameter and the flow rate and the like and over the two-dimensional unsteady flow model simulation in real-time with the water, the actual flood water depth or the like acquired at the time of flooding the observation data is fed back to the parameters of the analysis of the simulation result of the processing are sequentially modified.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
 a) 複数の単位区域に分割された氾濫原について、破堤地点、越流量、及び粗度係数のうちの少なくとも1つが異なる複数の条件で実行された浸水シミュレーションの結果、及び該浸水シミュレーションの結果に基づいて作成された、前記複数の単位区域の相互間の浸水の発生状況の類似性を示す類似性情報が保存された記憶部と、
 b) 少なくとも1つの前記単位区域における浸水深さの観測データを取得する観測データ取得部と、
 c) 複数の前記浸水シミュレーションの結果及び前記観測データに基づいて再現浸水データを作成する再現浸水データ作成部と、
 d) 前記観測データと前記再現浸水データとの差異を求める差異データ取得部と、
 e) 前記再現浸水データに対し、前記類似性情報を用いて前記差異を反映することにより浸水ハザードマップを作成する浸水ハザードマップ作成部と
 を備えることを特徴とする浸水ハザードマッピング装置。

[請求項2]
 前記再現浸水データ作成部が、前記観測データに基づいて、前記複数の浸水シミュレーションの結果のそれぞれに重み付けの係数を付して重ね合わせることにより前記再現浸水データを作成する
 ことを特徴とする請求項1に記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項3]
 前記浸水ハザードマップ作成部が、最適内挿法により浸水ハザードマップを作成する
 ことを特徴とする請求項1又は2に記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項4]
 前記再現浸水データ作成部は、前記観測データ取得部が観測データを取得すると、前記再現浸水データを作成する
 ことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項5]
 前記再現浸水データ作成部は、浸水ハザードマップを作成してから所定時間が経過すると、前記再現浸水データを作成する
 ことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項6]
 前記記憶部には、前記浸水シミュレーションの結果が時系列データとして保存されており、
 前記再現浸水データ作成部は、新たな再現浸水データを作成する際に、前回再現浸水データの作成に用いた浸水シミュレーションの結果から、前回再現浸水データを作成してから経過した時間に応じた時点の浸水シミュレーションの結果に基づいて、再現浸水データを作成する
 ことを特徴とする請求項4又は5に記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項7]
 さらに、
 f) 表示部と、
 g) 前記浸水ハザードマップを前記表示部に表示する表示処理部と
 を備えることを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項8]
 前記表示処理部が、前記氾濫原の地図と、前記単位区域それぞれを、それぞれの浸水位に応じた表示態様で表示した前記浸水ハザードマップを重畳して前記表示部に表示する
 ことを特徴とする請求項7に記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項9]
 前記観測データ取得部は、さらに、観測データが取得された観測位置を取得し、
 前記表示処理部は、新たに取得された観測データを用いて、前記浸水ハザードマップ作成部が浸水ハザードマップを作成した場合に、当該浸水ハザードマップを作成する前の浸水ハザードマップと当該浸水ハザードマップとの相違を表し、取得した観測データの観測位置を示す画像を表示した浸水ハザードマップを前記表示部に表示する
 ことを特徴とする請求項8に記載の浸水ハザードマッピング装置。

[請求項10]
 a) 氾濫原を複数の単位区域に分割し、
 b) 前記氾濫原について、破堤地点、越流量、及び粗度係数のうちの少なくとも1つが異なる複数の条件で浸水シミュレーションを実行し、
 c) 前記浸水シミュレーションの結果に基づいて、前記複数の単位区域の相互間の浸水の発生状況の類似性を示す類似性情報を取得し、
 d) 実際の水害が生じたときに、少なくとも1つの前記単位区域における浸水深さの観測データを取得し、
 e) 複数の前記浸水シミュレーションの結果及び前記観測データに基づいて再現浸水データを作成し、
 f) 前記観測データと前記再現浸水データの差異を求め、
 g) 前記再現浸水データに対し、前記類似性情報を用いて前記差異を反映することにより浸水ハザードマップを作成する
 ことを特徴とする浸水ハザードマッピング方法。

[請求項11]
 複数の単位区域に分割された氾濫原について、破堤地点、越流量、及び粗度係数のうちの少なくとも1つが異なる複数の条件で実行された浸水シミュレーションの結果、及び該浸水シミュレーションの結果に基づいて作成された、前記複数の単位区域の間の浸水の発生状況の類似性を示す類似性情報が保存された記憶部を備えたコンピュータを、
 a) 少なくとも1つの前記単位区域における浸水深さの観測データを取得する観測データ取得部と、
 b) 複数の前記浸水シミュレーションの結果及び前記観測データに基づいて再現浸水データを作成する再現浸水データ作成部と、
 c) 前記観測データと前記再現浸水データの差異を求める差異データ取得部と、
 d) 前記再現浸水データに対し、前記類似性情報を用いて前記差異を反映することにより浸水ハザードマップを作成する浸水ハザードマップ作成部
 として動作させることを特徴とする浸水ハザードマッピング用プログラム。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • SAYAMA, Takahiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close