Top > Search of International Patents > VISUAL FILTER IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE

VISUAL FILTER IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE meetings

Foreign code F180009627
File No. 5344
Posted date Nov 20, 2018
Country WIPO
International application number 2017JP012067
International publication number WO 2017164383
Date of international filing Mar 24, 2017
Date of international publication Sep 28, 2017
Priority data
  • P2016-059657 (Mar 24, 2016) JP
Title VISUAL FILTER IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE meetings
Abstract The objective of the present invention is to identify objectively and quantitatively a time filter related to vision, non-invasively employing an oculomotor reflex. In the present invention, an initial image having a uniformly constant brightness, a first stimulation pattern image having a mean brightness the same as the initial image, and a second stimulation pattern image which induces apparent movement together with the first stimulation pattern image, are presented sequentially, while eye movement is measured during a fixed period while the second stimulation pattern image is being presented and is stored in association with the duration for which the first stimulating pattern image used during the measurement was presented. At this time, a setting of the duration for which the first stimulating pattern image used in each trial is presented is changed. Parameter values of an oculomotor reflex kinetic energy model are optimized in order to minimize the difference between a measured waveform specified in accordance with changes in a sight line direction, calculated for each presentation duration, and a simulation result calculated by inputting the first stimulating pattern image and the second stimulating pattern image into the kinetic energy model, and a time filter unique to an inspection target is calculated.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
The technique to evaluate visual function, for example 'method' or 'field measurement inspection method for the visual acuity test' is present. Each of these techniques, a visual 'spatial resolution' evaluation of 'a wide range of visible' used for evaluation. In addition, when looking at the moving object as a technique for measuring the visual acuity, for example 'vision of the moving body inspection method' is present. This technique, the visual object moves in the 'spatial resolution' used for evaluation.
In addition, 'the critical fusion frequency' method measures, examines the contrast sensitivity for each of the time-frequency method to quantify the frequency characteristics and the like, in recent years, also a method for estimating a time filter has been proposed (Non-Patent Document 1).
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
(a)検査対象の前方に配置したモニタ上に,一様に一定輝度を有する初期画像,前記初期画像と同じ平均輝度を有する第1刺激パターン画像,前記第1刺激パターン画像と共に仮現運動を惹起する第2刺激パターン画像を順番に提示するステップと,
(b)前記第2刺激パターン画像の提示中における一定期間内に眼球運動を測定し,測定時に用いた前記第1刺激パターン画像の提示時間長と対応付けて保存するステップと,
(c)前記(a)及び前記(b)に示す各ステップの実行を1試行回とし,各試行回で使用する前記第1刺激パターン画像の提示時間長の設定を変更しながら,複数回の試行を繰り返すステップと,
(d)前記(c)のステップにおける各試行回について,測定された前記眼球運動の測定データに基づいて視線方向の変化を計算するステップと,
(e)眼球運動反応の運動エネルギーモデルに,前記第1刺激パターン画像と前記第2刺激パターン画像を入力してシミュレーション結果を計算するステップと,
(f)前記(d)のステップで得られた視線方向の前記変化と,前記変化に対応付けられた前記提示時間長とによって特定される測定波形と,前記(e)のステップで得られたシミュレーション結果との差が最小になるように,前記運動エネルギーモデルのパラメータ値を最適化し,検査対象に固有の時間フィルタを計算するステップと,
 を有することを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項2]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
 前記(d)のステップにおいて,
  同じ提示時間長について測定された複数個の前記測定データの平均値を,当該提示時間長における視線方向の前記変化の代表値として使用する
 ことを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項3]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
 前記(a)及び前記(b)の各ステップにおいて,前記第1刺激パターン画像の各提示時間長について,前記第2刺激パターン画像として,第1の方向への仮現運動を惹起するパターン画像を提示する第1の試行と,前記第1の方向とは逆向きの第2の方向への仮現運動を惹起するパターン画像を提示する第2の試行とを行い,
 前記(d)のステップにおいて,前記第1の試行における変化と前記第2の試行における変化との差分を,各提示時間長について更に計算し,算出された値を前記提示時間長に対応する前記変化の代表値として使用する,
 ことを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項4]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
(g)前記時間フィルタをフーリエ解析して周波数領域における特性を同定するステップ を更に有することを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項5]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
 前記(b)のステップにおける前記一定期間は,前記第2刺激パターン画像の提示開始から50ミリ秒~200ミリ秒の区間である
 ことを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項6]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
 前記第1刺激パターン画像と前記第2刺激パターン画像はいずれも空間周波数が等しいパターンであり,前記第2刺激パターン画像の前記第1刺激パターン画像に対する位相θのずれは,一定方向に対して0°<θ<180°である
 ことを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項7]
 請求項1に記載の視覚フィルタ同定方法において,
 前記初期画像と前記第1刺激パターン画像には注視視標が表示される
 ことを特徴とする視覚フィルタ同定方法。

[請求項8]
 検査対象の前方に配置されたモニタ上に,一様に一定輝度を有する初期画像,前記初期画像と同じ平均輝度を有する第1刺激パターン画像,前記第1刺激パターン画像と共に仮現運動を惹起する第2刺激パターン画像を順番に提示させる視覚刺激提示部であり,各試行回で使用する前記第1刺激パターン画像の提示時間長の設定を変更しながら,前記初期画像,前記第1刺激パターン画像及び前記第2刺激パターン画像の提示を複数回繰り返す視覚刺激提示部と,
 前記第2刺激パターン画像の提示中における一定期間内に測定された眼球運動の測定データを,測定時に用いた前記第1刺激パターン画像の提示時間長と対応付けて記録するデータ記録部と,
 個々の前記提示時間長について測定された前記眼球運動の測定データに基づいて視線方向の変化を計算する第1の計算部と,眼球運動反応の運動エネルギーモデルに,前記第1刺激パターン画像と前記第2刺激パターン画像を入力してシミュレーション結果を計算する第2の計算部と,前記提示時間長と対応する視線方向の前記変化とによって特定される測定波形と,前記シミュレーション結果との差が最小になるように,前記運動エネルギーモデルのパラメータ値を最適化し,検査対象に固有の時間フィルタを計算する第3の計算部を有するデータ解析部と
 を有することを特徴とする視覚フィルタ同定装置。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • MIURA Kenichiro
  • OHNISHI Yusuke
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close