Top > Search of International Patents > ENDODERMAL CELL PRODUCTION METHOD, LIVER CELL PRODUCTION METHOD, PANCREATIC CELL PRODUCTION METHOD, ENDODERMAL CELL INDUCTION PROMOTER, LIVER CELL INDUCTION PROMOTING KIT, PANCREATIC CELL INDUCTION PROMOTING KIT, AND MICRO FLUID DEVICE

ENDODERMAL CELL PRODUCTION METHOD, LIVER CELL PRODUCTION METHOD, PANCREATIC CELL PRODUCTION METHOD, ENDODERMAL CELL INDUCTION PROMOTER, LIVER CELL INDUCTION PROMOTING KIT, PANCREATIC CELL INDUCTION PROMOTING KIT, AND MICRO FLUID DEVICE

Foreign code F180009638
File No. 4783
Posted date Nov 20, 2018
Country WIPO
International application number 2015JP085894
International publication number WO 2016104541
Date of international filing Dec 22, 2015
Date of international publication Jun 30, 2016
Priority data
  • P2014-261088 (Dec 24, 2014) JP
Title ENDODERMAL CELL PRODUCTION METHOD, LIVER CELL PRODUCTION METHOD, PANCREATIC CELL PRODUCTION METHOD, ENDODERMAL CELL INDUCTION PROMOTER, LIVER CELL INDUCTION PROMOTING KIT, PANCREATIC CELL INDUCTION PROMOTING KIT, AND MICRO FLUID DEVICE
Abstract Provided is an endodermal cell production method with which it is possible to induce endodermal cells from scattered pluripotent cells, and increase endodermal cell preparation efficiency. This endodermal cell production method produces endodermal cells by inducing the endodermal cells from pluripotent cells, said method comprising an induction step for inducing the endodermal cells from the pluripotent cells in the presence of an endodermal-cell inducing factor, wherein at the induction step, the cell density of the pluripotent cells at the start of induction is preferably 0.5×104 to 2×104 cells/cm2.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In order for the functional evaluation of the drug, ES cells (embryonic stem cells, embryonic stem cells), induced pluripotent stem cell (induced pluripotent stem cells, iPS cells) from pluripotent cells such as liver-like cells (hereinafter, ' liver cells' also referred to as.) Allowing formation have been tried. Wherein said pluripotent cells from the liver cells may be induced, liver cell differentiation to a gene involved wherein said pluripotent cells are introduced into the known. In addition, the non-patent document 1, wherein said pluripotent cells to form a cell mass from the method for inducing liver cells disclosed.
However, in the introduction gene, for example, cancer cells after introducing the possibility of concern and the like. In addition, in the method of Non-Patent Document 1, in the initial stage of differentiation and a problem in that most of the cells are killed, the liver cells suitable for the induction of difficult to produce a uniform cell mass is a problem.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
多能性細胞から内胚葉系細胞を誘導することにより前記内胚葉系細胞を製造する方法であって、
内胚葉系細胞誘導因子の存在下、前記多能性細胞を前記内胚葉系細胞へ誘導する誘導工程を含み、
前記誘導工程において、ROCKタンパク質の活性を抑制することを特徴とする、内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項2]
前記誘導工程において、前記誘導開始時の前記多能性細胞の細胞密度が、0.5×10 4~2×10 5細胞/cm 2である、請求項1記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項3]
前記多能性細胞が、分散された多能性細胞である、請求項1または2記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項4]
前記内胚葉系細胞誘導因子が、TGF-βファミリータンパク質、bFGF、PI 3Kタンパク質の活性抑制物質、GSK-3βタンパク質の活性抑制物質、およびmTORタンパク質の活性抑制物質からなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項5]
前記TGF-βファミリータンパク質が、アクチビン、BMP-4、およびNODALからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項4記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項6]
前記誘導工程が、前記内胚葉系細胞誘導因子を含む多能性細胞用の培養液の存在下、前記多能性細胞を前記内胚葉系細胞へ誘導する誘導工程である、請求項1から5のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項7]
前記培養液が、TGF-βファミリータンパク質、bFGF、およびインスリンを含む培養液である、請求項6記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項8]
前記誘導工程において、前記ROCKタンパク質の活性抑制化合物により前記ROCKタンパク質の活性を抑制する、請求項1から7のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の製造方法。

[請求項9]
肝臓細胞分化因子の存在下、内胚葉系細胞を肝臓細胞へ分化させる分化工程を含み、
前記内胚葉系細胞が、請求項1から8のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の製造方法により得られた内胚葉系細胞であることを特徴とする、肝臓細胞の製造方法。

[請求項10]
前記肝臓細胞分化因子が、TGF-βファミリータンパク質、FGF10、およびWNTからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項9記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項11]
前記TGF-βファミリータンパク質が、アクチビン、BMP-4、およびNODALからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項10記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項12]
さらに、肝臓細胞成熟因子の存在下、前記肝臓細胞を成熟させる成熟工程を含む、請求項9から11のいずれか一項に記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項13]
前記成熟工程において、足場上で前記肝臓細胞を成熟させる、請求項12記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項14]
前記足場が、細胞外基質タンパク質を含むコーティングである、請求項13記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項15]
前記足場が、血液成分を含むコーティングである、請求項13記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項16]
前記足場が、組み換えタンパク質を含むコーティングである、請求項13記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項17]
前記肝臓細胞成熟因子が、OSM、HGF、デキサメタゾン、ニコチンアミド、ジメチルスルホキシド、および酪酸ナトリウムからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項12から16のいずれか一項に記載の肝臓細胞の製造方法。

[請求項18]
膵臓細胞分化因子の存在下、内胚葉系細胞を膵臓細胞へ分化させる分化工程を含み、
前記内胚葉系細胞が、請求項1から8のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の製造方法により得られた内胚葉系細胞であることを特徴とする、膵臓細胞の製造方法。

[請求項19]
多能性細胞から内胚葉系細胞の誘導に用いる誘導促進剤であって、
ROCKタンパク質の活性抑制物質を含むことを特徴とする、内胚葉系細胞の誘導促進剤。

[請求項20]
前記ROCKタンパク質の活性抑制物質が、前記ROCKタンパク質の活性抑制化合物である、請求項19記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤。

[請求項21]
さらに、内胚葉系細胞誘導因子を含む、請求項19または20記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤。

[請求項22]
前記内胚葉系細胞誘導因子が、TGF-βファミリータンパク質、bFGF、PI 3Kタンパク質の活性抑制物質、GSK-3βタンパク質の活性抑制物質、およびmTORタンパク質の活性抑制物質からなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項21記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤。

[請求項23]
前記TGF-βファミリータンパク質が、アクチビン、BMP-4、およびNODALからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項22記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤。

[請求項24]
請求項19から23のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤を含むことを特徴とする、肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項25]
さらに、肝臓細胞分化因子を含む、請求項24記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項26]
前記肝臓細胞分化因子が、TGF-βファミリータンパク質、FGF10、およびWNTからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項25記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項27]
前記TGF-βファミリータンパク質が、アクチビン、BMP-4、およびNODALからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項26記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項28]
さらに、肝臓細胞成熟因子を含む、請求項24から27のいずれか一項に記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項29]
前記肝臓細胞成熟因子が、OSM、HGF、デキサメタゾン、ニコチンアミド、ジメチルスルホキシド、および酪酸ナトリウムからなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項28記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項30]
さらに、マイクロ流体デバイスを含み、
前記マイクロ流体デバイスが、少なくとも2つの開口部と細胞培養チャンバーとを含み、
前記開口部は、前記細胞培養チャンバーと接続され、
前記細胞培養チャンバー内に前記肝臓細胞と足場とを導入して培養したときに、少なくとも1つの前記開口部から前記細胞培養チャンバーへの前記肝臓細胞成熟因子の供給を前記細胞培養チャンバー内で濃度勾配を形成しながら行うことができるマイクロ流体デバイスである、請求項28または29記載の肝臓細胞の誘導促進キット。

[請求項31]
請求項19から23のいずれか一項に記載の内胚葉系細胞の誘導促進剤を含むことを特徴とする、膵臓細胞の誘導促進キット。

[請求項32]
少なくとも2つの開口部と細胞培養チャンバーとを含み、
前記開口部は、前記細胞培養チャンバーと接続され、
前記細胞培養チャンバー内に肝臓細胞と足場とを導入して培養したときに、少なくとも1つの前記開口部から前記細胞培養チャンバーへの肝臓細胞成熟因子の供給を前記細胞培養チャンバー内で濃度勾配を形成しながら行うことができ、
請求項9から17の肝臓細胞の製造方法に使用することを特徴とする、マイクロ流体デバイス。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • KAMEI Kenichiro
  • HONDA Momoko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close