Top > Search of International Patents > RELATEDNESS GRAPH EVALUATION SYSTEM

RELATEDNESS GRAPH EVALUATION SYSTEM

Foreign code F180009648
File No. 4482
Posted date Nov 21, 2018
Country WIPO
International application number 2015JP054210
International publication number WO 2015125758
Date of international filing Feb 17, 2015
Date of international publication Aug 27, 2015
Priority data
  • P2014-029713 (Feb 19, 2014) JP
Title RELATEDNESS GRAPH EVALUATION SYSTEM
Abstract The objective of the present invention is to provide a relatedness evaluation system with which the relatedness of nodes to a base node can be evaluated efficiently in a relatedness graph in which multiple nodes are connected by links. A base node is selected on the basis of selection information that pertains to base nodes and has been input by a selection information input unit. On the basis of the base node a relatedness graph to be evaluated is extracted from a relatedness graph database, and a virtual communication network is generated on the basis of the relatedness graph. A simulation is performed in the virtual communication network by successively propagating a virtual communication packet to adjacent nodes, with the base node selected by the base node selection unit as the propagation source. The relatedness of each node to the base node is evaluated on the basis of the content of the communication packet received at the node as a result of the simulation.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Conventional, for the implementation of an advanced service, the individual detailed attribute information of the data is addressed can be provided, on the other hand, the relationship between the data service use has been considered an attempt (see Non-Patent Document 1). In particular the relationship between the people and the relationship between the movement of the person such as location and the context of the social relationship and is attracting attention, these data relationships are expressed as a relationship graph.
Is a graph of this relationship, as shown in Fig. 3 (a), a person, mono, location, such as content object represents the objects as nodes, their presence or absence of the relationship of the objects of the present invention is expressed by a link. In addition, the direct relationship between the nodes connected to the strength of the link length is given, via the other nodes connected to the strength of the relationship between the nodes is given by the path length.
In addition, the online or real world observed by the input source of the information, the node group as an object included in the input source is generated. In addition, by generating a link between the nodes, the relationship graph (partial graph) is small is formed.
In addition, a plurality of the partial graph, coupled via a common node 1 can be in one of a large association graph is formed, which is retained in the database (see Patent Document 1). It should be noted that, upon binding of the target, as the same link in an overlapping manner, the link length decreases.
In addition, the database held in the association graph may be used as a reference for various applications. For example, SNS (social networking service) as the input source information, and only when the relationship of a graph, not a direct link with a person, a small path length of the other person as a friend in the future can be presented (recommended) to. For example, by the mobile terminal is in the E-commerce, location and a visit history from the history of purchase of the commodity if the association graph is formed, is a consumer when visiting a location, the relationship graph from the location and the consumer goods such as a small path length can be recommended.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
 複数のノードをリンクで接続した関係性グラフを評価する関係性グラフ評価システムであって、
 関係性グラフを記憶する関係性グラフデータベースと、
 基点ノードに関する選択情報が入力される選択情報入力部と、
 該選択情報入力部により入力された基点ノードに関する選択情報に基づいて基点ノードを選択する基点ノード選択部と、
 該基点ノード選択部により選択された基点ノードに基づいて、関係性グラフデータベースから評価対象となる関係性グラフを抽出する関係性グラフ抽出部と、
 該関係性グラフ抽出部により抽出された関係性グラフに基づいて、仮想通信ネットワークを生成する仮想通信ネットワーク生成部と、
 該仮想通信ネットワーク生成部により生成された仮想通信ネットワークにおいて、前記基点ノード選択部により選択された基点ノードを伝播元として、仮想の通信パケットを隣接するノードに順次伝播させることによりシミュレーションを実行する仮想通信ネットワークシミュレーション部と、
 該仮想通信ネットワークシミュレーション部によりシミュレーションが実行された結果、ノードに受信された通信パケットの内容に基づいて、基点ノードに対する当該ノードの関係性を評価する関係性評価部と、
 該関係性評価部による基点ノードに対する当該ノードの関係性の評価結果を出力する関係性評価出力部とを備えることを特徴とする関係性グラフ評価システム。

[請求項2]
 前記関係性評価指示部は、前記仮想通信ネットワークシミュレーション部によるシミュレーションに使用される制御パラメータを指示する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項3]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、受信した通信パケットの情報を記録した上で、当該通信パケットを隣接するノードに伝播させる請求項1または請求項2に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項4]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、通信パケットを伝播してきた相手のノードには当該通信パケットを伝播させない請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項5]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、通信パケットを隣接するノードに伝播させるときに、通信パケットのボリュームに隣接するノードとのリンクの伝播成功率を乗算して伝播させる請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項6]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、通信パケットを隣接するノードに伝播させるときに、通信パケットのホップ数を一ないし複数増加させ、通信パケットが所定のホップ数に達したときに当該通信パケットを破棄する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項7]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、通信パケットを隣接するノードに伝播させるときに、通信パケットの累積遅延をリンクの伝播遅延の分だけ増加させ、通信パケットが所定の累積遅延に達したときに当該通信パケットを破棄する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項8]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、隣接する複数のノードのうち、伝播成功率が最も高いリンクを有するノードに通信パケットを伝播させる請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項9]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、隣接するノードの個数に応じて同じボリュームの通信パケットを複製し、それら複製した通信パケットをそれぞれ隣接する複数のノードに伝播させる請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項10]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、各ノードにおいて、隣接するノードの個数に応じて通信パケットのボリュームを分割し、それら分割した通信パケットをそれぞれ隣接する複数のノードに伝播させる請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項11]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、隣接するノードとの間のリンクの伝播成功率に比例して通信パケットのボリュームを分割する請求項10に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項12]
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、基点ノードから異なる経路で伝播してきた各通信パケットのボリュームの和により、基点ノードから各ノードまでの距離を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項13]
 前記関係性評価部は、各ノードで受信した通信パケットの個数、ボリューム、あるいは経路の類似性を比較することにより、各ノードの類似性を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項14]
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、基点ノードから異なる経路で伝播してきた各通信パケットのホップ数のうち、最少ホップ数に基づいて基点ノードに対する当該ノードの直接性を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項15]
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、基点ノードから異なる経路で伝播してきた通信パケットの個数とボリュームに基づいて基点ノードに対する当該ノードの従属性を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項16]
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、基点ノードから異なる経路で伝播してきた各通信パケットが共通の中継ノードを経由していた場合、当該中継ノードは基点ノードから当該ノードとの間の関係性において影響度が大きいと評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項17]
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、基点ノードから異なる経路で伝播してきた通信パケットの個数に基づいて当該ノードの頑強性を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項18]
 前記関係性評価部は、前記仮想通信ネットワークシミュレーション部により通信パケットが伝播される過程において、通信パケットの所定ホップ数毎または所定時間毎に、ノードに受信された通信パケットの内容に基づいて、基点ノードに対する当該ノードの関係性を評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項19]
 前記基点ノード選択部は、複数の基点ノードを選択し、
 前記関係性評価部は、各ノードにおいて、各基点ノードに対する距離、直接性、従属性、類似性、中継ノードの影響度、あるいは頑強性の少なくとも一つを評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

[請求項20]
 前記仮想通信ネットワークシミュレーション部は、基点ノードから所定範囲の複数のノードを伝播元として通信パケットを隣接するノードに順次伝播させていき、
 前記関係性評価部は、前記所定範囲内のノードにおいて受信された通信パケットの分布に基づいて特徴的なノードまたは部分ネットワークを抽出して評価する請求項1に記載の関係性グラフ評価システム。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • KOBE DEGITAL LABO INC.
  • Inventor
  • SHINKUMA Ryoichi
  • YAMAGUCHI Kazuhiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close