Top > Search of International Patents > LSD1-SELECTIVE INHIBITOR HAVING LYSINE STRUCTURE

LSD1-SELECTIVE INHIBITOR HAVING LYSINE STRUCTURE

Foreign code F180009657
File No. 3965
Posted date Nov 21, 2018
Country WIPO
International application number 2013JP082011
International publication number WO 2014084298
Date of international filing Nov 28, 2013
Date of international publication Jun 5, 2014
Priority data
  • P2012-260222 (Nov 28, 2012) JP
Title LSD1-SELECTIVE INHIBITOR HAVING LYSINE STRUCTURE
Abstract The present invention mainly addresses the problem of providing a novel compound having a LSD1-selective inhibitory activity and also having an anti―tumor/anti-cancer activity, an anti-virus activity and the like. As a means for solving the problem, a compound represented by formula (I) or a pharmaceutically acceptable salt thereof is provided. [In the formula, R1 to R5, A, and *1 to *3 are as defined in the description.]
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Specific amino acid residues of the quality of a methylated core histone proteins, made by modifications such as acetylation, changes the chromatin structure of chromosomes, which has an important function in gene regulation has been recently revealed. Is Lysine-specific histone demethylase 1(LSD1), quality of core histone proteins 4 histone H3 monomethylated lysine residue by way of the second (H3K4me1) and (H3K4me2) demethylation of the dimethylated body which catalyzes the reaction, a histone demethylating enzyme (non-patent document 1).
LSD1 Can be suppressed by the RNAi function, cell proliferation is inhibited in cancer cells has been reported. Further, the trans-2 - phenylcyclopropyl amine LSD1 described later can be used as inhibitors, may be effective in the treatment of leukemia has been reported.
LSD1 A compound capable to inhibit the function of as, nialamide (tranylcypromine) and trans-2 - phenylcyclopropyl amine known (non-patent document 1, 2). However, these compounds are, low inhibitory activity against LSD1, and LSD1 are highly homologous to further monoamine oxidase (MAO) for also inhibit compound, not with respect to the selective inhibitors of LSD1. MAO (in humans, MAO-A and MAO-B) is, in the adjustment of the important neurotransmitter, or nialamide tranisylpromine clinical application as an inhibitor to LSD1 there is a possibility of an adverse effect is difficult to increase.
Non-patent document 3 and Patent Document 1 is, in the function of the LSD1 can inhibit the disclosed phenylcyclopropyl amine derivatives. However, the compound is is provided with a high selectivity for LSD1, LSD1 inhibitory activity and cell proliferation activity of cancer cells, particularly human insufficient active with respect to the cancer cells.
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
下記式(I)で表される化合物又はその薬学上許容される塩。
[化1]

[式中、R 1及びR 2は、同一又は異なって、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアルキルカルボニル基、置換基を有してもよいシクロアルキルカルボニル基、置換基を有してもよいアリールカルボニル基、置換基を有してもよいヘテロアリールカルボニル基、置換基を有してもよいアラルキルカルボニル基、置換基を有してもよいアルキルオキシカルボニル基、置換基を有してもよいシクロアルキルオキシカルボニル基、置換基を有してもよいアリールオキシカルボニル基、又は置換基を有してもよいヘテロアリールオキシカルボニル基を示す。R 3及びR 4は、同一又は異なって、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアリール基、置換基を有してもよいヘテロアリール基又は置換基を有してもよいアラルキル基を示すか、それが結合する窒素原子とともに含窒素ヘテロ環を形成してもよい。ただし、R 3及びR 4は、同時に水素原子になることはない。
R 5は、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアリール基、置換基を有してもよいヘテロアリール基又は置換基を有してもよいアラルキル基を示す。
Aは、置換基を有してもよいアリール基又は置換基を有してもよいヘテロアリール基を示す。
*1~*3は、不斉炭素を示す。]

[請求項2]
下記式(II)で表される化合物又はその薬学上許容される塩。
[化2]

[式中、R 1及びR 2は、同一又は異なって、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアルキルカルボニル基、置換基を有してもよいシクロアルキルカルボニル基、置換基を有してもよいアリールカルボニル基、置換基を有してもよいヘテロアリールカルボニル基、置換基を有してもよいアラルキルカルボニル基、置換基を有してもよいアルキルオキシカルボニル基、置換基を有してもよいシクロアルキルオキシカルボニル基、置換基を有してもよいアリールオキシカルボニル基、又は置換基を有してもよいヘテロアリールオキシカルボニル基を示す。R 3及びR 4は、同一又は異なって、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアリール基、置換基を有してもよいヘテロアリール基又は置換基を有してもよいアラルキル基を示すか、それが結合する窒素原子とともに含窒素ヘテロ環を形成してもよい。ただし、R 3及びR 4は、同時に水素原子になることはない。
R 5は、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアリール基、置換基を有してもよいヘテロアリール基又は置換基を有してもよいアラルキル基を示す。
Rは、水素原子又は置換基を表す。
mは、0~5の整数を表す。
*1~*3は、不斉炭素を示す。]

[請求項3]
下記式(III)~(VI)のいずれかで表される化合物又はその薬学上許容される塩。
[化3]

[式中、R 5は、水素原子、置換基を有してもよいアルキル基、置換基を有してもよいシクロアルキル基、置換基を有してもよいアリール基、置換基を有してもよいヘテロアリール基又は置換基を有してもよいアラルキル基を示す。
Rは、水素原子又は置換基を表す。
mは、同一又は異なって、0~5の整数を表す。Rは、同一又は異なって、水素原子又は置換基を表す。
*1~*3は、不斉炭素を示す。]

[請求項4]
下記のいずれかの化合物又はその薬学上許容される塩:
 2-(N-ベンゼンカルボニル)アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-(N-tert-ブトキシカルボニル)アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-メチルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-tert-ブチルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-クロロベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フルオロベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-トリフルオロメチルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-{3-[(2-アミノ)エチルカルバモイル]ベンゼンカルボニルアミノ}-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[3-(ピペラジン-1-カルボニル)ベンゼンカルボニルアミノ}-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-ベンジルヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(4-メチルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(4-フルオロベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(4-フェニルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(4-tert-ブチルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(3-メチルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(3-フルオロベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(3-フェニルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(3-トリフルオロメチルベンジル)ヘキサンアミド、
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(4-クロロベンジル)ヘキサンアミド、又は
 2-[N-(4-フェニルベンゼンカルボニル)]アミノ-6-(トランス-2-フェニルシクロプロパン-1-アミノ)-N-(3-クロロベンジル)ヘキサンアミド。

[請求項5]
請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物又はその薬学上許容される塩を含む医薬組成物。

[請求項6]
請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物又はその薬学上許容される塩を有効成分とする抗がん剤。

[請求項7]
請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物又はその薬学上許容される塩を有効成分とする抗ウイルス薬。

[請求項8]
請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物又はその薬学上許容される塩を有効成分とするヘモグロビン異常症治療薬。

[請求項9]
請求項1~4のいずれか1項に記載の化合物又はその薬学上許容される塩を有効成分とするLSD1(Lysine-specific demethylase 1)阻害剤。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO PREFECTURAL PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION
  • PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA CITY UNIVERSITY
  • EDUCATIONAL CORPORATION KANSAI BUNRI SOUGOUGAKUEN
  • FRONTIER PHARMA INC.
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • SUZUKI, Takayoshi
  • ITOH, Yukihiro
  • OGASAWARA, Daisuke
  • MIYATA, Naoki
  • MIZUKAMI, Tamio
  • SASAKI, Ryuzo
  • TAKAORI, Akifumi
  • KAWAHARA, Masahiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JP KE KG KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close