Top > Search of International Patents > OBSERVATION METHOD USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL, AND OBSERVATION DEVICE USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL

OBSERVATION METHOD USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL, AND OBSERVATION DEVICE USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL

Foreign code F190009791
File No. (S2017-0924-N0)
Posted date May 8, 2019
Country WIPO
International application number 2018JP030683
International publication number WO 2019039438
Date of international filing Aug 20, 2018
Date of international publication Feb 28, 2019
Priority data
  • P2017-158656 (Aug 21, 2017) JP
Title OBSERVATION METHOD USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL, AND OBSERVATION DEVICE USING NON-HUMAN MAMMALIAN CEREBRAL INFARCTION MODEL
Abstract [Problem] To provide a method for observation by a non-human mammalian cerebral infarction model, and a device for observation by a non-human mammalian cerebral infarction model.
[Solution] The problem addressed by the present invention is solved by a method for observing a non-human mammal in a state of cerebral infarction, the method comprising performing a procedure to make the brain of an anesthetized non-human mammal observable using a remote bilateral common carotid artery occlusion model for the non-human mammal, and observing, temporally/spatially and in real time, the cerebral infarction pathology from before the onset of infarction in a cerebral blood vessel until ischemia/abnormal contraction/reperfusion through use of a two-photon laser microscope.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
And cerebral infarction, mainly, the occlusion or stenosis of the blood vessels feeding to the brain for ischemic brain, brain tissue necrosis due to lack of oxygen and nutrients to mean a disease. In Japan, the number of patients with cerebral infarction and about 150 million, 50 million people each year about which is said to develop. Cerebral infarcts, among causes of death of Japanese that is located within position 5. And acquiring a cerebral infarction, acute phase the death of the subject, the care of a long period of time leaving the sequelae often required. Cerebral infarcts, occupies about the cause of the interrupt 3 bedridden, care, a disease associated with a great challenge in terms of well-being.
All around the world, the treatment of cerebral infarction energetically performed studies. However, even in the case of a current, a critical treatment has not been established. Conventional therapy as well as the development, since the suspected limits of the therapy, therapy based on the new concept been desired earnestly. In order to establish a new therapy, the conventional method is resolved in different ways according to conditions required for cerebral infarction. As one of the methods, exhaustive observation method in which a cerebral infarction lesions and the like. However, at present, and a cerebral infarction exhaustive observation method in which a lesion has not been established. Therefore, exhaustive observation can be performed and the new development of cerebral infarction model required for the observation method. Cerebral infarction model and exhaustive observation can be performed by establishing observation method, in the conventional observation method can be regarded the new condition cannot be found or, more reliably determine a condition such as cerebral infarction to elucidate the efficacy, treatment method can greatly help in the establishment is expected (Patent Document 1, 2).
Scope of claims (In Japanese)請求の範囲 [請求項1]
非ヒト哺乳類の両側総頸動脈遠隔閉塞モデルを用いて、非ヒト哺乳類の脳を観察できるように処置し、二光子レーザー顕微鏡によって、脳梗塞発症前から虚血・異常収縮・再灌流までの脳梗塞病態を時間的・空間的にリアルタイムに観察する脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項2]
前記非ヒト哺乳類が、マウス、ラット、ウサギ及びサルからなる群から選択される一つである請求項1に記載の脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項3]
前記非ヒト哺乳類が、全身に緑色蛍光タンパク質(GFP)を発現したGFP非ヒト哺乳類である請求項2に記載の脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項4]
非ヒト哺乳類の両側総頸動脈遠隔閉塞モデルを用いて、非ヒト哺乳類の脳を観察できるように処置し、二次元レーザー血流計によって、梗塞発症前から虚血・異常収縮・再灌流までの脳血流変化を観察する脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項5]
非ヒト哺乳類の両側総頸動脈遠隔閉塞モデルを用いて、非ヒト哺乳類の脳を観察できるように処置し、実体顕微鏡によって、梗塞発症前から虚血・異常収縮・再灌流までの脳血管を含めた脳表形態を観察する脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項6]
請求項1~5のいずれか一つに記載の観察方法を使用して、薬物の脳梗塞への影響を調べる脳梗塞薬の開発方法であって、脳虚血に伴う血管の異常収縮の抑制を指標とする脳梗塞薬の開発方法。

[請求項7]
請求項6に記載の脳梗塞薬の開発方法によって開発された脳梗塞の予防及び/または治療剤。

[請求項8]
請求項6に記載の脳梗塞薬の開発方法によって見出された脳梗塞の予防及び/または治療効果を有するα-アドレナリン受容体アンタゴニスト。

[請求項9]
請求項8に記載のα-アドレナリン受容体アンタゴニストであるフェントラミン・メシレート及びその類縁化合物。

[請求項10]
非ヒト哺乳類と、この非ヒト哺乳類を麻酔下で固定する固定台と、前記非ヒト哺乳類の頸動脈の血流を遠隔的に開閉する頸動脈開閉装置と、前記非ヒト哺乳類の脳の開頭部の動画を撮影可能な撮影装置と、前記非ヒト哺乳類の脳を観察する二光子レーザー顕微鏡とを備えた脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置。

[請求項11]
非ヒト哺乳類と、この非ヒト哺乳類を麻酔下で固定する固定台と、前記非ヒト哺乳類の頸動脈の血流を遠隔的に開閉する頸動脈開閉装置と、前記非ヒト哺乳類の脳表の動画を撮影可能な撮影装置と、前記非ヒト哺乳類の脳を観察する二次元レーザー血流計とを備えた脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置。

[請求項12]
前記非ヒト哺乳類が、マウス、ラット、ウサギ及びサルからなる群から選択される一つである請求項10に記載の脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置。

[請求項13]
非ヒト哺乳類と、この非ヒト哺乳類を麻酔下で固定する固定台と、前記非ヒト哺乳類の頸動脈の血流を遠隔的に開閉する頸動脈開閉装置と、前記非ヒト哺乳類の脳表の動画を撮影可能な撮影装置と、前記非ヒト哺乳類の脳を観察する実体顕微鏡とを備えた脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置。

[請求項14]
非ヒト哺乳類と、この非ヒト哺乳類を麻酔下で固定する固定台と、前記非ヒト哺乳類の脳表の動画を二光子レーザー顕微鏡で撮影可能な撮影装置とを備えたスクリーニング装置において、前記撮影装置により撮影された動画に基づき血液脳関門を通過する物資をリアルタイムでスクリーニングする方法。

[請求項15]
非ヒト哺乳類の一過性前脳虚血及び一側頸動脈狭窄による、皮質梗塞モデル。

[請求項16]
請求項15に記載の非ヒト哺乳類の皮質梗塞モデルを用いて、皮質脳梗塞を形成した脳を観察できるように処置し、二光子レーザー顕微鏡によって、脳血管の梗塞発症前から虚血・異常収縮・再灌流までの脳梗塞病態を時間的・空間的にリアルタイムに観察する脳梗塞病態非ヒト哺乳類の観察方法。

[請求項17]
請求項6に記載の脳梗塞薬の開発方法によって見出された脳梗塞の予防及び/または治療効果を有するカルシウム・チャンネル・ブロッカー。

[請求項18]
請求項17に記載のカルシウム・チャンネル・ブロッカーであるニカルジピン及びその類縁化合物。

[請求項19]
請求項10~13のいずれか一つに記載の脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置であって、前記撮影装置は、スキャナーとしてレゾナントスキャナーと、検出器として冷却高感度ガリウム砒素リン(GaAsP)検出器を備えた脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置。

[請求項20]
非ヒト哺乳類の頭蓋に外方から観察可能な頭蓋開頭を設けた脳病態の非ヒト哺乳類観察用モデルを用いて、脳室内に薬剤を投与する方法であって、前記頭蓋開頭の対側の側脳室に薬剤投与用のカニューレを留置するときに、前記カニューレの開口位置をプレグマから0.5mm後方、1.0mm外側、脳表から2mmの深さとなる所定の位置に固定することを特徴とする顕微鏡観察に支障とならない脳室内への薬剤投与方法。

[請求項21]
顕微鏡を用いて対象物を観察するときに用いられる遮光デバイスであって、前記顕微鏡の対物レンズの外周径とほぼ同等の内周径と、前記対象物に遮光状態で接触する下端縁とを備え、前記顕微鏡による観察時には、当該遮光デバイスの側方からの光を遮断した状態とできる遮光デバイス。

[請求項22]
請求項10~13、19のいずれか一つに記載の脳梗塞病態非ヒト哺乳類観察装置によって撮影されたボリュームデータの網羅的解析方法であって下記ステップを備えた解析方法、(1)質的に異なる二種類の前記ボリュームデータを得るデータ取得ステップ、(2)前記データ取得ステップで得られた二種類のボリュームデータから画像を再構成する画像構成ステップ、(3)前記画像構成ステップで得られた画像について、前記質的に異なる二種類の画像が互いに異なる色となるように彩色処理を施す彩色ステップ、(4)前記彩色ステップで得られた二種類の画像を位置合わせ処理を行って重ね合わせる合成ステップ。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MIE UNIVERSITY
  • Inventor
  • YATA, Kenichiro
  • TOMIMOTO, Hidekazu
  • MIZOGUCHI, Akira
  • INAGAKI, Masaki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close