Top > Search of International Patents > HEMIPLEGIC FOREARM FUNCTION RECOVERY TRAINING DEVICE AND METHOD

HEMIPLEGIC FOREARM FUNCTION RECOVERY TRAINING DEVICE AND METHOD

Foreign code F190009795
File No. S2017-1019-C0
Posted date May 8, 2019
Country WIPO
International application number 2018JP032373
International publication number WO 2019045051
Date of international filing Aug 31, 2018
Date of international publication Mar 7, 2019
Priority data
  • P2017-167540 (Aug 31, 2017) JP
Title HEMIPLEGIC FOREARM FUNCTION RECOVERY TRAINING DEVICE AND METHOD
Abstract Provided is a hemiplegic forearm function recovery training device comprising a forearm mounting part (2) on which to mount a forearm (S), the forearm mounting part (2) comprising: a mounting body (20) comprising a forearm fixing part (22) on which to mount the forearm (S) and a grip mechanism (23) capable of being gripped with the hand of the forearm (S); an inner frame part (2B) capable of fitting with the mounting body (20) and rotating about the forearm (S); an outer frame part (2A) for guiding the inner frame part (2B) in the rotation direction thereof; and a control part for carrying out a series of control of, while acquiring rotation angle information relating to the inner frame part (2B), repeatedly carrying out normal rotation, stop, reverse rotation, and stop of the inner frame part (2B), controlling the angular velocity or acceleration of the inner frame part (2B) in the normal rotation so as to stimulate a training target muscle on the forearm mounting part (2), the training target muscle inducing muscle tone and stress reflex upon the muscle tone, and in the reverse rotation, imparting to the inner frame part (2B) resistance to sustain the stimulus to the training target muscle and maintain the muscle tone.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
To develop a stroke and a left one of the right half of the paralysis can remain. And the left half of the remaining one of the right half of the paralysis is, referred to as attack and pieces. Paralysis is this piece, the rehabilitation, it is possible to recover a portion of the functions of the present invention. Is in the rehabilitation, the therapist's hands or a trained clinician manually performed. However, training for a long time, for a long period of time, the doctor or the therapist physical burden is large. Can be eliminated for the purpose of this burden, various training device has been proposed (for example, see Patent Document 1 to 3).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 半身が麻痺した患者において、麻痺している方の前腕部を訓練して回復を促す片麻痺前腕機能回復訓練装置であって、
 前腕部を装着する前腕装着部を備え、
 前記前腕装着部は、
 前記前腕部を固定する前腕固定部と、前記前腕固定部で前記前腕部が固定された手で把持可能な把持機構とを有する装着体と、
 前記装着体と嵌合し、前記前腕部を中心として回転可能な内枠部と、
 前記内枠部をその回転方向に案内する外枠部と、
 前記内枠部の回転角情報を取得しつつ前記内枠部の正転、停止、逆転、停止を繰り返し行い、前記正転では前記前腕部の訓練目標筋を刺激するために前記内枠部の角速度又は加速度を制御し、前記逆転では前記訓練目標筋への刺激を持続して筋緊張を維持するために抵抗力を前記内枠部に付与する一連の制御を行う制御部と、
 を備える、
 片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項2]
 前記把持機構は、
 前記前腕部の手で把持可能なように一方向に延びる棒状の部材であり、その長手方向に直交する断面が楕円状又は長円状であるグリップを、備え、
 前記長手方向に延びる回転軸回りの前記グリップの回転位置を調整する第1の調整機構と、
 前記内枠部の回転中心の中心軸を基準とする前記グリップのオフセットを調整する第2の調整機構と、
 前記内枠部の回転中心の中心軸の方向に関する前記グリップの位置を調整する第3の調整機構と、
 のいずれかをさらに備える、
 請求項1に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項3]
 前記前腕固定部は、
 前記内枠部と嵌合するベース部と、
 両側から前記前腕部を狭持する一対のパッド部と、
 前記各パッド部を前記前腕部に押し付け可能であるとともにワンタッチ操作で前記前腕部への押し付けを解除可能に前記ベース部に取り付けられたラチェット機構と、
 を備える、
 請求項1又は2に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項4]
 前記ラチェット機構は、
 前記ベース部に対しスライド可能で、先端に前記パッド部が設けられたスライダを備え、
 前記スライダに目盛りが設けられている、
 請求項3に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項5]
 前記内枠部又は前記前腕装着部には、前記前腕部の肘を付く肘付き台が設けられている、
 請求項1から4のいずれか一項に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項6]
 先端に、前記前腕固定部と連結する第1の連結部が設けられ、基端に、基台に取り付けられる取付部と連結する第2の連結部が設けられたアーム部を備え、
 前記第1の連結部と前記第2の連結部とにより、前記前腕固定部の位置を5自由度で調整可能である、
 請求項1から5のいずれか一項に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項7]
 前記取付部が、板状の部材に取り付け可能なバイス機構を備える、
 請求項6に記載の片麻痺前腕機能回復訓練装置。

[請求項8]
 半身が麻痺した患者において、麻痺している方の前腕部を訓練して回復を促す片麻痺前腕機能回復訓練方法であって、
 前記前腕部を固定する前腕固定部と、前記前腕固定部で前記前腕部が固定された手で把持可能な把持機構とを備える装着体に前記前腕部を装着する装着工程と、
 前記前腕部を中心として回転可能な内枠部に、前記装着体を挿入する挿入工程と、
 前記内枠部の回転角情報を取得しつつ前記内枠部の正転、停止、逆転、停止を繰り返し行い、前記正転では前記前腕部の訓練目標筋を刺激するために前記内枠部の角速度又は加速度を制御し、前記逆転では前記訓練目標筋への刺激を持続して筋緊張を維持するために抵抗力を前記内枠部に付与する一連の制御を行う制御工程と、
 を含む、
 片麻痺前腕機能回復訓練方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KAGOSHIMA UNIVERSITY
  • MARUMAE CO., LTD.
  • Inventor
  • YU Yong
  • MORIMOTO Takashi
  • MAEDA Toshikazu
  • IGARASHI Koei
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close