Top > Search of International Patents > DEVICE FOR CALCULATING NORMAL VECTOR, METHOD, AND PROGRAM

DEVICE FOR CALCULATING NORMAL VECTOR, METHOD, AND PROGRAM

Foreign code F190009851
File No. (AF49P001)
Posted date Jul 25, 2019
Country WIPO
International application number 2018JP044648
International publication number WO 2019111920
Date of international filing Dec 5, 2018
Date of international publication Jun 13, 2019
Priority data
  • P2017-236423 (Dec 8, 2017) JP
Title DEVICE FOR CALCULATING NORMAL VECTOR, METHOD, AND PROGRAM
Abstract A point acquisition unit 10 of a device 100 acquires a plurality of acquisition points on a surface. A normal vector calculation unit 20: selects a plurality of points from among the acquisition points; selects a plurality of external points from among acquisition points outside of the center of a circle in relation to circles around each of the selected points; and, when a virtual attraction acts between each of the selected external points and points that are closest to the circumference of the circles, calculates a normal vector in a direction toward the circle due to the attraction as a normal vector at the center of the circle on the surface.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
3 The coordinates of the point group on a two-dimensional plane based on the normal at each point, (RBF: Radial Basis Function) to a radial base function is used, the technique of estimating the original three-dimensional surface shape 3 has been disclosed (for example, see Patent Document 1).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 面上の複数の取得点を取得する点取得部と、
 前記取得点の中から複数の点を選択し、選択した点をそれぞれ中心とする円の各々に関し、前記円の中心以外の取得点の中から複数の外部点を選択し、選択した外部点の各々と、前記円の円周上の最も近い点との間で仮想的な引力が働いたときに、前記引力により前記円が向く方向の法線を、前記面の前記円の中心における法線をとして算出する法線算出部と、を備えたことを特徴とする装置。

[請求項2]
 前記法線算出部は、前記取得点の中から複数の点を選択するときに、すべての前記取得点を選択することを特徴とする、請求項1に記載の装置。

[請求項3]
 前記法線算出部は、前記円の各々に関し、前記円の中心以外のすべての取得点を前記外部点として選択することを特徴とする、請求項1乃至2のいずれかに記載の装置。

[請求項4]
 前記法線算出部は、前記選択した外部点の各々と、前記円の円周上の最も近い点との間の仮想的な引力を、前記円を底面とする剛体直円錐の頂点に働く力に置換して、前記法線を算出することを特徴とする、請求項1乃至3のいずれか一項に記載の装置。

[請求項5]
 前記法線算出部は、法線を算出した後、該算出された法線を初期状態として、再度法線を算出することを特徴とする、請求項1乃至4のいずれか一項に記載の装置。

[請求項6]
 前記算出された法線の正負方向を揃える正負方向統一部をさらに備える、請求項1乃至5のいずれか一項に記載の装置。

[請求項7]
 前記算出した法線に基づいて面形状を推定する面形状推定部をさらに備える、請求項1乃至6のいずれか一項に記載の装置。

[請求項8]
 前記面は、医用画像上の膜であることを特徴とする、請求項7に記載の装置。

[請求項9]
 前記面形状推定部により推定された前記面形状に基づいて、前記医用画像を再構成した再構成画像を作成する画像再構成部と、前記再構成画像を出力させる画像出力部と、をさらに備える、請求項8に記載の装置。

[請求項10]
 前記画像再構成部は、
 前記面形状推定部により推定された面形状と、各点が膜の内側にあるか膜の終端部にあるかを示す識別情報とに基づいて、前記膜の範囲を切り出した前記再構成画像を作成することを特徴とする、請求項9に記載の装置。

[請求項11]
 前記識別情報は、前記膜の部位に応じた解剖学上のタイプを示すラベルであることを特徴とする、請求項10に記載の装置。

[請求項12]
 複数の取得点を取得する点取得部と、
 前記取得点の中から複数の点を選択し、選択した点をそれぞれ中心とする円の各々に関し、前記円の中心以外の取得点の中から複数の外部点を選択し、選択した外部点の各々と、前記円の円周上の最も近い点との間で仮想的な引力が働いたときに、前記引力に基づいて前記円の傾きを算出する傾き算出部と、を備えたことを特徴とする装置。

[請求項13]
 面上の複数の取得点を取得する点取得ステップと、
 前記取得点の中から複数の点を選択し、選択した点をそれぞれ中心とする円の各々に関し、前記円の中心以外の取得点の中から複数の外部点を選択し、選択した外部点の各々と、前記円の円周上の最も近い点との間で仮想的な引力が働いたときに、前記引力により前記円が向く方向の法線を、前記面の前記円の中心における法線をとして算出する法線算出ステップと、を備えたことを特徴とする方法。

[請求項14]
 面上の複数の取得点を取得する点取得ステップと、
 前記取得点の中から複数の点を選択し、選択した点をそれぞれ中心とする円の各々に関し、前記円の中心以外の取得点の中から複数の外部点を選択し、選択した外部点の各々と、前記円の円周上の最も近い点との間で仮想的な引力が働いたときに、前記引力により前記円が向く方向の法線を、前記面の前記円の中心における法線をとして算出する法線算出ステップと、をコンピュータに実行させるためのプログラム。

  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • MASUTANI Yoshitaka
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Modeling Methods allied with Modern Mathematics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close