TOP > 外国特許検索 > β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法

β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法 (未公開特許出願)

外国特許コード F190009924
整理番号 18T068P
掲載日 2019年10月18日
出願国 世界知的所有権機関(WIPO)
国際出願番号 2019JP034432
国際出願日 令和元年9月2日(2019.9.2)
発明の名称 (英語) β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法 (未公開特許出願)
発明の概要(英語) 原料化合物を酸素の存在下で酸化し、酸化物を製造する方法であって、結晶構造がβ型である二酸化マンガンの存在下で、原料化合物を酸化する効率的な酸化物の製造方法。
  • 出願人(英語)
  • ※2012年7月以前掲載分については米国以外のすべての指定国
  • TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • 発明者(英語)
  • 原 亨和
  • 鎌田 慶吾
  • 林 愛理
  • 山口 ゆい
国際特許分類(IPC)
参考情報 (研究プロジェクト等) 平成24年度、国立研究開発法人科学技術振興機構、
戦略的創造研究推進事業(先端的低炭素化技術開発(ALCA))、
「バイオマスの化成品化およびポリマー化のための高効率生産プロセスの開発」、
「多機能不均一系触媒の開発」、
「5-(ヒドロキシメチル)-2-フルアルデヒド(HMF)、2,5-フランジカルボン酸(FDCA)、2,5-ビス(アミノメチル)フラン(AMF)生産のための触媒・プロセスの創出」
未公開特許については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close