Top > Search of International Patents > (In Japanese)β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法

(In Japanese)β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法 (Patent unpublished to the public)

Foreign code F190009924
File No. 18T068P
Posted date Oct 18, 2019
Country WIPO
International application number 2019JP034432
Date of international filing Sep 2, 2019
Title (In Japanese)β-二酸化マンガンを用いた酸化物の製造方法 (Patent unpublished to the public)
Abstract (In Japanese)原料化合物を酸素の存在下で酸化し、酸化物を製造する方法であって、結晶構造がβ型である二酸化マンガンの存在下で、原料化合物を酸化する効率的な酸化物の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
  • Inventor
  • (In Japanese)原 亨和
  • (In Japanese)鎌田 慶吾
  • (In Japanese)林 愛理
  • (In Japanese)山口 ゆい
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) (In Japanese)平成24年度、国立研究開発法人科学技術振興機構、
戦略的創造研究推進事業(先端的低炭素化技術開発(ALCA))、
「バイオマスの化成品化およびポリマー化のための高効率生産プロセスの開発」、
「多機能不均一系触媒の開発」、
「5-(ヒドロキシメチル)-2-フルアルデヒド(HMF)、2,5-フランジカルボン酸(FDCA)、2,5-ビス(アミノメチル)フラン(AMF)生産のための触媒・プロセスの創出」
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close