Top > Search of International Patents > MACHINE TOOL, MANUFACTURING METHOD, AND PROGRAM

MACHINE TOOL, MANUFACTURING METHOD, AND PROGRAM NEW_EN

Foreign code F190009950
File No. (S2018-0319-N0)
Posted date Oct 25, 2019
Country WIPO
International application number 2019JP002543
International publication number WO 2019151147
Date of international filing Jan 25, 2019
Date of international publication Aug 8, 2019
Priority data
  • P2018-014532 (Jan 31, 2018) JP
Title MACHINE TOOL, MANUFACTURING METHOD, AND PROGRAM NEW_EN
Abstract [Problem] To realize a machine tool with which it is possible to perform different types of machining while suppressing increases in the size of the device.
[Solution] A three-dimensional-object manufacturing device 1 is provided with: a tool changer 33; actuators 25a-27a, 25b-27b and arms 28a-30a, 28b-30b; a machining control unit 113; and a switching control unit 114. The tool changer 33 holds a plurality of tools for machining a product. The actuators 25a-27a, 25b-27b and the arms 28a-30a, 28b-30b support a base 31 from below and cause the base 31 to move, the base 31 being a location where machining of the product takes place. The machining control unit 113 causes the base 31 to move by means of the actuators 25a-27a, 25b-27b and the arms 28a-30a, 28b-30b, and performs machining on the product on the base 31 by means of the tools held by the tool changer 33.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In recent years, in a manufacturing site, and significant diversification of needs, such as the average value of this' volume products' and a difference is enlarged. With respect to such situation, the force of the current Internet if a direct digital manufacturing techniques, 'sexual one-piece' and, if necessary for anyone to design, manufacturing, production can be constructed a new social infrastructure can be considered. In the digital production technology of the Internet force directly connected to the laser processing machine 3D printer CO2 and a representative example is. These machine tools, a large number of years ago is not only for business use, was expensive. However, in the years, the size of the printer 3D has been advanced, CAD (Computer Aided Design) /CAM(Computer Aided Manufacturing) software of the and the low-cost. In addition, the laser processing machine CO2, 3D of the printer as not being spread, in a small size, low cost is while. Further, these machine tools, as well as the device size and cost, and ease of operation is large. That is, the conventional large machine or the like for business use, function-rich on the other hand, while the operation is complex, the lab, the small size and low price for an office or a house for a machine tool which has limited functionality can be, easily leads to the improvement of the operability. It should be noted that, as the existing machine tool, a milling machine CNC (Computerized Numerical Control) (cutting machine) are known, such as small size and low price are present, generally not in widespread use.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 製造物を加工するための複数のツールを保持するツール保持手段と、
 前記製造物の加工が行われる台座を下方から支持して移動させる台座移動手段と、
 前記台座移動手段によって前記台座を移動させながら、前記ツール保持手段に保持された前記ツールによって、前記台座上で前記製造物の加工を行う加工制御手段と、
 前記加工制御手段における加工に対応して、前記ツール保持手段に保持されている前記複数のツールにおいて使用する前記ツールを切り替える切り替え制御手段と、
 を備え、
 前記ツール保持手段は、前記複数のツールを前記台座に対して移動可能な構成を有し、
 前記加工制御手段は、前記ツール保持手段に保持された前記ツールを切り替える時には前記ツール保持手段を移動させると共に前記ツールの切り替え後の加工に応じた位置に前記台座を移動させ、前記台座上で前記製造物の加工を行う時には前記台座を移動させることを特徴とする工作機械。

[請求項2]
 製造物を加工するための複数のツールを保持するツール保持手段と、
 前記製造物の加工が行われる台座を下方から支持して移動させる台座移動手段と、
 前記台座移動手段によって前記台座を移動させながら、前記ツール保持手段に保持された前記ツールによって、前記台座上で前記製造物の加工を行う加工制御手段と、
 前記加工制御手段における加工に対応して、前記ツール保持手段に保持されている前記複数のツールにおいて使用する前記ツールを切り替える切り替え制御手段と、
 を備えることを特徴とする工作機械。

[請求項3]
 前記ツール保持手段は、前記複数のツールを前記台座に対して移動可能な構成を有し、
 前記加工制御手段は、前記ツール保持手段に保持された前記ツールを切り替える時には前記ツール保持手段を移動させ、前記台座上で前記製造物の加工を行う時には前記台座を移動させることを特徴とする請求項2に記載の工作機械。

[請求項4]
 前記ツール保持手段は、前記ツールとして、立体物を積層造形するための3Dプリンタヘッドを備えることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の工作機械。

[請求項5]
 前記ツール保持手段は、前記ツールとして、電子部品を載置するためのチップマウンタを備え、
 前記加工制御手段は、前記製造物の製造過程において、前記チップマウンタによって電子部品を組み込むことにより、電子回路を備えた前記製造物を製造することを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の工作機械。

[請求項6]
 前記製造物の製造過程において、当該製造物の形状を表すデータを取得する形状取得手段と、
 前記形状取得手段によって取得された前記製造物の形状を表すデータに基づいて、製造過程における前記製造物の状態を評価する評価手段と、
 前記ツール保持手段に保持された前記ツールとして、前記製造物の一部を除去する除去手段と、を備え、
 前記加工制御手段は、前記評価手段による評価結果に基づいて、製造過程の前記製造物における一部を前記除去手段によって除去し、除去された部分の加工を、除去された部分に対応する前記ツールによって再実行することを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載の工作機械。

[請求項7]
 前記除去手段は、製造過程における前記製造物を切削加工する切削加工具を備えることを特徴とする請求項6に記載の工作機械。

[請求項8]
 前記除去手段は、電気的な接続のために用いられるはんだを除去するはんだクリーニングヘッドを備えることを特徴とする請求項6または7に記載の工作機械。

[請求項9]
 前記形状取得手段は、異なる方向から前記製造物を撮像する複数の撮像装置を備えることを特徴とする請求項6から8のいずれか1項に記載の工作機械。

[請求項10]
 製造物を加工するための複数のツールを保持するツール保持手段と、前記製造物の加工が行われる台座を下方から支持して移動させる台座移動手段と、を備える工作機械によって実行される製造方法であって、
 前記台座移動手段によって前記台座を移動させながら、前記ツール保持手段に保持された前記ツールによって、前記台座上で前記製造物の加工を行う加工制御ステップと、
 前記加工制御ステップにおける加工に対応して、前記ツール保持手段に保持されている前記複数のツールにおいて使用する前記ツールを切り替える切り替え制御ステップと、
 を含むことを特徴とする製造方法。

[請求項11]
 製造物を加工するための複数のツールを保持するツール保持手段と、前記製造物の加工が行われる台座を下方から支持して移動させる台座移動手段と、を備える工作機械を制御するコンピュータに、
 前記台座移動手段によって前記台座を移動させながら、前記ツール保持手段に保持された前記ツールによって、前記台座上で前記製造物の加工を行う加工制御機能と、
 前記加工制御機能における加工に対応して、前記ツール保持手段に保持されている前記複数のツールにおいて使用する前記ツールを切り替える切り替え制御機能と、
 を実現させることを特徴とするプログラム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KEIO UNIVERSITY
  • Inventor
  • AIBE Noriyuki
  • AOKI, Shohei
  • MASUDA, Tsuneo
  • TANAKA, Hiroya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close