TOP > 国内特許検索 > 結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法

結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法

Patent code P05A007391
File No. GI-H15-13(2)
Posted date 2005年5月16日
Application number 特願2003-347398
Publication number 特開2005-112655
Patent number 特許第3837560号
Date of filing 平成15年10月6日(2003.10.6)
Date of publication of application 平成17年4月28日(2005.4.28)
Date of registration 平成18年8月11日(2006.8.11)
Inventor
  • 杉 義弘
  • 窪田 好浩
  • シャマール クマール サハ
  • スレッシュ ビー ワグモーデ
Applicant
  • 国立大学法人東海国立大学機構
Title 結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法
Abstract 【課題】 高結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェート(MAPO-5)を効率よくかつ高純度で合成し得る方法を提供する。
【解決手段】 (i)アルカリ土類金属源と、(ii)アルミニウム源と、(iii)リン源との混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気及びトリエチルアミン蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするAFI構造を有するアルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法。
【選択図】なし
Outline of related art and contending technology

従来、MAPO-5を得るための方法としては、例えば、マグネシウム源、アルミニウム源、リン源及びアルカリ土類金属源を含む水性スラリーを加熱する方法(水熱合成法)が知られている。
しかしながら、この方法の場合、その結晶性MAPO-5を得るためには、長時間高温で加熱する操作が必要である上、得られる製品には不純物が混入しやすいという問題を含むものであった。また、この方法では、微粒子MAPO-5を得ることは困難であった。

Field of industrial application

本発明は、AFI構造を有する結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェート(以下、MAPO-5とも略記する。また、Mは、Mg、Ca、Sr、またはBaを意味する。)の製造方法に関するものである。
なお、AFIとは、国際ゼオライト協会においてMAPO-5の構造に与えられた登録コードを意味する。

Scope of claims 【請求項1】
(i)アルカリ土類金属源と、(ii)アルミニウム源と、(iii)リン源との混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気及び構造誘導物質としてのトリエチルアミン蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするAFI構造を有する結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法。

【請求項2】
(i)アルカリ土類金属源と、(ii)アルミニウム源と、(iii)リン源と、(iv)構造誘導物質としてのトリエチルアミンとの混合物からなるドライゲルを、粉末状態において、水蒸気の存在下で90~200℃の温度に保持することを特徴とするAFI構造を有する結晶性アルカリ土類金属アルミノホスフェートの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right 登録
岐阜大学産官学連携推進本部では、岐阜大学における知的財産の創出・管理・活用のマネジメントをしています。上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先に整理番号とともにご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close