Top > Search of Japanese Patents > CATALYST COMPOSITION FOR ISOMERIZING n-PARAFFIN AND METHOD OF ISOMERIZING n-PARAFFIN

CATALYST COMPOSITION FOR ISOMERIZING n-PARAFFIN AND METHOD OF ISOMERIZING n-PARAFFIN

Patent code P05A007370
File No. GI-H14-30
Posted date May 16, 2005
Application number P2003-064024
Publication number P2004-267945A
Patent number P3755038
Date of filing Mar 10, 2003
Date of publication of application Sep 30, 2004
Date of registration Jan 6, 2006
Inventor
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)西村 陽一
  • (In Japanese)プスパラツ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title CATALYST COMPOSITION FOR ISOMERIZING n-PARAFFIN AND METHOD OF ISOMERIZING n-PARAFFIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a catalyst in which the deposition of carbon is reduced in a catalyst for isomerizing n-paraffin.
SOLUTION: The catalyst for isomerizing n-paraffin is composed of β-zeolite. The β-zeolite contains cerium and the ratio of cerium in the zeolite is 0.001-0.2 in a cerium atom to silicon atom ratio (Ce)/(Si) in the zeolite. The β-zeolite is synthesized by a dry gel method and has 0.01-0.1 μm average particle diameter.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ガソリン留分中に存在するn-パラフィンはオクタン価が低いため、ガソリン使用の自動車燃料油として好ましくない。一方、その異性体であるイソパラフィンはオクタン価が高いためにガソリン中のイソパラフィン含有率を向上させることが求められる。このため、n-パラフィンの異性化はガソリン製造の重要なプロセスとして知られている。工業的異性化法として、塩素処理した白金担持アルミナ(Pt-Al2O3)触媒を使用したプロセスが知られている。しかし、これらのプロセスは触媒から塩素が流出するため、常時塩素源を供給しなければならない。また、流出塩素は装置の腐蝕、生成油中に微量の塩素が残存すること、塩素による環境汚染などの問題がある。また、触媒寿命を長くするために、不活性化の原因となる原料油パラフィンの水分、硫黄分などを1ppm以下に精製する必要がある。このため、クリーンな異性化プロセス開発が望まれている。



環境負担性の低いn-パラフィン異性化触媒として、結晶性アルミノシリケート(ゼオライト)、硫酸ジルコニアや三酸化モリブデンなどが知られている。結晶性アルミノシリケートの中ではベータゼオライトが高い異性化活性を示すことも知られている。



ベータゼオライトは、三次元の12酸素員環細孔からなるアルミノ珪酸塩であり、その結晶構造、化学組成については非特許文献1に記されている。ベータゼオライトの製造方法については、例えば、米国特許第3308069号明細書(特許文献1)や、米国特許第4642226号明細書(特許文献2)、特開平5-201722号公報(特許文献3)、特開平6-91174号公報(特許文献4)、特表平8-509452号公報(特許文献5)等に記載されている。また、ドライゲル法による合成法が非特許文献2に記載されている。
ベータゼオライトは、n-パラフィンの異性化能には優れているものの、炭素析出が多いので、短時間に急激な活性劣化が起こり、触媒寿命が短いという欠点を有する。触媒活性低下を抑制する手段として、該ゼオライトに貴金属を担持させたゼオライトが使用されているが、より活性低下を抑えるために、触媒本体の炭素析出能を抑制することが必要である。



【非特許文献1】
Atlas of Zeolite Framework Types,Fifth Revised Edition 2001,Ch.Baerlocher,W.M.Meier,D.H.Olson,2001, Elsevier
【非特許文献2】
Topics in Catalysis,9,1441(1999).
【特許文献1】
米国特許第3308069号明細書
【特許文献2】
米国特許第4642226号明細書
【特許文献3】
特開平5-201722号公報
【特許文献4】
特開平6-91174号公報
【特許文献5】
特表平8-509452号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、n-パラフィンの異性化用触媒およびn-パラフィンの異性化方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 ベータゼオライトからなるn-パラフィン異性化用触媒であって、該ベータゼオライトはセリウムを含有し、該ゼオライト中の該セリウムの割合は該ゼオライト中のケイ素原子に対するセリウム原子の比[Ce]/[Si]で0.001~0.2の範囲にあり、かつ該ベータゼオライトはドライゲル法により合成されたもので、その平均粒子径が0.01~0.1μmであることを特徴とするn-パラフィンの異性化用触媒。
【請求項2】
 n-パラフィンを触媒の存在下で異性化する方法において、該触媒として、請求項1に記載の触媒を用いることを特徴とするn-パラフィンの異性化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

15887_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close