Top > Search of Japanese Patents > PREPARATION METHOD OF ARYLANTHRACENE COMPOUND

PREPARATION METHOD OF ARYLANTHRACENE COMPOUND

Patent code P05A007379
File No. GI-H14-33
Posted date May 16, 2005
Application number P2003-183439
Publication number P2005-015403A
Patent number P3834647
Date of filing Jun 26, 2003
Date of publication of application Jan 20, 2005
Date of registration Aug 4, 2006
Inventor
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)ラジャ チルマラスワミー
  • (In Japanese)ヤナ ホルニアコバ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title PREPARATION METHOD OF ARYLANTHRACENE COMPOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a preparation method of an arylanthracene compound using a palladium complex catalyst which is highly stable to air and is easily separated and recovered from a reaction product after its use.
SOLUTION: In the preparation method of the 9-arylanthracene compound, a 9-haloanthracene compound is reacted with an arylboronic acid compound in the presence of the catalyst wherein the palladium complex having a nitrogen-containing ligand is fixed onto a porous inorganic carrier via a linking group.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、アリールアントラセン化合物を得るために、ハロアントラセン化合物にパラジウム触媒の存在下でアリールボロン酸化合物を反応させることは知られている(非特許文献1)。前記の如き反応において用いられるパラジウム触媒としては、一般的には、ホスフィンを配位子とするパラジウム-ホスフィン錯体触媒が用いられている。
しかしながら、このようなパラジウム錯体触媒は、空気により酸化されやすいために、その取扱いや保管に困難を生じた。また、前記した従来のホスフィン-パラジウム錯体触媒は、溶媒可溶性の均一系触媒であり、液状の反応生成物から分離回収することが困難であった。



【非特許文献1】
Chem. Rev.,95,2457(1995).

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、パラジウム錯体触媒を用い、ハロアントラセンとアリールボロン酸の反応によりアリールアントラセン化合物の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
含窒素複素環の窒素原子と該複素環に置換したカルボイミン基とが共役した構造を含む配位子を有するパラジウム錯体を、連結基を通じて多孔質無機担体に固定化した触媒の存在下で、9-ハロアントラセン化合物をアリールボロン酸化合物と反応させることを特徴とする9-アリールアントラセン化合物の製造方法。

【請求項2】
 
含窒素複素環の窒素原子と該複素環に置換したカルボイミン基とが共役した構造を含む配位子を有するパラジウム錯体を、連結基を通じて多孔質無機担体に固定化した触媒の存在下で、9,10-ジハロアントラセン化合物をアリールボロン酸化合物と反応させることを特徴とする9,10-ジアリールアントラセン化合物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close