Top > Search of Japanese Patents > RADON DETECTOR

RADON DETECTOR

Patent code P05A007380
File No. GI-H15-4
Posted date May 16, 2005
Application number P2003-187232
Publication number P2005-024291A
Patent number P3673832
Date of filing Jun 30, 2003
Date of publication of application Jan 27, 2005
Date of registration May 13, 2005
Inventor
  • (In Japanese)田阪 茂樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title RADON DETECTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radon detector capable of improving accuracy in radon detection.
SOLUTION: The radon detector 11 is provided with a detecting container main body 12; a flange member 13 provide for an upper part of the detecting container main body 12; and a lid body 14 detachably provided for the flange part 13. The detecting container main body 12 is sealed by blocking an opening part 15 of the flange member 13 by the lid body 14. A PIN photodiode 16 is provided for the inside of the detecting container main body 12 to detect radon (Rn) inside the detecting container main body 12. The inner surface of the detecting container main body 12 is formed in a curved and mirror-finished surface in the radon detector 11. The maximum height Rmax of the inner surface of the detecting container main body 12 is preferably less than 0.8 μm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、この種のラドン検出器としては、図5に示す静電捕集型高感度空気中ラドン検出器41が知られている(例えば、非特許文献1参照)。この静電捕集型高感度空気中ラドン検出器41(以下、ラドン検出器41という。)は、空気中のラドン濃度、例えば、神岡宇宙素粒子研究施設の大型水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置(スーパーカミオカンデ)内における空気中のラドン濃度を監視することが可能である。ここで、スーパーカミオカンデ内における空気中のラドンは、スーパーカミオカンデにおける太陽ニュートリノの観測の際にバックグラウンドノイズの発生源となる。従って、ラドン検出器41によってラドン濃度を監視することは、太陽ニュートリノの観測においてその精度を向上させために重要な役割を果たしている。



このラドン検出器41は有底円筒状の検出容器本体42と、この検出容器本体42の開口部43を閉塞する蓋体44と、検出容器本体42内部に設けられるとともに検出容器本体42内部のラドンを検出するPINフォトダイオード45とを備えている。検出容器本体42は円板状の底部46と、円筒状の胴部47と、円環板状の天井部48とから構成されている。検出容器本体42は金属材料から形成され、底部46の外周縁と胴部47の下端周縁及び胴部47の上端周縁と天井部48の外周縁はそれぞれアーク溶接によって接合されている。そして、アーク溶接による接合部分には、凸状の溶接部49が形成されている。



このラドン検出器41によってラドンを検出する際、検出容器本体42の内部に塵等の微粒子が残存すると、その微粒子がラドン発生源となり、高精度のラドン検出の弊害となる。そこで、この検出容器本体42の内面は電解研磨が施されることにより、容器本体の内面の大部分は平滑面となっている。そして、容器本体の内面に塵等の微粒子が付着することを抑制することにより、検出容器本体42の内部に残存する微粒子を低減させ、低濃度ラドンの検出が可能になっている。



【非特許文献1】
根本、田阪ら、静電捕集型超高感度空気中ラドン検出器の開発、RADIOISOTOPES、社団法人日本アイソトープ協会、46、p.710-719(1997)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、気体中のラドンを検出するラドン検出器に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
検出容器本体と、該検出容器本体の上部に設けられるフランジ部材と、該フランジ部材に着脱可能に設けられる蓋体と、前記検出容器本体の内部に設けられ検出容器本体内部のラドンを検出する検出手段とを備えたラドン検出器であって、前記検出容器本体の内面全体は曲面状かつ鏡面状に形成されていることを特徴とするラドン検出器。

【請求項2】
 
前記検出容器本体の内面における最大高さRmaxは0.8μm未満である請求項1に記載のラドン検出器。

【請求項3】
 
前記検出手段として受光素子が設けられ、該受光素子における半導体支持部材はウラン-ラジウム崩壊系列における放射性核種の含有量が0.01Bq/g以下である材料から形成される請求項1又は請求項2に記載のラドン検出器。

【請求項4】
 
前記蓋体には、前記受光素子の外部電極を支持するとともに該外部電極を前記検出容器本体の内部からその外部に密閉状態で導出する電極支持部材が設けられ、該電極支持部材はウラン-ラジウム崩壊系列における放射性核種の含有量が0.01Bq/g以下である材料から構成される請求項3に記載のラドン検出器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003187232thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close