Top > Search of Japanese Patents > MUSCULAR DEFENSE ARTIFICIAL PRESENTATION DEVICE

MUSCULAR DEFENSE ARTIFICIAL PRESENTATION DEVICE

Patent code P05A007383
File No. GI-H14-38
Posted date May 16, 2005
Application number P2003-270605
Publication number P2005-025117A
Patent number P3762996
Date of filing Jul 3, 2003
Date of publication of application Jan 27, 2005
Date of registration Jan 27, 2006
Inventor
  • (In Japanese)高橋 優三
  • (In Japanese)鈴木 康之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title MUSCULAR DEFENSE ARTIFICIAL PRESENTATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a muscular defense artificial presentation device with which muscular defense which is be produced by peritonitis can be presented artificially to students, such as medical students.
SOLUTION: A muscular defense artificial presentation device 1 is formed by imitating a human body and has roughly the size of the exact size of the human body and is equipped with an model 6 of the human body consisting of an abdomen 4, etc., an artificial skin 7 which is stuck on the surface of the abdomen 4, an elastic body supporting part 12 which has a pair of rod supporting bodies 11 which are prepared by being contained in the belly cavity 8 of the abdomen 4 and are arranged so that inner circle sides are opposed with each other, an abdominal muscle elastic body 13 which is formed with elastically deformable material and is cross-linked between one pair of rod supporting bodies 11 and presents a muscular action by the abdominal muscle of the human body artificially on the abdomen 4 of the model 6 of the human body and a muscular defense presenting part 14 which presents the muscular defense of the abdominal muscle which is produced in a patient of the peritonitis to fingers of palpation by adjusting tension which is applied on the abdominal muscle elastic body 13 which is supported by the elastic body supporting part 12.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、医師などの医療従事者を養成する医学部などの医学教育機関では、学習者(医学生)に対して、医学に係る専門的な知識の教授を行う講義の他に、実験及び実習などの教育が行われている。例えば、実際の診療現場において、患者に対して適切な対応をし、速やかに診断をすることを学ぶために、診断技術及び患者とのコミュニケーション能力の向上を目的とした実践的な実技指導が行われている。また、係る一例について説明すると、例えば、実際の患者を相手に学習者が診断を行うようにする教育なども行われている。



上記の従来技術は、当業者として当然として行われているものであり、出願人はこの従来技術が記載された文献等を本願出願時における現段階では特に知見するものではない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、筋性防御擬似提示装置に関するものであり、特に、診断の際に腹膜炎の患者の腹部を触れることによって腹筋が硬直化する筋性防護を医学部の学生などに擬似的、及び仮想的に提示することが可能な筋性防御擬似提示装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体を模して形成され、前記人体の腹部に相当する箇所が人工皮膚によって被覆された人体モデルと、
前記人体モデルの部の内部に形成された腹空間に前記人工皮膚と略当接した状態で配設され、前記人体の腹筋の収縮及び伸長動作を擬似的に提示する弾性変形可能な素材で形成された腹筋弾性体と、
前記腹筋弾性体に所定の張力を加えた状態で支持する弾性体支持部と、
前記人工皮膚の上方から体験者によって圧迫触診の手技が模擬的に行われたとき、腹膜炎の患者に確認される前記腹筋の筋性防御を、前記体験者の触診指に疑似的に提示する筋性防御提示部とを具備し、
前記弾性体支持部は、前記人体モデルの腹部の上腹部及び下腹部に合わせて略円弧状に曲折して形成された円弧部を有し、該円弧部の内円弧側を互いに対向させた状態で前記人体モデルの腹空間に配された一対の棒状支持体を具備しており、
前記腹筋弾性体は、前記一対の棒状支持体の間に架渡して支持されており、
前記筋性防御提示部は、前記一対の棒状支持体の間に架渡して支持された腹筋弾性体に対し、前記円弧部の法線方向に調整しながら張力を加えることにより前記腹筋の筋性防御を提示することを特徴とする筋性防御疑似提示装置。

【請求項2】
 
前記筋性防御が起きる患部に相当する患部位置に設けられ、前記圧迫触診による前記腹筋弾性体の変形を検出する患部検出手段と、
検出された前記患部位置における前記腹筋弾性体の変形に応じ、前記患部位置が前記圧迫触診されたことを前記体験者に報知する報知手段と
をさらに具備することを特徴とする請求項1に記載の筋性防御擬似提示装置。

【請求項3】
 
前記筋性防御は、
胃潰瘍及び急性虫垂炎の少なくともいずれか一方に起因する前記腹膜炎によって生じ、
前記患部位置は、
前記胃潰瘍及び前記急性虫垂炎の少なくともいずれか一方を特定可能な前記患部に相当する位置に設けられていることを特徴とする請求項2に記載の筋性防御擬似提示装置。

【請求項4】
 
前記筋性防御を示すモデルとなる想定患者の年齢、性別、体型、及び前記腹膜炎の起因症状を含む擬似提示条件に基づいて、前記筋性防御提示部によって擬似提示される前記筋性防御の硬直度を制御する条件制御手段をさらに具備することを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか一つに記載の筋性防御擬似提示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003270605thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close